ドメスティックな彼女16巻を無料で読む方法!発売日と15巻のネタバレも

ドメスティックな彼女最新刊の発売日情報をご紹介していきます!

ちなみに、こちらの記事を書いた2017年10月3日現在のドメスティックな彼女最新刊5巻(2017年9月4日発売)になります。

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女最新刊16巻発売日はいつ?

ドメスティックな彼女最新刊16巻の発売日はまだ発表されていませんので、直近の単行本発売日から予想してみました。

ドメスティックな彼女コミックス直近の発売ペース

ドメスティックな彼女11巻 / 2016年11月17日発売

↓3ヶ月

ドメスティックな彼女12巻 / 2017年02月17日発売

↓3ヶ月

ドメスティックな彼女13巻 / 2017年05月17日発売

↓2ヶ月

ドメスティックな彼女14巻 / 2017年07月14日発売

↓2ヶ月

ドメスティックな彼女15巻 / 2017年09月15日発売

上記のペースからいくと、2ヶ月のペースで発売されています。このペースでいくとドメスティックな彼女6巻は2017年11月15日(水)に発売される可能性がありそうですね!

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女を無料で読む方法!

ドメスティックな彼女最新刊はU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTは豊富なラインナップで、急速にユーザー数を増やしている最も人気のあるVOD(動画配信)サービスのひとつなので、一度は名前を聴いたことがあるではないでしょうか?

映画やドラマの動画配信サービスという印象の強いU-NEXTですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

マンガに関しては月額基本料金内での見放題扱いではないのですが…

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、『ドメスティックな彼女』はポイント利用対象作品なので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『ドメスティックな彼女』最新刊を読むことが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっている映画・ドラマ・雑誌は、もちろん無料で見られます!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

マンガ『ドメスティックな彼女』最新刊を無料で読む

ドメスティックな彼女5巻のネタバレ

マンガ『ドメスティックな彼女』最新刊を無料で読む

受験勉強が終わり、ついに夏生も大学生。初めての一人暮らし、新たに出会う友人たち、そして、帰ってきた陽菜──。様々な要素が絡み合い、波乱はまだまだ継続中!

引用:U-NEXT

ドメスティックな彼女の登場人物

藤井 夏生(ふじい なつお)
本作の主人公。誕生日は7月13日小説家志望の男子高校生。癖の強い天然パーマが特徴。授業中に隠れて執筆を行うほどの創作意欲の持ち主。作品開始時点では東京都の赤森高校4組に在籍していた在は茗大文学部に通い、演劇サークル「フォレスター」の脚本担当をしている。
教師である陽菜への叶わぬ想いを断ち切るため、合コンで知り合った瑠衣となし崩し的に肉体関係を結び、童貞を喪失する。その後、偶然互いの親同士が再婚したことで瑠衣と義理の兄妹となり、さらに瑠衣の実姉である陽菜とも同居することになる。
幼少時に実母(純)別しており、実父が再婚するまでの10年間は団地で2人暮らしをしていた。再婚を機に、団地から少し離れた場所にある、東京都木多区赤森軒家に引っ越す。
中学時代は「もっさりメガネ」と自嘲するほど冴えない容貌だったが校進学を機に眼鏡を外し大幅なイメージチェンジを行っている。この事実を知っているのは、実際にイメージチェンジを施したフミヤと瑠衣、予備校で知り合った愛里栖のみ。
当初は、瑠衣と関係を持った気まずさから父親の再婚に乗り気でなかったが、瑠衣の一言がきっかけで再婚に同意する。
家族となってからも陽菜への想いを捨て切れておらず、悩みを抱える彼女の力になろうと奔走する。
瑠衣の部活見学に立ち会って書庫に入ったことが原因で、桐谷が顧問を務める文芸部に入部することになる。
沖縄への修学旅行で、陽菜に正式にプロポーズを行い、陽菜との初体験に及んだ。
修学旅行で陽菜と付き合っていることが学校にばれてしまい、別れてしまうことに。それでも陽菜のことを忘れられず部屋に引きこもっていたが瑠衣やフミヤらのおかげで完全とはいかないまでも立ち直るきっかけとなる。その際に長編小説を書き上げる。その作品が文藝大賞アマチュア部門大賞を受賞する。陽菜との破局後、瑠衣に支えられていくうちに彼女を意識するようになるが、陽菜と破局した時のように、付き合ったらいずれ瑠衣を失うのではないかと思い告白できずにいた。しかし、高3の学園祭最終日の夜に瑠衣の思いを知ったことで、迷いを断ち切って瑠衣に告白をし、相思相愛の関係となる。
大学受験を控え、予備校に通い始めたため、瑠衣との時間をなかなか作れず、瑠衣と距離ができかけてしまう。そのことに対して申し訳なく感じた夏生は、彼女と仲直りするために行為に及ぶ。
自分自身の呼称は「俺」、陽菜に対しては「先生」、瑠衣に対しては「お前」「ルイ」と呼んでいたが、修学旅行での陽菜へのプロポーズを期に、陽菜への呼び名が「陽菜」と変わった。

橘 瑠衣(たちばな るい)
本作のヒロイン。誕生日は9月5日
無愛想な女子高校生。周囲の中で未だに処女であることを気にし、「見下されるのが嫌」という理由で夏生と肉体関係を結び、彼の初体験の相手となる。しかし、奇しくも互いの親が再婚したことで義理の兄妹となってしまう。
再婚前は、母・都樹子と姉・陽菜と3人で8階のマンションに住んでいた。再婚後は遠距離通学を嫌がり、桜川高校ら夏生と同じ赤森高校に転入する。転入時点での高校のクラスは2年2組。常に不機嫌そうで気の利いた会話ができないため、友人関係は希薄である。「最近の流行の歌は歌詞が軽薄でみんな同じに聞こえる」という理由から、さだまさしの「防人の詩」と中島みゆきの「命の別名」や森田童子といった古い世代の歌を愛好している。
その性格と嗜好から転校先でも浮いていたが、夏生の気配りもあって徐々に同級生たちと打ち解けるようになり、家族としての夏生との付き合いを通じ、瑠衣自身の性格も次第に変わっていくことになった。ずぼらな姉・陽菜に対しては辛辣な面もあるが、自身にはない明るさを持つ彼女を姉として尊敬し、その身を案じている。家事力は高く、逆に家事下手な陽菜をフォローしてあまりあるほどの料理の腕前を持つ。
夏生を初体験の相手に選んだ理由は、慣れた男に食い物にされるよりは、経験のない夏生に処女を捧げた方がましだったため。処女喪失後は「(上手い下手は関係なく)こんなもんかなぁ」「意外にあたしはあたしのまま」との感想を述べる。
実父・幹本丈と別れ、荒んでいた都樹子が夏生の父との出会いで穏やかに変わったことから、都樹子の幸せのために再婚を承諾する。自身と夏生との関係は親や陽菜には隠しており、藤井家で夏生と再会したときも初対面を装う。
かなりの読書家。食事の後は部屋にこもるか、入浴中にも読むほどである。後に文芸部に入部することになる。
夏生の骨折による対応を機会に、夏生への陽菜の想いを知り、夏生を嫌いになることを宣言した。
陽菜と別れ落ち込む夏生を励ますも、次第に夏生に対する好意が強くなっていく。夏生に対し「もうヒナ姉に遠慮しないから」と宣戦布告じみたことを言っている。
丈との再会をきっかけに、料理人を目指すことになり、丈の経営するレストランでのバイトを始めることになる。現在は夏生と交際中。
自分自身の呼称は「あたし」、陽菜に対しては「ヒナ姉」、夏生に対しては「あんた」「ナツオ」と呼んでいる。

橘 陽菜(たちばな ひな)
本作のもう1人のヒロイン。誕生日は4月6日。
瑠衣の実姉。赤森高校の2年3組担任、担当教科は英語。バレーボール部の副顧問担当していた。
夏生の想い人で、瑠衣と対照的に天真爛漫で高い社交性を持ち、巨乳を含めたその美貌から特に男子生徒から高い人気を誇っている。しかし、私生活はだらしがなく瑠衣からも雑に扱われている。実父と別れ長く女所帯で過ごしていたため、異性に対して無防備な面も多い。料理の腕は瑠衣や都樹子も心配するほど悪く、枝豆や冷奴など簡単な物しか作らせてもらえない。酒好きだが、非常に酒癖が悪い。
新任時に泣き顔を夏生に見られたことがきっかけで、互いに相談相手という関係となるが、未成年である夏生には自身が抱えていた不倫の悩みは当初話していなかった。義理の姉弟となってからは、自宅での敬語を禁止し、自身をヒナ姉(ねえ)と呼ぶよう促す。夏生が小説を執筆しているのを知る唯一の人物だった。夏生の髪をわしわしと触ることがお気に入り。フミヤのバイト先である「ラマン」で、夏生・瑠衣・柊と話し合った後に柊と別れることを決意する。
修学旅行の時に、夏生から正式にプロポーズされ、肉体関係も含めて夏生のことを受け入れた。しかし、卒業アルバムに使う写真の整理中に夏生と付き合っている明確な証拠を突き付けられ、夏生のこれからの将来を案じ自分が学校を去る代わりに公にしないで欲しいと願い出、夏生と瑠衣に何も言わないまま学校を去っていく。結果、夏生とは別れたことになる。
赤森高校を去った後、伊豆大島の高校へと異動した。異動後に髪をショートカットに改め、異動先の生徒(柿崎)から「うわばみ先生」と呼ばれる。
その後、教師を辞めて東京の実家に帰ってきて英語を活かした仕事に就く。酔った勢いで夏生に本当の想いを告白した際には、夏生と瑠衣を動揺させた。
自分自身の呼称は「私」、瑠衣に対しては「ルイ」、夏生に対しては「ナツオ君」と呼んでいる。

家族橘 都樹子(たちばな つきこ)
瑠衣と陽菜の母。男性のことを「殿方」と呼ぶ。
前夫(幹本 丈)の浮気を表向きの理由として(丈の経営していたレストランの借金問題が本当の理由)娘共々捨てられ男性不信に陥っていたが、夏生の父·昭人の誠実さに魅かれ再婚に至る。ただし、苗字は替えていない。

藤井 昭人(ふじい あきひと)
夏生の父。眼鏡をかけた男性。夏生への相談もなく都樹子との再婚話や一軒家の購入を進める。
先妻(純:じゅん)を病で亡くした後も、月命日(7日)には墓参りを決して忘れずに行っている。

幹本 響(みきもと ひびき)
中高一貫の女子高(お嬢様学校)に通う、高校1年生(夏生と初対面した時点)。1人娘。実の父親は、ホステスの女と関係を持ったことで母親と別れ、母親はその後今の父親(丈)と再婚したことから、丈と血は繋がっていない。初詣の際に、瑠衣とはぐれた夏生と偶然顔を合わせ、夏生の上に肩車をして(響曰く「フトモモマフラー」)丈と母親を探した。瑠衣が丈と再会した後、響と夏生も再会することになる。その際のトラブルから、夏生を「変態」と呼ぶが、夏生からは「ビッキー」との愛称を付けられる。


幹本 丈(みきもと じょう)

瑠衣と陽菜の産みの父親。経営していたイタリアンレストランの借金が原因で、都樹子・瑠衣・陽菜と離別することになる。都樹子らと別れて2年後、再びの下積み中に響の母親と知り合い、再婚することになる(響は丈の義娘にあたることになる)。再婚後、経営方針を変えることでレストランを再開し、店舗を2軒構える。

引用:ウィキペディア

ドメスティックな彼女15巻の収録話

135話 挑戦の行方
136話 卒業式
137話 動き出す関係
138話 巣立ち
139話 波乱の新生活
140話 就職活動
141話 姉として?
142話 初仕事
143話 金と欲望
144話 溢れる本音

マンガ『ドメスティックな彼女』最新刊を無料で読む

ドメスティックな彼女最新刊の感想

ドメスティックな彼女発売日一覧

過去のドメスティックな彼女単行本発売日を一覧にまとめました!
今後のドメスティックな彼女最新刊発売日の参考にどうぞ!

巻数 単行本発売日
ドメスティックな彼女 1巻 2014年07月17日発売
ドメスティックな彼女 2巻 2014年09月17日発売
ドメスティックな彼女 3巻 2014年11月17日発売
ドメスティックな彼女 4巻 2015年02月17日発売
ドメスティックな彼女 5巻 2015年05月15日発売
ドメスティックな彼女 6巻 2015年08月17日発売
ドメスティックな彼女 7巻 2015年11月17日発売
ドメスティックな彼女 8巻 2016年02月17日発売
ドメスティックな彼女 9巻 2016年05月17日発売
ドメスティックな彼女 10巻 2016年08月17日発売
ドメスティックな彼女 11巻 2016年11月17日発売
ドメスティックな彼女 12巻 2017年02月17日発売
ドメスティックな彼女 13巻 2017年05月17日発売
ドメスティックな彼女 14巻 2017年07月14日発売
ドメスティックな彼女 15巻 2017年9月15日発売

まとめ

年の差恋愛はいつになってもドキドキしますね!
果たして、どっちと結ばれるんでしょうかね…?
マンガ『ドメスティックな彼女』最新刊を無料で読む

スポンサーリンク