藤原さくらの歌や演技の評価などWikiより踏み込んだプロフィール

今季月9ドラマ『ラヴソング』でヒロイン役を勝ち取った藤原さくらちゃん。

世間での認知度も上がってきて、この子誰?って人も出てきているはずです。

私はドラマが始まるちょっと前から知っていたのですが、そこまで詳しいわけでも無かったので、この機会に藤原さくらちゃんについて「Wikiより踏み込んだ」をモットーに調べてみました!

スポンサーリンク

藤原さくらのWikiより踏み込んだプロフィール

“音楽、ポケモン、ポール・マッカートニー、牛、漫画、アニメ、灯油、マッチョ、内村航平が無いと発狂する。”

とTwitterのプロフィールに書かれていますね。

Facebookを見ると休日の日も元気に活動しているようで、活動的な女子な事がわかります。

牛が好きで好きで好きすぎる為に、父の友達の知り合いの牧場(北海道十勝)にて1週間弱「酪農」体験をしていた事もあるくらいです。

毎日5時半に起きて、牛を搾乳小屋に入れて、糞をかいて、餌をあげて、乳を搾って、牛を撫で繰り回す日々を送っていたそうで、強かさが伝わってきました。

ドラマだけじゃなくて、ロケのバラエティーもいけそうな感じですね。

長年の夢であった「牛の乳から直接牛乳を飲む事にも成功した!笑」そうで、ライブで言ったら、大分みんな引いていたそうです(汗)

ベストフードは牛タン、動物をフォルムで好き嫌いを感じるようで牛の柔らかくて大きい所が可愛くて、小さい頃はよく牧場に行っていたそうです。

逆にセミやダンゴムシなどはフォルムから気持ち悪く嫌いとの事です。

TwitterやFacebookでも自作?の腹筋の割れたマッチョな牛人間の絵を書いていて「かなり好きなんだろうな~」と言うのが伝わってきました。

ちなみに高校3年の時の進路希望の第2希望に「酪農」と書いたらしいです。

またアニメも結構な好き物みたいで、「地震の時に部屋のフィギュアが床に散っていった。」とかゴールデンウィークにNARUTOの舞台を見に行ったり、クレヨンしんちゃんの映画を観たり、ツイキャスでアニソンも歌ったり、と書かれていて、「少しオタクっぽい所があるのかな?」とも思いました。

でも明るい性格みたいだし、女性のオタクは良いイメージに取られる事も多いので私はあまり気にせず応援するつもりです。

藤原さくらの出身地とボイストレーニングスクールは?

藤原さくらちゃんの出身地は福岡県です。

福岡出身のシンガーソングライターと言えば、ヴォイス音楽塾出身者が多いのですが、藤原さくらさんはVOATと言う所でボイストレーニングをしていたそうです。

VOATからメジャーデビューしたアーティストは、片平里奈、今市隆二(三代目JsoulBrothers)、May’n、YUKA(moumoon)、ZAQ、藤田麻衣子などがいます。

VOAT内特別オーディション開催中のレコード会社と音楽プロダクションとしては、ソニーミュージック、ユニバーサル、ビクター、ヤマハ、エイベックス、ワーナーミュージック、等々有名所が並んでいるようで、ヴォイス音楽塾程ではない物の有名所のようです。

藤原さくらちゃんが今回のドラマ・ラヴソングで有名になればVOATも有名になってどんどん有名人が増えるかもしれませんね!

藤原さくらちゃんがコンプレックスとして抱えていた、周りの人より「低い歌声」を個性的な歌声と評価し、歌声が合う洋楽の曲をいくつも紹介して自信を付けさせたVOATさんは、きっと個人個人を大切に扱ってくれる音楽塾なのでしょうね!

高校生のVOAT時代に現在の事務所であるアミューズさんとの育成契約を結ぶ事になった曲として、最終オーディションでノラ・ジョーンズの曲を歌ったそうです。

これが藤原さくらちゃんが「和製ノラ・ジョーンズ」と呼ばれている理由とか。

スポンサーリンク

藤原さくら 歌の評価は?

藤原さくらちゃんの個性的な「スモーキーボイス」と呼ばれる大人っぽい歌声はどこを見ても高評価されていますね!

福山雅治さんも絶賛していました。

「声を発した瞬間、世界を変える」とも言われる程の評価を受けた事があるそうです。

代表曲には『「かわいい」』、『Walking on the clouds』、『BABY』、『Ellie』、『Just one girl』などがあり、どれも魅力的な曲です。

また、プロデューサーや参加ミュージシャンにYagi & Ryota(SPECIAL OTHERS)、Curly Giraffe(高桑圭)、高田漣、青柳拓次(Little Creatures)、H ZETT M (H ZETTRIO)と言った名前が並んでいるあたり、関わっているスタッフの方々の本気度が伝わってきます。

『ラヴソング』を観ているメインの視聴者層にはあまりピンとこない面々かもしれませんが、音楽好きなら必ず知っている、名プレイヤーばかりです。

女性ギター弾き語り系のシンガーソングライターが飽和状態にある中、差別化と彼女の歌声を引き立たせるための工夫をしっかりしている印象を受けますね。

またカバー曲もよく歌い、ドラマ・ラヴソングの佐野さくら役を勝ち取ったオーディションで歌った曲、The Beatlesの『Oh!Darling』もライブでよく歌っています。

ラヴソングでは福山雅治さんが作詞作曲をした『soup』と言う曲も歌っています。

2016/2/17に『good morning』を発表し、そのワンマンツアーも9月を中心に決定しました。

藤原さくら 演技の評価は?

藤原さくらちゃんはラヴソングの番宣に何回か登場し、”第25回 がんばった大賞”にて地上波TV初出演だったのですが、その時にギターを抱えていたものの足を組んでいた、福山雅治さんとの会話で「このように、ほぼ一般の方です。」と2回も言わせた程の素人な態度を取っていた、等が原因で、当時ネット上で「態度がでかい」、「生意気」、「嫌い」等と書かれていたり、複合検索ワードに上がっていたりしました。

めざましテレビでも福山雅治さんと初めて会った時に「本当に存在しているんだ」、「生き物なんだ」と発言した様子が放送され、ネット上で叩かれる原因になっていました。

「福山雅治さんと同じ事務所アミューズだから、バーター出演だろう」とも言われていましたが、実際に100人のオーディションを勝ち抜いた理由が説明されていました。

「ドラマ・ヒロインの”天性の歌声をもつ女性”の役柄にぴったりだった」、「彼女の歌声に審査にあたった全ての者が一瞬で魅了された」という理由だったようです。

過去にも同じように無名からドラマ抜擢され売れた人がいます!あの中島美嘉さんです!

その時のドラマタイトルは『傷だらけのラブソング』、その頃と状況が似すぎていて自ずと藤原さくらちゃんのブレイクにも期待がかかります。

無事に4/11に第1話が放送されてからは、藤原さくらで検索した時に複合検索ワードでもgoodkeywordでも藤原さくらちゃんの悪い評価がひっかからず、良い評価ばっかり出るようになりました。

「シンガーソングライターとは思えない!表情豊かなナチュラルな演技」とか「初回から泣いた」とか「吃音の友達がいるけど、その人と被せて見てしまうほど上手だった」などと言われているようです。

ラジオ等で前から知っている人にとっては、実力のあるアーティストなので態度がでかいと言う風にはあまり見えなかったと思いますが、テレビ出演の素人として見るとそう見えたんですかね?

ナチュラルな若い女子って感じで、ドラマ撮影現場でもムードメイカーになっているとの事で、良いイメージを持つ人が多いと思いますが、人によっては見方が分かれるんでしょうね。

ちなみに演技は上手いと絶賛の藤原さくらちゃん、ダンスは苦手なようです。

かつてダンスの先生から「本当に踊りのセンスが皆無なんだね…」と言われた苦い思い出があるそうです。

ダンスの実力は出演アーティストのコラボステージとして、プッチモニの『ちょこっとラブ』を踊りながら歌った事があるそうなので知っている人は知っているようです。

[adsense]

藤原さくらの歌や演技の評価などWikiより踏み込んだプロフィール のまとめ

実家に犬を飼っている、姉が居る等と他にも情報がありました。

犬は福岡のミュージックマンス最終日に帰ったら角刈りにされていて驚いたとの事ですが、何があったんでしょう…(笑)

藤原さくらちゃんこれからテレビでの露出が上がっていくと思います。

本業がどっちになるのか分かりませんが、音楽活動も大事にしてほしいですね。

これからも私の職場のラジオで良曲を届けてくれることを期待しています!

スポンサーリンク