お台場オクトーバーフェスト2016の混雑予想。値段やメニューも

ビール好きにはたまらないイベントと言っても過言ではないのがそう!オクトーバーフェストではないでしょうか。

そんなお台場オクトーバーフェスト2016が4/28(木)~5/8(日)に開催されることとなりました!

ドイツの同じ名前のお祭りをモチーフにしているようですが、どのようなイベントとなっているのでしょうか。

混雑情報や、どんなメニューがあるのかなどを調べてみました!

スポンサーリンク

お台場オクトーバーフェストとは?

毎年ドイツのミュンヘン市で開催されるオクトーバーフェストは、世界最大規模のお祭りとされているようです。

巨大なビールテントを始め、東京ドームの約9倍もの大きさを誇る会場で、多くのビールが飲み交わされるといった、まさにドイツならではのお祭りと言えるのではないでしょうか。

日本では2003年から開催され、2012年には春と秋の2回開催されるほど人気が高まり、2015年は、全11会場で約67万人を動員する規模のお祭りとなったようです。

2016年はお台場を皮切りに、日比谷、駒沢、奈良、東北、豊洲、福岡・舞鶴公園と各地でこの大規模なビールのお祭りが開催されるようです。

このお祭りでは、ドイツの文化に触れ、なかなか普段味わうことのできない、本場ドイツのビールや食べ物を楽しめるようになっているようです。

ビール片手にドイツの美味しい物を食べられるなんて、ビール好きには外せないお祭りですね!

スポンサーリンク

お台場オクトーバーフェスト2016の混雑予想は?

過去に行かれたことのある方の情報によると、金曜の夜や土日は混雑が避けられないようです。

入場制限までは行われないものの、席の確保は大変になってくることが予想されます。

ですが、ゴールデンウイーク期間ということもあり、土日とかはあまり関係なく混雑するのではないかなと思います。

ゴールデンウイークの中で祝日ではない、5/2や5/6の夕方の早めの時間なら混雑具合はましなのではないでしょうか。

お台場オクトーバーフェスト2016のビールなどの値段やメニューは?

お台場オクトーバーフェストでは、独自のビールの購入方法があるようです。

最初に、グラスの預かり金(デポジット制)1000円を渡し、グラスをもらいます。

そしてそのグラスに、ビールを購入した店でビールを注いでもらい、最後帰る時にグラスを返却し、代金を返してもらうという方法となっているようです。

気になるビールの値段ですが、どこも500mlから販売され、だいたい1000円から1500円くらいの値段となっているようです。

500mlの缶ビールの値段を考えると、やはり高いと思いますよね。

その理由としてはやはり、規模が大きいお祭りなので、会場のセッティングにかかる費用や、各店舗が支払う出店料、そして本場のビールを輸入する代金も含まれてくるからではないかなと予想されます。

そう考えると、本場のビールを楽しむためには仕方がないのかなと思いますね。

フードメニューですが、ドイツと言えばソーセージといったイメージがありますよね。

そのソーセージはもちろんのこと、ヘンドゥルという鶏の丸焼きや、ジャーマンポテトやチーズ、そしてワッフルにアイスがのったデザートなど、様々なドイツの食べ物を楽しむことができるようです。

ソーセージだけでも様々な種類があるので、どれを食べようか迷ってしまいそうですね!

そのフードメニューの値段ですが、こちらもだいたい1000円くらいからの値段設定となっているようです。

ビールもフードもたくさんの種類があるようなので、ついつい、いっぱい買ってしまいそうですね!

そろそろ暖かくなってくる季節なので、外で飲むビールは格別でしょうね!

ビールをがぶがぶ飲んで、美味しいソーセージを食べてと想像するだけでテンション上がりますね!

[adsense]

お台場オクトーバーフェスト2016の混雑予想。値段やメニューも のまとめ

毎年大人気のこのお祭りは、ただ飲み食べするだけでなく、ドイツの音楽の演奏も楽しめるようです。

ドイツの文化や食べ物にがっつり触れられるお祭りとなっているようですね!

お台場では2016年9/30(金)~10/10(月・祝)にもこのオクトーバーフェストが開催されるので、もしゴールデンウイークは予定が詰まっていて行けないという方は、こちらもチェックしてみて下さい。

GWに本場ドイツの味を楽しみにお台場まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク