『クリーピー 偽りの隣人』試写会&舞台挨拶情報。原作ネタバレも

第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した、前川裕さんの小説『クリーピー』。
クリーピーとは、気味の悪いという意味を持っています。

そんな意味を持った小説が黒沢清監督の手によって、6/18(土)に映画化されます!

今回は、『クリーピー 偽りの隣人』のあらすじ、試写会&舞台挨拶情報、ネットでの評判について調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

『クリーピー 偽りの隣人』のあらすじやネタバレ

元刑事であり、犯罪心理学者の高倉(西島秀俊さん)は、テレビにもコメンテーターとして出演しています。

そんな高倉に、元同僚刑事の野上(東出昌大さん)から6年前の一家失踪事件の分析を頼まれます。

その事件の唯一の生存者、早紀(川口春奈さん)に事情徴収しますが、核心にはたどり着きません。

そんな中、高倉が妻・康子(竹内結子さん)と共に引っ越してきた新居の隣人は、どこか奇妙な家族でした。

病弱な妻と中学生の娘・澪と主人・西野(香川照之さん)との何気ない会話に高倉達は、翻弄されてしまいます。

ある日、高倉は澪からこのようなことを告げられます。

「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」

未遂事件と隣人一家は繋がっていました。

スポンサーリンク

『クリーピー 偽りの隣人』の試写会&舞台挨拶情報

『クリーピー 偽りの隣人』の完成披露試写会が4月26日に行われます!場所は、丸の内ピカデリーです。

また、この試写会には、キャストの方も舞台挨拶を行います!

キャストの豪華さ、原作の人気度から、かなりの倍率になっているのではないでしょうか?

様々なサイトで申し込みが開始されていて、もう当落が分かっているものもあります!

詳しい情報はこちらでご確認してください!

このサイトには、応募サイトが紹介されています!
是非行きたい!という方は、確認して応募してください!
期日がありますので、気を付けてくださいね!

また、話題作になると思うので、地方での舞台挨拶なども行われるかもしれません!

気になる方は、公式ホームページ(http://creepy.asmik-ace.co.jp/)や公式Twitter(https://twitter.com/Creepy_2016)などをチェックしてください!

『クリーピー 偽りの隣人』のネットでの評判は?

『クリーピー 偽りの隣人』は、メディア向けには試写会がもう行われたようです。

その時の感想がこちらです。

黒沢清監督は、今まで多くの作品を手掛けてこられました。
その黒沢清監督の最新作ということで、見に行きたいという方も多いのではないでしょうか?

クリーピーを感じる感想が多くありました。
この感想を見る限り、少しトラウマになってしまう可能性があるかもしれませんね。

また、一般の方たちの期待度を紹介していきたいと思います。

先程も記載した通り、黒沢清監督の作品ということで、気になるという方が多かったです。
意味深な世界観は、万人受けはしないとは思いますが、好きな人は好きな世界観なので、気になるところですね。

幽霊が出るなどのホラー系ではないですが、人間自体が怖くなるような内容だと思います。

小説では、想像しがたいシーンもあるかと思いますが、映画化なので、すべてが映像化されます。

視覚、聴覚で襲ってくるような感じがして、小説よりも怖さが倍増すると思います。

[adsense]

『クリーピー 偽りの隣人』試写会&舞台挨拶情報。ネタバレも のまとめ

気味が悪いという意味を持つ、クリーピー。
映画を見れば、きっとクリーピーな体験をできると思います。
実力派俳優陣が演じるので、必ずクリーピーな雰囲気を感じられると思います!

DVDとしてこの作品を見るより、大画面大音量で見た方が怖い視覚聴覚が刺激されると思うので、是非映画館で見てください!

スポンサーリンク