『ふきげんな過去』試写会&舞台挨拶情報。原作はある?

『ふきげんな過去』は小泉今日子×二階堂ふみのW主演の映画作品です。

監督は、前田司郎。劇作家・演出家・俳優・小説家という多彩な顔を持ち、三島由紀夫賞・向田邦子賞・岸田國士戯曲賞などを受賞、劇団『五反田団』を主宰しています。

2016.6/25公開のこの映画について、試写会・舞台挨拶情報についてと、原作の有無を調べてみました!

スポンサーリンク

映画『ふきげんな過去』脚本は前田司郎監督の完全オリジナル!

前田司郎監督の初監督作品は、『ジ、エクストリーム、スキヤキ』ですが、この映画の公式HPには、『前田司郎って知ってる?』というリンクが設けられています。

そこには「ジャンルを超えてボーダレスに活躍するクリエイター」と紹介されています。演劇・小説・ドラマと活躍しており、『ジ、エクストリーム、スキヤキ』は氏の同名小説の映画化です。

ジ、エクストリーム、スキヤキ(DVD版)

『ふきげんな過去』はそんな異才の劇作家である前田司郎が、完全オリジナルで書き上げた脚本です。映画の公式HPに「『ふきげんな過去』のアイディアをゼロから作り上げた」とあります。

最近は、漫画や小説が原作としてある作品が多数映画化されていて、そういった流れの中で完全オリジナル脚本作品はとても貴重だと思います。

しかし、原作の人気に頼ることができない分、興行的には試練だと思います。

各キャストのファンでの集客も見込めるとはいえ、2016/4/11現在、上映予定の劇場数は全国17館です。

ネットや口コミなどで評判となれば、ロングラン・上映館拡大ということになるとは思いますが、作品本体の質での勝負となるでしょう。

スポンサーリンク

『ふきげんな過去』試写会は?

映画と言えば、公開より一足早く観られる試写会の情報が気になりますね。『ふきげんな過去』の試写会について調べてみました。

SNSで検索してみるとどうやら、すでに試写会は行われていたようです。

感想をツイートしている方が何人かいらっしゃいました。

しかし、それらを投稿しているアカウントは、ライターや映画評論家、映画に関わったデザイナーさん達のアカウントでした。

関係者に向けた試写会だったのではないかと思います。

では一般に向けた試写会の情報はないのか探してみましたが、みつけられませんでした。

まだ2か月以上先の公開ですから、これから情報をチェックする必要がありそうです。

『ふきげんな過去』舞台挨拶の情報は?

『ふきげんな過去』舞台挨拶の情報も探してみましたが、こちらも残念ながら見つけられませんでした。

これから発表されると思いますので、試写会情報と同様、最新情報のチェックが必要です。

試写会も舞台挨拶も、発表から申し込み締め切りまでの期間がかなり短いのが常ですし、申し込み方法も雑誌や限定されたサイトからのみという場合がよくあります。

『ふきげんな過去』の試写会や舞台挨拶を狙っている人は、公式サイトの情報はもちろん、ネットやテレビでの情報なども常に気にしておいた方がいいと思います。

[adsense]

『ふきげんな過去』試写会&舞台挨拶情報。原作はある?まとめ

以上、前田司郎氏が監督・脚本の完全オリジナル作品である『ふきげんな過去』についてまとめてみました。

宣伝費なども限られているのだと思いますが、良作であればSNSが発達した現在なら必ず口コミが伝わると思います。

良作であってほしいなと思います!

スポンサーリンク