開園断念の保育園は、ししの子保育園市川?近隣住民が子供の声に反対

2016年4月開園予定だった千葉県市川市の私立保育園が近隣住民の反対運動により、開園を断念したとのニュースが話題になっています。

2015年4月の調査によると、千葉県市川市は待機児童が373人で全国で9番目に多い市区町村だそうです。

なぜ、保育園の開園が心待ちにされていた地域にも関わらず、開園を断念せざるを得なかったのでしょうか?

スポンサーリンク

開園を断念した千葉県市川市の保育園は『ししの子保育園市川』?

今回、開園を断念した保育園がどこなのか気になったので調べてみました。

市川市のWEBサイトにある「平成28年4月開設予定の認可保育園について」というページを見ると、認可保育園の情報が記載されています。

(仮称)すみれキッズアカデミー
(仮称)そらまめ保育園 市川大野
(仮称)キャリー保育園本八幡
(仮称)聖和保育園

上記4つの保育園が2016年4月開園ということで詳細が載っているのですが、同ページ内に

※下記の施設については、整備を中止しました。
(仮称)ししの子保育園市川(平成28年3月31日更新)。

という記載があります。

このことから今回ニュースで話題になっている、開園中止となった保育園は『ししの子保育園市川』の可能性が高そうです。

なお、ししの子保育園市川の建設予定地は市川市WEBサイトの過去の情報によると、千葉県市川市菅野4丁目だったそうです。

Googleマップで見ると確かに住宅地のど真ん中という立地ですね。

なお、この『ししの子保育園』は平成26年4月に千葉県千葉市稲毛区でひとつめの保育園を開園しており、しっかりと実績のある私立保育園のようです。

スポンサーリンク

千葉県市川市の保育園開園反対運動は、いつから始まっていた?

当初の予定では2016年3月に木造2階建ての園舎を完成、4月1日開園という予定だったそうです。

地域住民の方々は建設工事が始まる、2015年8月頃に敷地に建てられた看板で保育園の開園を知ったそうです。

報道や上記市川市のサイトでは3/31付けで開園中止が決定された形になっていますが、11月20日付けの公式資料で開園延期の告知はされていました。

上記の流れから考えると8月に開園を知った地域住民の方々はすぐに反対運動を開始していた可能性が高そうです。

市川市の保育園開園断念、問題はどこにある?

ネットニュースなどで「子供の声がうるさい」と近隣住民から反対運動が起こったことが原因と書かれており、過去に開園が延期されたケースはあるものの、開園断念というのは前代未聞という形で取り上げられているため、近隣住民の理解度が低いという論調に偏りそうなのが少し気になります。

待機児童問題は解決すべきことと分かってはいても、近隣住民の方にとっては自分に身近な騒音問題の方が重要という意見が出るのも当然です。

「子供の声」は世の中を明るくしてくれますが、それが今後ずっと、毎日朝から夕方までひっきりなしに聞こえるとなると「騒音」と感じてしまう方がいるのも理解できますよね。

[adsense]

開園断念の保育園は、ししのこ保育園市川?近隣住民が子供の声に反対 のまとめ

今回の市川市の私立保育園開園中止はとても残念なニュースですが、近隣住民の方が責められるような風潮になるのは避けていただきたいですね。

この一件をきっかけに、もっと根本的な問題解決にむけて議論が繋がることを願っています。

スポンサーリンク