腸活とは?食事やレシピ、ダイエット効果の口コミなどまとめました!

腸活とは生活習慣の乱れや加齢などによって腸内環境が乱れては悪玉菌を善玉菌に増やすことで腸内環境を整えて快適な状態にします。

それにより便秘を改善し、脂肪のつきにくい体質となり、よりダイエット効果を高めることができるんです。

腸内環境を改善できる食事を取り入れることがポイントです。

改善効果の高い食事やレシピをチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

キャベツとほうれん草のえごま油の野菜炒め 1人分

腸活をするには、よりその効率を高めるための食事を取り入れることが大切です。

それには善玉菌を増やすことが大切なんです。話題の食材がえごま油です。

油の代わりとなりますから、キャベツとほうれん草などの野菜炒めの油として使うといいでしょう。

この野菜炒めのレシピは、キャベツ200g、ほうれん草を100gを食べやすい大きさに切ります。

フライパンにえごま油を大さじ1杯を入れて側面全体に伸ばし入れ、そこに野菜を入れて中火で野菜がしんなりするまで炒めましょう。

スポンサーリンク

ゴボウとトウモロコシのカレー味の炒めもの 1人分

食物繊維の多い野菜を取り入れることが腸内環境を綺麗にする効果が高くなりますから、食物繊維の豊富なゴボウ料理がお勧めです。

ゴボウ200gの皮を包丁の背で擦るようにして取り除きましょう。それを細く輪切りにします。

タマネギ100gを千切りに、トウモロコシを100gを軽く塩茹でしておきます。

フライパンにオリーブオイルを大さじ1杯を薄くのばし入れて、そこにゴボウを入れて軽く炒めます。

次にタマネギを入れて軽く炒め、最後にトウモロコシとカレー粉を大さじ2杯、塩少々を入れてゴボウがしんなりするまで炒めたら完成です。

カレー粉は代謝を高める効果もあるので、より脂肪燃焼効果を高めます。

オリーブオイルにもデトックス効果を高める働きがあります。

シソ風味の納豆チーズの油揚げの巾着 1人分

ビフィズス菌を増やす効果が高いものといえば、チーズです。このチーズを使ってできる腸活レシピは、スライスチーズを6枚、油揚げを3枚、納豆を2パック、シソを2枚を用意します。

油揚げを横にして真ん中で縦に切り、中に入れられるように真ん中を広げます。そして切った油揚げ1つにチーズを1枚入れましょう。シソをみじん切りにして、納豆に入れて混ぜます。

それを先ほどの油揚げのチーズの中に挟むようにして入れます。

爪楊枝で油揚げの口をしっかりと閉じて巾着にし、エゴマ油やゴマ油をしいたフライパンで両面がキツネ色になるまで火を通してます。

お好みで先に納豆にタレを混ぜてから油揚げに入れるか、納豆のタレにつけても美味しいですよ。

[adsense]

腸活とは?食事やレシピ、ダイエット効果の口コミなどまとめました! のまとめ

とっても簡単にできる腸活レシピですから、パパッと作って毎回の食事に取り入れてみるといいですよ。お弁当のおかずにも最適です。

多めに作っておき、冷凍しておくと便利です。毎日食べることがより効果的ですよ。

美味しく食べながら簡単料理で腸内環境を整えてみませんか。

スポンサーリンク