映画『太陽』感想と考察!神木隆之介と門脇麦の評価も【入江悠監督】

2016.4/23より入江悠監督の映画『太陽』が公開されました。

人類がバイオテロによるウィルスによって二分し、心身、知能、経済的に格差が生じてしまい、二分した人類がどのように関係を持っていくかを描いたSF作品です。

そんな映画『太陽』について、感想と考察、主演の役者さんの評価などについてまとめてみました!

スポンサーリンク

映画『太陽』の感想と考察

原作は同名の人気舞台だったのですが、映画化されて焦点となる部分が少し変わっているそうです。

この映画は一回では理解するのが難しい事もありますが、見る度に違う感想を感じられる作品だと多くの人がツイートしています。

日本映画では珍しい実写SF物なので、観た人に新しい感覚を与えたのは間違いないでしょう!

またフィクションの世界観を細かく作り込んでいるのがわかり、観ている人に感動を与える作品です。

この作品を観ても二分された人類ノクスとキュリオどちらかを選べると言う感想が持てるものではなく、深いテーマにただただ圧倒されると言う感じです。

スポンサーリンク

映画『太陽』 神木隆之介と門脇麦の評価

この映画でも神木隆之介さんは安定の高評価なようです。

神木隆之介さんには多くのファンがいて、どれも演技が凄かったとの評価でしたが、本人は今回の映画で新たな発見があったようです。

最近では『サムライせんせい』や、『るろうに剣心シリーズ』で観ましたが、いろんな役柄を演じられる人でどんな役でも不自然さが感じられませんでした。

今回何を発見したのか分かりませんが、今後も発展し続けてくれることを期待しましょう!

次に門脇麦さんですが、まだ知らない人も多いのではないでしょうか?

2016.4/23からの土曜ドラマ『お迎えデス。』にも出ていますし、朝ドラの『まれ』にも出ていました。

個性的な演技として知られていて、今回のキャスティングでは「複雑で繊細な感情の変化のある演技」ができるとして門脇麦さんが選ばれたそうです。

今回の役柄では、ノクスへの反感を糧に生きようとする逞しい美しさが光ります。

映画『太陽』入江悠監督の経歴

今までで主に手掛けた映画作品は、『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』があります。

受賞歴は多くなく、映画祭に招待されて上映したと言う経歴が多い人です。

今回の映画では今まであった、読者に固定の感想を求めるような強調表現など、入江監督の癖がなくなり新しい魅せ方をしているようです。

また美術、撮影、編集、演技と言った映画の基礎部分がしっかりしていて、観客を引き込む工夫がされています。

入江悠監督は前からSF作品を作りたいと思っていたのですが、「日本映画でアメリカのような大スケールのSFを作るのは無理だ」と諦めていたそうです。

ですが、今作は「元々が演劇なのでミニマム(最小限度)な世界観を作るのだったら可能かもしれないという勝算があった」と、今作に自信を見せています。

日常生活に根差した等身大のSF作品として珍しく、公開前から評判が良かったので異例のヒットが飛び出るかもしれませんね!

また”僕らのモテるための映画聖典”と言うメルマガを主催していて、そちらのメルマガはコアな映画ファンには有名なようです。

[adsense]

映画『太陽』感想と考察!神木隆之介と門脇麦の評価も【入江悠監督】 のまとめ

太陽の下で暮らせなくなった代わりに進化を遂げたノクスと、進化できず格差の下層に残されてしまった代わりに太陽の下自由に暮らすキュリオは、SFと現代日本らしさを映したようで、独特な作品です。

テーマを知っただけで興味を持つ人が多いだろう作品だけに、期待が高まります。

小規模上映なので映画館で見るのが難しくても、レンタルなど何かしらの形で観てほしい作品だと思いました。

スポンサーリンク