アニメ『舟を編む』声優・監督・作画まとめ。主題歌予想も!

2016年3月17日(木)19:30~ ノイタミナ公式サイト及びニコニコ生放送の『ノイタミナプロジェクト発表会2016』で、三浦しをんさん原作の小説『舟を編む』が2016年10月からノイタミナ枠で放送されると発表されましたね。

スポンサーリンク

歓喜の声で迎えられるアニメ化

2011年に発行された本小説は、真面目で口下手な編集者・馬締光也と、社交的なチャラ男・西岡正志の2人の男が、新しく刊行する辞書「大渡海」をつくり上げるまでの情熱と友情を描いた心熱くなる物語です。

2013年には石井裕也監督、松田龍平さん・宮崎あおいさん主演で映画化されています。

本小説がアニメ化されるとの発表はアニメファンに歓喜の声で迎えられました。

ただ、アニメの作り方によってはちょっと地味な作品になるのでは?という声もありました。

https://twitter.com/NIWAKAcom/status/710649992571015168

スポンサーリンク

アニメ化にあたって、原作者三浦しをんさんのコメント

『舟を編む』公式HP に原作者三浦しをんさんのコメントが公開されています。

原作:三浦しをん さんより
『舟を編む』をアニメ化していただけることになり、とってもうれしいです。
主人公の馬締をはじめとした登場人物(&猫のトラさん)が、どんなふうに動いてしゃべるのか、いまから楽しみでなりません。辞書づくりの作業についても、アニメならではの工夫をこらして表現してくださるみたいで、いまからわくわくしています!
辞書への愛と、ちょっとヘタレな人間への愛にあふれた作品になることまちがいなしですので、どうぞみなさまご期待ください。

http://www.funewoamu.com/ より引用

辞書を作るという少し地味な画面になりそうな点をどのように表現してくださるのか、三浦さんと一緒に期待です!

キャラクター原案は雲田はるこさん!

アニメ化されるとしてとても気になるのは、声優・監督・作画・主題歌などですよね。これらの情報を調べてみました。しかし、情報をチラ見せしている段階で、キャラクター原案以外の情報はわかりませんでした。

しかし、キャラクター原案は雲田はるこさんです!

雲田さんは、雑誌連載時の挿絵や単行本の装画を担当されており、原作ファンからも喜びの声が上がっています。

https://twitter.com/wa__ra14/status/710689745412575232

雲田はるこさんの作品

窓辺の君
野ばら
いとしの猫っ毛
昭和元禄落語心中
新宿ラッキーホール

声優・監督・主題歌は誰?

これらのついてはまだまだ情報が発表されていませんが、ツイッターでは、キャスティングの希望と予想がでていました。馬締光也役は野島裕史さん、西岡正志役は鈴木達央さんか前野智昭さんがいいという声がありました。皆さんのイメージはどうでしょうか?

筆者の勝手な希望と予想では、主題歌はCHEMISTRYがいいかなと思います。作品自体が『西洋骨董洋菓子店~アンティーク~』と同じ静かな印象をうけましたので、その系統で合っているかなと思いました。しかし、活動休止でソロ活動になっているので、ないかな~^^;

あるいは、UNISON SQUARE GARDENのバラードなんかもいいかなと思います!TIGER&BUNNYの主題歌や、田淵さんのLiSA提供楽曲など、アップテンポなイメージがありますが、バラードも素敵です!

公式サイトには告知PVが上がっていますので、その雰囲気や作りから声優、監督、主題歌を予想してみるのもいいかもしれません^^ そんなことを楽しみながらこれからの情報を待ちましょう!

スポンサーリンク