鬼滅の刃(きめつのやいば)第78話「ぐねぐね」ネタバレと感想!掲載順も

鬼滅の刃(きめつのやいば)(吾峠呼世晴先生作)第78話「ぐねぐね」(2017年9月16日発売の週刊少年ジャンプ42号掲載)のネタバレや感想・ジャンプでの掲載順などをご紹介していきます!

※鬼滅の刃第77話「轟く」のネタバレや感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

鬼滅の刃(きめつのやいば)第78話「ぐねぐね」ネタバレをご紹介します!

「遅いわね。欠伸が出るわ」

ブツン

『隙の糸が切れた!』

せっかく捕らえたかと思った頸でしたが、炭治郞の一撃は、堕姫には届きませんでした。

堕姫の帯によるカウンター攻撃を喰らい、吹っ飛ばされながらも受け身を取ろうと体制を立て直します。

ドドドッ、ズザザ

何とか受け身を取り衝撃を和らげ止まる事ができましたが、炭治郞はヒノカミ神楽の反動でもの凄い動悸と息切れに見舞われてしまいます。

ヒノカミ神楽を連発したことで、疲労が蓄積され筋肉がこわばり、思うように立ち上がれません。

『落ちつけ、呼吸を整えろ』

そんな炭治郞の様子にも情けも容赦もなく、堕姫は表情も変えずに攻撃をたたみかけてきます。

『回復するんだ!!早く!!!』

回復の呼吸をする事で、紙一重で堕姫の攻撃をかわす事に成功します。

持ち直した炭治郞と、堕姫の攻防戦は続き、互いに拮抗を守っています。

『帯が強靱な刃物のようだ。隙の糸が見えてもすぐに切れてしまう。俺の攻撃が遅いんだ』

堕姫に押され気味の炭治郞は防戦一方になっていきます。

体温を上げろ

もっと体温を上げろ!!

炭治郞は強く思います。

ー蝶屋敷での回想に入りますー

炭治郞はケガをした後、蝶屋敷で熱がずっと高いまま下がらないでいました。

心配したきよはしのぶに報告しようとしますが、炭治郞は熱がある状態の方が調子が良いのだと説明します。

ヒノカミ神楽を連続して使えるから、もっと強くなれるかもしれない。

直感ですがそう感じたので、炭治郞はもう少ししのぶには言わぬようにお願いするのでした。

ー現在に戻りー

「しぶといわね、思ったよりも。面白いわ」

堕姫と渡り合えていることに、彼女は炭治郞に多少関心を持ちます。

“ヒノカミ神楽”なら上弦の鬼にも通用する事を、身をもって実感する炭治郞です。

『通用するだけじゃ駄目だ!!勝つんだ!!自分の持てる力全てを使って必ず勝つ』

命を守るために。二度と理不尽に奪わせないために。

『誰も、俺達と同じ悲しい思いをさせない』

鬼によって奪われていった命を思います。

奪われていった命を悲しむ人たちを思います。

「ふふっ。不細工は頑張っても不細工なのよ」

余裕綽々に構える堕姫で、自分の優位を確信しています。

炭治郞はその思いを胸に、気持ちは折れる事なく堕姫に向かっていくのでした。

-少し刻を遡って、“萩本屋”の伊之助はー

普段の姿に戻り、鬼の気配をたどり天井や床などを散々に壊してまわっていました。

伊之助が暴れる様に、お姐さん方も恐怖を感じています。

「グワハハハ!!見つけたぞ鬼の巣に通じる穴を!!ビリビリ感じるぜ鬼の気配!!」

萩本屋の床に大穴を開けてその地面に目的のものを見つけ、気合いも十分な伊之助は覚悟しやがれとその穴に身を投じますが、残念ながら頭しか入りませんでした。

「甘いんだよ。この伊之助様には通用しねぇ」

言うなり、伊之助はゴキゴキと体中の関節を外し始めました。

「俺は体中の関節を外せる男。つまり、“頭”さえ入ればどこでも行ける」

猪頭の男が関節を外し、だるんだるんになる姿を目撃した見世のお姐さんは絶叫します。

「グワハハハ猪突猛進!! 誰も俺を止められねぇ!!」

その細い穴の中を、まさに猪突猛進・・・もの凄い勢いで伊之助は突き進んでいきます。

どんどんすすんで行くと、終点が見えてボン!と体が飛び出ていきます。

「!!」

その空間には、天井をつるすように堕姫の帯が幾重にも張り巡らされていました。

帯の中には、宇随の嫁達や、同僚の花魁達らしき綺麗なお姐さん達が閉じ込められているのを確認します。

「人間柄の布?なんだこりゃ。いや、この感触、生きてる人間だ」

「女の腹巻きの中に捕まえた人間を閉じ込めておくのか。それで好きな時に出して喰うんだ」

良く見たら、足下には無数の骸骨が転がっています。

「ん?」

堕姫の事を知らない伊之助は帯を不思議に思いますが、ほぼ正解の答えを推測できた所で、よだれを垂らして眠る善逸の柄も発見し・・・

「何してんだコイツ・・・」

「お前が何をしてるんだよ」

そのお間抜けな寝顔に呆れつつ呟くと、後方から罵声が飛んできました。

「他所様の食料庫に入りやがって。汚い。汚いね」

ぐねぐね、シュルシュル・・・帯の先端に目口がついた化け物が伊之助に迫ってきます。

「汚い!臭い、糞虫が!!!」

ぐねぐねと、蚯蚓(みみず)のようなその“鬼”に、伊之助がキモッ!と引いた所で第78話が終わります。

鬼滅の刃(きめつのやいば)第79話はこちら

スポンサーリンク

鬼滅の刃(きめつのやいば)第78話感想

伊之助の新たな特技に感心しつつ、目撃した萩本屋の方々が気の毒だなと感じた78話でしたが、ネット上の感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介します。

伊之助の体にはまだまだ不思議が隠されていそうですね!w蚯蚓とか虫とか、自分も人の事言えない動きをしていたよな・・・とふっと笑えます。善逸がブサカワでよかったですね。

週刊少年ジャンプ2017年42号の掲載順をご紹介

42号はこのような掲載順になっていました。

上から

・ONE PIECE(巻頭カラー)
・約束のネバーランド
・Dr.STONE
・ROBOT×LASERBEAM
・ブラッククローバー
・こちら葛飾区亀有公園前派出所(読み切りセンターカラー)
・鬼滅の刃
・ぼくたちは勉強ができない
・レイブンブライ(金未来杯センターカラー)
・斉木楠雄のΨ難
・僕のヒーローアカデミア(センターカラー)
・火ノ丸相撲
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・食戟のソーマ
・青春兵器ナンバーワン
・ハイキュー!!
・銀魂
・シューダン!
・腹ペコのマリー
・クロスアカウント
・磯部磯兵衛物語

作者コメント欄
で、21作品になっています。

『鬼滅の刃』今週の掲載順番は7番目でした。今週もほぼ変わらず安定の位置です。
ここ5週の掲載順番は『7番、6番、7番、9番、5番(最新号から)』ですので、平均は変わらず6番位になっています。

まとめ

やはり、そう簡単に頸は取らせてくれませんでしたね・・・

堕姫と何とかやり合えてる、命を守りたいという炭治郞の強い気持ちは心を打ちますね。

ヒノカミ神楽は高熱の方が使えると新情報でしたが・・・きよちゃんではないけど体に何らかの負担がないのかと心配になってしまいます。

伊之助はかなりファインプレーですが・・・食料庫でも戦いが始まると本体の方にも影響あるのでしょうかね? 色々謎も残しながら終わったので、次週も楽しみです!

スポンサーリンク