ヒメアノ〜ル映画試写会情報!あらすじとネタバレ、キャストまとめも

あの『行け!稲中卓球部』で知られる古谷実のマンガが原作の『ヒメアノ~ル』が映画化され、2016年5/28(土)に公開となります!

過激すぎる内容から、連載した時は様々な物議を醸した問題作のようですが、映画ではどのようになっているのでしょうか。

その気になるあらすじやキャスト、試写会の情報などを紹介していきます!

スポンサーリンク

『ヒメアノール』映画試写会はある?

そんな話題作の映画が公開となると、試写会でいち早く観てみたいと思う方もいると思います。

なので、そんな気になる試写会について調べてみました!

まだ詳しい情報はありませんが、予測として早くて3月の下旬か、遅くとも4月の中旬頃になるのではないのかなと思います。

ですので、そのくらいにはこまめに公式サイトなどをチェックされるといいのではないでしょうか。

早く詳しい情報が知りたいところですね!

スポンサーリンク

映画『ヒメアノ〜ル』気になるあらすじは?

ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田は、日々にぼんやりとした不満を抱える中、仲良くなった同僚の安藤に頼まれたことがきっかけで、カフェで働く女性阿部ユカと出会い、恋人関係になります。

そんな中で、ユカが働くカフェで高校時代の同級生である森田正一と再会します。

恋人となったユカから、森田にストーキングをされていることを告げられた岡田は、高校時代過激ないじめを受けていた過去のある森田に対し、不穏な気持ちを抱きます。

恋や友情など様々な感情が交錯する中で、森田は自分の思いを達成するために、連続殺人鬼と化していきます。

ヒメアノ~ル(1) (ヤンマガKCスペシャル)

『ヒメアノ~ル』の気になるネタバレは?

過激ないじめを受けたことがきっかけで、森田は普通の精神状態ではなくなっていて、人の首を絞めて命を奪うことに快感を覚える異常者と化していました。

そんな森田は警官を手にかけ銃を入手し、ユカの隣人まで手にかけ部屋で待機しますが、ユカはギリギリのところで引っ越し、難を逃れます。

諦めずにユカを追う森田ですが、その途中でもまた命を奪っていきます。

そんな時やっと警察が動き出すのですが…。

果たして岡田とユカに幸せな日常は戻ってくるのか、森田はどうなってしまうのか、気になるところですね。

森田は生まれ持ってその性質をもっていたのかもしれませんが、いじめがきっかけでこのような悲しい人格になってしまったという点では、被害者なのかもしれません。

『ヒメアノ~ル』のキャストは?

あらすじが分かったところで、気になるのは誰が演じるのかですよね。
これから気になるキャストについて紹介していきます!

森田正一役・森田剛

異常な感情を持つ森田正一を演じるのは、ジャニーズに所属するV6の森田剛です。

V6として様々なコンサートやテレビ番組などで活躍する一方、映画やドラマ・舞台と幅広く活動し、その演技にも定評があります。

蜷川幸雄や宮本亜門など日本を代表する演出家の舞台にも多数出演しているほどなので、実力は折り紙付きと言えます。

今回の役は連続殺人鬼の、異常な人格者という難しい役どころですが、存在感のある演技で、この役を演じてくれそうですね!

岡田進役・濱田岳

ビルの清掃員・岡田進を演じるのは、最近では携帯電話のCMのキャラクターでおなじみの濱田岳です。

彼は『HERO』や『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』の浜崎伝助役に抜擢されるなど、様々なドラマや映画で活躍しているようです。

平凡なキャラクターだけどどこか個性のある役を演じていることが多いように思います。

今回の役どころも、どこにでもいる平凡なビルの清掃員とのことなので、この役はぴったりと言えますね!

阿部ユカ役・佐津川愛美

その岡田の彼女である阿部ユカを演じるのは、若手女優の佐津川愛美です。

『蝉しぐれ』でヒロインの少女時代を演じ、スクリーンデビューしました。

その後、数々のドラマ・映画に出演していますが、ホラー映画やドラマへの出演が多いようです。

今回の役どころは、ストーカーに追われる女性とのことなので、今までの映画やドラマと同様に、危機迫る演技を期待できるのではないでしょうか。

安藤勇次役・ムロツヨシ

岡田の同僚である安藤勇次を演じるのは、個性派俳優のムロツヨシです。

主に舞台を活動の拠点とされていたようですが、2005年の映画『サマータイムマシン・ブルース』をきっかけに映画やドラマにも多数出演し、舞台で培われた演技力を披露しています。

今回の役どころは、岡田に恋のキューピットを頼むというちょっぴり情けない部分があるようなので、その演技力で今回の映画に華を添えてくれることを期待しています!

どの俳優も、この映画の役を演じるのに相応しい方ばかりのようですね。

[adsense]

『ヒメアノ~ル』についてのまとめ

R15指定となっているほど、過激なシーンが多いようですが、その分迫力のある映像を楽しむことができるのではないでしょうか。

森田正一の狂気な部分を、森田剛がどのように演じるのかも楽しみです。

濱田岳・森田剛のW主演とも言われていますが、その正反対のキャラを演じる2人はもちろんのこと、脇を支えるキャストの演技にも注目したいですね

スポンサーリンク