『シン・ゴジラ』キャスト豪華&多すぎなので配役整理。結末予想も!

日本が誇る映画と言えば、やはり特撮です!

特撮といえば、『スーパー戦隊シリーズ』や『仮面ライダー』、映画となると『ガメラシリーズ』などがありますが、
ハリウッドでも映画化された、『ゴジラ』の新シリーズとして、『シン・ゴジラ』が2016年7月29日に公開されることが予定されています!

そして、本日328人の出演者が一挙に発表され、大きな話題となりましたので、『シン・ゴジラ』について調べました!

ゴジラ

スポンサーリンク

『シン・ゴジラ』とは?

『シン・ゴジラ』(英題:GODZILLA Resurgence)は2016年(平成28年)7月29日に公開予定の日本映画で、ゴジラシリーズの第29作目になります。『ゴジラFINAL WARS』から約12年ぶりの日本製作のゴジラシリーズです。

私は映画を観る時は、タイトルや内容も気になりますが、シリーズものやマンガの実写版を観る時は監督、脚本が誰なのかをチェックします。

今回の『シン・ゴジラ』でももちろんチェックしました!

気になる監督は、総監督・脚本に『エヴァンゲリオンシリーズ』の監督であり、スタジオ・ジブリ作品『風立ちぬ』で主演声優を担当した、庵野秀明が担当します。

次に、監督・特技監督には同じく『エヴァンゲリオンシリーズ』で最もアツい”ヤシマ作戦”の画コンテを中心に担当、映画『ローレライ』では監督を務めた、樋口真嗣が担当します。

特撮やアニメ、映画好きな人は思わずニヤリとしてしまう豪華な首脳陣となっています。

スポンサーリンク

『シン・ゴジラ』のキャストが豪華!

豪華なのは、もちろん監督や脚本だけではありません。
出演する俳優も豪華です!

長谷川博己

配役は主役の内閣官房副長官:矢口蘭堂役をドラマ『家政婦のミタ』で頼りない父親役や『MOZU』で冷徹でクールな悪役の東和夫役を好演した、長谷川博己が演じます。

石原さとみ

ヒロインの米国大統領特使:カヨコ・アン・パタースン役を、今やドラマにCMで見ない日は無いと行っても過言ではない、女優石原さとみが演じます。

役名を見て分かるように、日本人としての役ではなく、米国大統領特使となっていますし、名前から推察するとハーフか日系人ではないでしょうか。

竹野内豊

物語のキーパーソンとなる?日本政府関係者、内閣総理大臣補佐官:赤坂秀樹役を、モデルから俳優へと転身し、『ロングバケーション』や『もう一度君にプロポーズ』などで主演した、”THE 男前”竹野内豊が演じます。

大杉漣

内閣総理大臣役を世にも奇妙な物語のドラマや舞台などでも有名な名優、大杉漣が演じます。

内閣総理大臣の役名はまだ公式発表されていませんが、物語のポイントになる役でしょうし、続報が待ち遠しいですね。

まだ未発表のキャストは?

役名などは未発表ですが、ピエール瀧、平泉成や片桐はいり、歌手のKREVAなど、総勢328名と世界最大級の規模となっています!

大御所から、名脇役まで本当に色々な俳優が参加する今回の『シン・ゴジラ』、今から楽しみですね。

今回発表されたキャストで、まだ配役が発表されていない方も沢山いますが、出演人数が328名ということを考えると、かなりの大物俳優でも、一瞬だけしか画面に映らない。なんてこともありそうですね!!


キャストを一覧で見ると確かに多いです。

世界最大規模の出演人数や、主演俳優の豪華っぷりから東映や製作サイドの本気度がうかがえます!

『シン・ゴジラ』の結末を予想してみる

監督や脚本も、豪華。キャストも豪華となっている、『シン・ゴジラ』ですが、ちょっと結末を予想してみたいと思います。

前作までのゴジラといえば、地球に何かしら異変が起き、それに気がついた学者が、政府に掛け合うも門前払いをされる。

その後、未確認生物が地球上で暴れだし、人間の無力さを痛感させられたタイミングでゴジラが登場!
未確認生物と戦って、結果的にゴジラが人類を助けてくれる。

というのが基本的な流れです。

また、『ハリウッド版GODZILLA』ではゴジラが子育ての為にアメリカのサンフランシスコ周辺で卵を産み、子育てをしようとするゴジラの姿が描かれていました。

今回の『シン・ゴジラ』公式サイトにおけるティーザービジュアルには、「ニッポン対ゴジラ」や、「現実対虚構」などとあります。

と、いうことは今のニッポンに対して、ゴジラが怒っている。その怒りをゴジラが爆発させる、虚構の存在であるゴジラが現実のニッポンに何か伝えたいことがあるという風に予想することができます。

総監督・脚本の庵野秀明氏がインタビューの中で、タイトルの”シン”とは「新」、「真」、「神」などの意味が込められていると言っていた事から、今までとは全く違う、新しいゴジラ、真のゴジラの姿が描かれるのでは?と予想しています。

どちらにしても、今から楽しみで仕方ありません!!


「ニッポン対ゴジラ」、これはなかなか深いですね!


リアリティを追求していった為か、特撮感が薄く感じますね…。


総監督がメカ好きなので、こんなにも!?と驚く程メカが登場してきそうです。

[adsense]

『シン・ゴジラ』キャスト豪華&多すぎなので配役整理。結末予想も!のまとめ

2016年7月29日公開予定の、『シン・ゴジラ』の出演者や結末予想について記事を書いてみました。

私個人としては、ゴジラ好きであり、特撮好きであり、脚本・監督も間違いない。
まさに、「これが”シン”の特撮だ!!」と今から期待しています。

劇場公開されたら映画館に観に行くことは間違いなしです!!

スポンサーリンク