肉フェス評判や値段設定の感想は?お台場・神宮・幕張に行く前に!

ついに肉フェス2016春の開催日4/28(土)と目前に迫って参りました!

関東で開催される3会場、お台場会場・神宮外苑会場・幕張会場に行く前に、肉フェスの評判や値段設定の感想等をリサーチして事前に準備しておきましょう!

スポンサーリンク

肉フェスの評判は?

歴史が浅いながらも、国内のフードフェスティバルとしては最大の動員を誇る大人気の肉フェスですが、Twitterでの評判はあまり良くないようです。


調理環境の兼ね合いもあると思いますが、本来の店舗でのクオリティからかけ離れてしまっている出店もあるようです…

高い割に量が少なく、正直コスパはあまり良くない!という意見も。

人気のイベントということで大混雑!

という事らしいですが、肉の硬さについては正反対の意見を述べている人もいるようです。

値段が張るので食べ比べられず、味や硬さについては評判が偏っていそうですが、食べ比べてみた人の感想も載っていました。

自分は月に1度焼肉食べ放題に行くのですが、ランキング1位に牛タンが来るのは納得ですね。

食感が美味しいですし、脂身少なくてヘルシーですし…。

肉フェスでは普段食べないA5等級の肉とかを扱っていたりして、脂がのっている肉もあるので健康志向の人が多い現在では味の評価が分かれるんでしょうかね?

自分は焼肉食べ放題に行く時は、赤身の肉だけごっそり食べてたんぱく質過剰摂取していますが、たまに脂ののったカルビとか挟んで食べるとやっぱり美味しいですよ?

スポンサーリンク

肉フェスの値段設定・コスパの評価は?

会場がとても込み合うという事が原因か分かりませんが、食券が700円単位で統一して販売されています。

700の倍数でしか販売されていないので安い物以外は1,400円の商品が多いようです。

どのお店の出品物も一律700の倍数の為、コストパフォーマンスに大きな差が出そうです。

事前に調査してからコストパフォーマンスの良い物を食べれば満足度も上がると思います。

上に乗せたランキングのTwitterを参考に食べてみてもいいかもしれません。

肉フェス2016 関東3会場の情報

お台場と神宮外苑会場の出店店舗はコチラで見られます。

幕張会場の出店店舗はコチラです。

コチラの関連記事にも載っているように、関東3会場ではプライオリティパスと言うお得な前売り券が発売されています。

追加料金はかかりますが、ほぼ並ばずに購入対象店舗の商品が買えるので子連れで行ったり、デートで行く人はおすすめですね。

また有料の肉クルー会員にもなっておけば、飲食スペース確保に時間を掛ける事も少なくなりますし、半ライスが毎日1杯無料になります。

そして食券を買うのではなく電子マネーを事前にチャージしておき、電子マネーで清算すれば食券の枚数を気にする事もなく肉フェスを楽しめます。

またお台場会場ではお隣でオクトーバーフェストも同時開催されていますので、お肉にビールのイベントで2度美味しいですね!

また肉を食べなくても、イベントを無料観覧で楽しむ事も出来ます。

お台場では、『肉フェス×Girl’s Bomb!!』コラボイベントが2日間開催します。

Girl’s Bomb!!は中~大型ライブハウスで年に10本程度開催しているそうです。

2016.5/2(月)15:45~20:00と5/8(日)12:00~17:30に14組と16組出演するそうですが、私の知っている出演者は居ませんでした…(ファンのみなさん、すみません…)

写真を見た感じ女性アイドルグループ?ばかりのようでした。

東京で行われるお台場会場・神宮外苑会場ではステージ情報がコチラに公開されていました。

またお台場で5/3(火・祝)にダンスバトルを開催するらしいので、そちらは知らない人ばかりだったとしても、見応えがあって楽しめると思います。

ダンスバトルはキッズフリースタイルソロバトル、フリースタイル3on3バトル、ブレイク3on3バトルの3スタイルで開催されます。

[adsense]

肉フェス評判や値段設定の感想は?お台場・神宮・幕張に行く前に! のまとめ

Twitterでは高い割に少ない、混みすぎ、等と評判の良くなかった肉フェスです。

それは事前に調査せずに数が食べられなかった人の偏った意見かもしれないと言う事でした。

記事に数多く食べた人のランキングのTwitterが載っているのでそれを見つけたら食べてみてください。

そして混雑の回避法も載せたので電子マネーやプライオリティパス、肉クルー会員など有効活用してください。

どんなイベントもそうですが、事前調査をする事で違った見え方がしてくると思います。

ゴールデンウィークに遠出はめんどくさいけど、外出はしたいって方、肉フェス2016GWを候補に入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク