『何者』エキストラは豪華キャストに会える?あらすじ&試写会情報も

朝井リョウの小説『何者』の実写映画が2016年10月15日に公開されます。

『何者』は第148回直木三十五賞受賞作で、豪華俳優陣が登場人物を演じるということで話題となっています。

スポンサーリンク

映画『何者』あらすじ&キャスト

映画版では5人の就活生と1人のサークルOBが中心となって話がすすんでいきます。

ここで簡単に登場人物とキャスト、あらすじを紹介していきます。

就活の情報交換のために1つの部屋に5人の22歳が集まります。

かつて演劇サークルで脚本を書いていた拓人(佐藤健)

天真爛漫で着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)

光太郎の元カノで、実直な性格の瑞樹(有村架純)

結果が出ずに不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)

内定がもらえず焦りを隠せない隆良(岡田将生)

企業に入れば『何者』になれるのか、自分は『何者』になりたいのか?そんな疑問を抱えながら5人は就活を進めていきます。

5人はそれぞれの悩みをツイートするが、一緒に過ごしていくうちに、就活のやり方やスタンスに嫌悪感を覚え始め、人間関係が変わっていきます。

そんな時、拓人はサークルOBのサワ先輩(山田孝之)に相談するが、思うようにいかない現実にいら立つようになります。

そして「内定者」が現れたとき、妬み、本音が露わになっていきます。

その時ようやく彼らは自分を見つめ直します。

果たして自分は『何者』なのかということを…

何者 (新潮文庫)

就活生が主人公ということでなんだか重苦しい雰囲気が漂ってきますね。

そんなことよりなんといってもキャストが豪華!

今話題の俳優、女優さんばかりではないですか!

これは是非ともエキストラとしてこの映画に出演して、あわよくば豪華キャストの方々に会いたい!という方が多いようなので、その夢は果たしてかなうのか調べてみました。

スポンサーリンク

エキストラ情報・豪華キャストに会えるかも?

2016年3月現在映画『何者』ではエキストラを募集中だそうです。

募集対象者は18~50歳の男女、登録完了期間は3月下旬予定だそうです。

もう時間は少ししかありません。興味のある方はすぐにご応募してください!!

撮影予定場所は東京都内、神奈川県内だそうです。

ここでみなさんが気になるのは豪華キャストの方々に会えるのか?ということではないでしょうか。

エキストラを趣味でやっているという方は結構いるので、Twitterやブログなどを調べてみたところ、多くの方のエキストラ体験に共通することは会える確率は高いが、エキストラだけのシーン(歩道を歩くシーンなど)ではキャストの方がいない場合があるため、絶対に会えるという訳ではないということでした。

運悪くエキストラだけのシーンに当たってしまった方は会えないですし、キャストと一緒に映るシーンが当たっても直接話したり、サインをもらったりすることはできないようです。

基本的にはキャストの方を眺めることができるという感じだそうです。

まぁそうですよね…

それでも旬な俳優や女優を生で見たい!という方にとってはチャンスなので、気になる方は是非エキストラに応募してみてください!

映画『何者』試写会情報

キャストに注目がいきがちですが、もちろん内容も素晴らしいはずです。
なぜなら、原作はあの藤木三十五賞受賞作なのですから。

早く映画が見たいですね。

というわけで試写会情報も調べてみました。

映画公開日が10月15日とかなり先なので公式に試写会の日は出ていませんでした。

まだ応募方法も公表されていないようですね。

ですが、基本的に多くの映画は公開の1ヶ月〜半月前に試写会を行うみたいなので、9月末あたりに試写会を行うのではないかなと予想しています。

これからも映画『何者』の最新情報をチェックしていきます!

[adsense]

『何者』エキストラは豪華キャストに会える?あらすじ&試写会情報も のまとめ

就職氷河期と言われてから何年が経ったでしょうか?

いまだに大学生の就職率が上がったという情報を聞かない気がします。

そんな現代の問題を映画化したということで私自身とても興味があります。

映画公開日が待ち遠しいですね!

ちなみに、就活中の方は内容がかなり重たいので見ない方がいいそうです…(笑)

スポンサーリンク