ラヴソング挿入歌『500マイル』作詞は忌野清志郎【歌詞あり】

福山雅治さん主演の月9『ラヴソング』の第1話が2016年4/11(月)に放送され、大きな話題に!

中でもヒロインに抜擢された藤原さくらさんはドラマ初出演が月9のヒロインということで、今後さらに注目が集まりそうです。

そして、『ラヴソング』第1話を見た多くの方の心に響いたのが、挿入歌であり、今後のドラマの重要なシーンで流れることになるであろう『500マイル』という曲です。

スポンサーリンク

『ラヴソング』挿入歌の『500マイル』について

原曲は1961年にアメリカのシンガーソングライターであるヘディウェスト(Hedy West)さんがリリースしたファーストアルバム『Hedy West』に収録されていた『500miles』。

この曲の訳詞を担当しているのは今は亡き、天才ロックスター・忌野清志郎さんです。

以下、ラヴソング挿入歌としても流れた『500マイル』の日本語歌詞です。

次の汽車が 駅に着いたらこの街を離れ
遠く500マイルの 見知らぬ街へ
僕は出て行く 500マイル

ひとつ ふたつ みっつ よっつ
思い出数えて 500マイル

優しい人よ 愛しい友よ
懐かしい家よ さようなら

汽車の窓に 映った夢よ
帰りたい心 抑えて
抑えて 抑えて 抑えて 抑えて
悲しくなるのを 抑えて

次の汽車が 駅に着いたら
この街を離れ 500マイル

女優の松たか子さんもこの曲をカバーしていますが、ラヴソングの挿入歌として使われているのはLeyona feat.忌野清志郎バージョンの『500マイル』のようです。

放送開始直後はleyonaさんが歌っている『500マイル』だと思ったのですが、どうやら藤原さくらさんが歌っているバージョンのようです…

大変、失礼いたしました!

というのもラヴソング主題歌の藤原さくらさんのシングル『Soup(作詞・作曲:福山雅治)』の詳細情報が出てきたところ、収録曲に『500マイル』が入っていました…

『ラブソング』第5話の途中で、日本語詞の『500マイル』を藤原さくらさんが歌っていたところにフェードインで英語バージョンが入ってくるというシーンもありました。

シングル『Soup』に収録されている『500マイル』について日本語詞や英詞といった情報が入っていないので、1曲の中で日本語のセクションと英語のセクションがあるという編曲になるのでしょうか?

気になりますね…!

[adsense]

ラヴソング5話の段階ではギターをあまり弾けない佐野さくら(藤原さくら)の代わりに神代(福山雅治)がギターを弾いて歌はさくらが歌うという形でしたが、後半に向けてさくらの成長の形として自分でギターを弾いて『500マイル』を歌うというクライマックスシーンがあるのでは?と予想しています!

低視聴率が何かと話題になっている『ラヴソング』ですが、『500マイル』という強力な挿入歌のパワーで後半に向けて視聴率上がってほしいですね…!

スポンサーリンク