キングダム47巻を無料で読む方法!発売日と48巻ネタバレも

キングダム最新刊の発売日情報をご紹介していきます!

ちなみに、こちらの記事を書いた2017年9月12日現在のキングダム最新刊は47巻(2017年7月19日発売)になります。

スポンサーリンク

キングダム最新刊48巻発売日はいつ?

キングダム最新刊48巻の発売日はまだ発表されていませんので、直近の単行本発売日から予想してみました。

キングダムコミックス直近の発売ペース

キングダム43巻/ 2016年7月19日発売

↓3ヶ月

キングダム44巻/2016年10月19日発売

↓3ヶ月

キングダム45巻/ 2017年1月19日発売

↓3ヶ月

キングダム46巻/ 2017年4月19日発売

↓3ヶ月

キングダム47巻/ 2017年7月19日発売

43巻~47巻の発売日までの間隔を見ていると、コンスタントに3ヶ月間隔で最新刊が発売されています。
43巻以前を見ていてもほぼ3ヶ月間隔となっているので、原泰久先生は一定のペースで連載を続けておられるようです。
となるとキングダム48巻は2017年10月19日(木)に発売される可能性が非常に高いのではないかと予想されます!

スポンサーリンク

キングダムを無料で読む方法!

キングダム最新刊はU-NEXTで無料で読むことができます!

U-NEXTは豊富なラインナップで、急速にユーザー数を増やしている最も人気のあるVOD(動画配信)サービスのひとつなので、一度は名前を聴いたことがあるではないでしょうか?

映画やドラマの動画配信サービスという印象の強いU-NEXTですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

マンガに関しては月額基本料金内での見放題扱いではないのですが…

31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、『キングダム』はポイント利用対象作品なので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『キングダム』最新刊を読むことが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっている映画・ドラマ・雑誌は、もちろん無料で見られます!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

マンガ『キングダム』最新刊を無料で読む

キングダム86巻のネタバレ

マンガ『キングダム』最新刊を無料で読む

秦連合軍、国の興亡を懸け、趙王都圏へ。覇権の行方は!? 趙軍驚愕の秦連合軍による趙王都圏進軍。未踏の領域への進軍に立ちはだかる最初の関門は趙国門・列尾! 秦軍は突破出来るのか…!? さらに今決戦の最大の攻略標的地・ギョウをめぐる王翦と李牧の知略戦が誰もが予期せぬ方向へと進んでいく…!?

引用:U-NEXT

キングダム86巻の収録話

第504話 趙の国門
第505話 熱狂
第506話 山の民の攻城戦
第507話 仁と淡
第508話 山民族の剣
第509話 矛の継承者
第510話 新兵達の夜
第511話 列尾の罠
第512話 鄴の正体
第513話 中華の予測
第514話 愚策の極み
第515話 小城の流民

キングダムの登場人物

信(しん)
本作の主人公。戦争孤児の少年。自らの腕で「天下の大将軍」となることを目指す。1話冒頭で「李信」と呼ばれている。豪気かつ直情径行で、自分の意志を貫く頑強な心を持つ。ただ礼儀作法は知らず、秦王である嬴政も堂々と呼び捨てている。
相手が格上であってもそれに比例して自分の実力を底上げする武の天稟の持ち主。漂によると「自分が勝てない相手に信は勝つことができる」と言う。当初は自分の武力で全てを片付けようとする猪突猛進型であったが、王騎からの修行や助言、幾多の経験を経て「将軍」としての実力を身に付けていく。
王都奪還編後、昌文君から恩賞として土地と家(小屋)を与えられ下僕から平民となる。更に対魏国戦争における武勲により、まだ少年ながら百人将へ取り立てられる。趙軍侵攻編では王騎に「飛信隊」の名を貰い、趙将の馮忌を討ち取るという大功を上げる。その後、龐煖の夜襲によって大半の隊員を失うものの、生き残った仲間たちと王騎の最期に立ち会い、王騎から矛を譲り受けた[注 1]。
趙との戦争の後は三百人将へ格上げされ、廉頗率いる魏軍との決戦直前には蒙恬や王賁とともに臨時千人将となった。その戦いの終盤、廉頗四天王の一人である輪虎を激戦の末に討ち果たした大功を認められ、正式に千人将へと昇進する。昇進直後は千人隊の規模の大きさが災いして連戦連敗を喫したが、貂が軍師として参入したことで持ち直した。
対合従軍戦では麃公軍へと組み込まれ、趙将の万極を討ち取った。この際、麃公の軍から隊員を臨時補充され、二千人将の扱いとなる。その後、最期を見届けた麃公から遺品となる盾を託された。そして、叢の戦いの終盤では、龐煖を一騎討ちの末に撃退する。
対合従軍戦終結後、論功行賞で三つの特別準功の一つとして正式に三千人将へ昇進し、飛信隊を率いて国境の防衛と復興に向かった。屯留の反乱では、謀略に嵌められた成蟜を救出する密命を課せられたが、成矯の救出には間に合わなかった。その際すでに四千人将に昇進しており、武器を剣から矛に代えている。
著雍争奪戦では、魏軍本陣を陥落させる為の三つの主攻の一つを任され、魏火龍・凱孟と激突。討ち取ることはかなわなかったが、河了貂の策により凱孟軍を退けることに成功。遅ればせながら魏軍本陣へ向かう途中で呉鳳明の一行と遭遇し襲撃するが、呉鳳明の咄嗟の機転から、誤認した霊凰の方を討ち取った。著雍戦後には、簡易的な論功行賞で王賁と共に五千人将に昇進した。
秦国統一編では、貂が読み解いた昌平君からの暗号文によって政の加冠の儀での危機を知り、隆国の許可を得ずに一千の兵を率いて咸陽に駆けつける。咸陽攻防戦では、呂不韋の息のかかった王宮警備兵に隙を突かれて腋腹を刺されるが、負傷を押して麗たちの危機に間一髪で駆けつけ、樊琉期を倒して麗たちを救った。
黒羊戦では、初日に丘右側を奪われる失態を犯すが二日目に奪い返し、四日目に桓騎に慶舎をおびき出す為の囮に利用されるが、陣を再生させる前の慶舎を奇襲して討ち取る武功を挙げた。しかし、五日目に民間人を虐殺した桓騎兵を激怒した羌瘣が殺したことで、武功取り消しになった。
始皇十一年の鄴攻略戦では、貂と共に事前に咸陽に呼び出され、昌平君たちから鄴攻略の戦略を説明された。そして、咸陽からの出陣の際に政から長年預けていた王騎の矛を受け取った。初戦の列尾城の戦いで、王騎の矛で敵を大いになぎ倒すも、矛が重いせいで明らかに振り遅れており、無駄に敵の攻撃を受けて負傷してしまうが、山民族軍と共に列尾城を陥落させ、城の頂上に秦国の旗を掲げた。

漂(ひょう)
信の幼馴染の親友。信と共に大将軍になることを夢見て武芸の稽古に明け暮れた。対戦成績は1253戦334勝332敗587引き分け+2戦分(勝敗不明)。
政と瓜二つの容姿により、昌文君に身請けされ王宮に仕官する(その役割は政の影武者であり、宮殿に着くまで召し抱えられた理由を聞かされなかったが、最終的に納得した)。王弟反乱の際、刺客の徐完に深手を負わされながら村へと戻り、信に全てを託して力尽き死亡した。恐らく初陣ながらも政の影武者としての役割を全うし、窮地に陥りながらも兵を鼓舞し、戦う姿は既に将であったと壁が語っている。
葬儀の際には、隣村から弔問する者がいるほど様々な人に慕われていた。

嬴政(えい せい)
国の若き王。後の始皇帝。漂と瓜二つの容姿をしている。
出生の関係から幼少時代を趙国で育ち、その際、趙の人々に憎しみの対象として虐げられていたため、味覚・痛覚・嗅覚が全く無く、他人を一切信じようとしない荒んだ性格であった。昭王の崩御後、秦国への帰路で紫夏との出会いを通じて失っていた五感や人を信じる気持ちを取り戻した。
現在の性格は冷静でポーカーフェイスを崩さないが、昌文君や信たちのことを信頼している。武芸にも長けており、信の胸倉を掴んで片手で持ち上げるなど腕力も高い。
王都奪還の際、中華を統一する最初の王になると公言し、成人して正式に王となるために呂不韋陣営と政争を繰り広げる。
対合従軍戦終盤、南道から進軍してきた趙軍に対抗するため、自ら最後の戦場となる蕞へ向けて出陣する。蕞の戦いの中盤で士気を極限まで高める為に自ら前線に出て戦うが、その際に重傷を負った。しかし、翌日には重傷を隠して兵たちを鼓舞し続け、7日目に勝利を得た。
秦国統一編では、加冠の儀を最後までやり遂げ、呂不韋との対談では人の本質は光であると説いて、中華統一の真意を語って政敵である呂不韋を感嘆させた。そして、咸陽での勝利で遂に呂不韋との長年の政争に勝利した。
黒羊戦後、斉の王建王との会談で、斉王の「六国を滅ぼした後、どのように治めるのか?」との問いに対し、「人ではなく法によって治める」と解答し、斉王を感嘆させ、口約束であるものの、斉の事実上の降伏を勝ち取った。

河了貂(かりょう てん)
黒卑村に住んでいた、梟鳴(きゅうめい)という山民族の末裔。鳥の頭を模した蓑を被っており、初めて見る者は謎の生き物と思う事が多い模様。
当初は金のために政と信に協力していたが、共に行動するうちに懐いていき、やがて仲間となる。やや幼い容姿と着ている蓑のために、登場時はどちらの性別か不明であった。王都奪還編のときに女性と明らかになるが、貂がそのことを明かさなかったために、信は長い間気づいていなかった。
得物の吹き矢は、王都奪還編でムタから貰ったものである。非力な彼女はこれを気に入っている。
幼くして天涯孤独になって以降、一人で生き抜いていくために様々な知識や技能を身につけており、字を読むこともでき、史についても学んでいる。特に料理の腕前は、冷徹な羌瘣が我を忘れるほど一級品。
王都奪還後は信と共に暮らしていたが、段を飛ばして力をつけていく信や同じ女性でありながら凄まじい強さを持つ羌瘣の姿を見て自分も同じ場所に立ちたいと思うようになり、軍師になることを決める。羌瘣の紹介により昌平君の下で蒙毅と共に兵法を学び、千人隊の長となった信のもとへ軍師として戻る。また、この際に自分が女性であることを信に明かした。当初はその容姿や性別から飛信隊の面々に侮られ、信用されなかったが、的確に状況を判断して策を指示し、隊の窮地を救ったことで受け入れられた。
その後も軍師として活躍し、対合従軍戦の終盤の蕞の戦いでは軍師の一人として参陣するが、蕞の城壁から落下しそうになったカイネを思わず助けたりするなど、非情に徹しきれない一面を見せた。
著雍争奪戦では、初日から前線へ出過ぎたことで荀早隊に囚われる失態を犯すも、咄嗟の判断で羌瘣に荀早を捕らえさせた。その夜、魏国兵たちに槍で小突き回されるが、眼前の凱孟からの問いに臆せず素直に胸の内を語ったことで、それ以上は粗略にされず、翌日の人質交換で飛信隊に生還した。そして、最終日の朝に信たちへ立案した作戦を説明し、秦軍の勝利に貢献した。
秦国統一編では、昌平君からの暗号文を読み解いて政の加冠の儀での危機を知り、政たちに伝えた後に信や飛信隊一千と共に咸陽に駆けつける。咸陽攻防戦では、尚鹿に同行して駆けつけた昌平君軍の狙いにいち早く気づいて、反乱鎮圧軍を戦術の援護に動かして昌平君軍を援護し勝利に貢献した。黒羊戦では、二日目に丘右側を奪取する為に奇策を立てて、丘右側を奪取することに成功した。
鄴攻略戦では、信と共に事前に咸陽に呼び出され、昌平君たちから鄴攻略の戦略を説明された。

羌瘣(きょう かい)
伝説の刺客一族「蚩尤」の後継候補として育てられた羌族の少女。年齢は信の一つ下。緑穂(りょくすい)という剣を武器に戦う。
蚩尤を決める“祭”で姉のように慕っていた羌象を謀殺された事から、復讐のためだけに生きる道を選び、里を出奔。しかし一族からは、“祭”で勝ち残ってもいないのに外界へ出ているため、裏切り者と呼ばれている。
対魏国戦争編で澤圭の伍の一人として登場し、初陣の信と出会う。その後の刺客襲来編を経て、趙軍襲来編で百人隊として結成された飛信隊の副長となる。山陽攻略編で飛信隊が三百人に増強されてからは、その剣技に加え、戦術立案でも隊を支えていく。登場時は他人との慣れ合いを嫌っていたが、徐々に周囲に心を開くようになり、飛信隊を自分の居場所だと思うようになる。しかし自分の道はあくまで仇討ちの先にあり、このままでは先に進めないという思いから、山陽戦決着の後、再び戻ってくることを約束し、飛信隊と別れて仇討ちの旅へと出発した。
合従軍と戦い終えた飛信隊が秦国国境の戦災村落で防衛と復興に務めている頃に、同族の羌明からの情報で趙国の老山山中で遂に仇の幽連と遭遇する。“祭”の時よりも格段に力をつけた幽連の前に窮地に追い込まれるも遂に幽連を討ち果たし、飛信隊を離れて392日目に帰途に付いた。そして飛信隊に帰還し、帰還前に立てた二つの目標の一つ目である大将軍になるという願いを叶える為に、戦功を重ねる。屯留の反乱が起こった頃には、千人将に昇進していた。
著雍争奪戦では、河了貂の作戦によって信の本隊とは別働の二千で魏軍本陣を目指すと、玉鳳隊や録嗚未軍に遅れたことが幸いし魏軍本陣の司令部へ最初に突入を果たす。総大将の呉鳳明を取り逃がすも、周囲一帯を焼き払いその狼煙で全戦場に秦軍勝利の報を伝えさせた。著雍戦後に、簡易的な論功行賞で三千人将に昇進した。
黒羊戦では、一日目の夜に敵陣地にいた劉冬を襲撃するが、互いに重傷を負ってたどり着いた村の混バァに治療される。そして、混バァから離眼の悲劇について聞かされ、四日目の終盤で戦場に復帰し、劉冬を討ち取った。しかし、五日目に桓騎軍が混バァを含めた村人全員を虐殺した事に激怒し、桓騎兵を殺害した事で信の武功が帳消しになってしまった。
作中、徐々に信に対して信頼を寄せてきたり(現在はほぼ信頼している)、気遣ったりしている場面がよく見られるようになる。特に、秦趙同盟の席にて舞妓に鼻の下をのばす信を蹴ったり、河了貂と二人きり(実際には政もいたが)になろうとする信に疎外感を覚えたりと、恋愛感情のようなものを持っているようにも見える。後に飛信隊への帰還前に立てた二つの目標の二つ目である、信の子を産むという願いにその想いが反映していたが、河了貂から子作りについての詳細を聞かされたことで、しばらく信を避けていた。

引用:ウィキペディア

マンガ『キングダム』最新刊を無料で読む

キングダム最新刊の感想

キングダム発売日一覧

過去のキングダム単行本発売日を一覧にまとめました!

今後のキングダム最新刊発売日の参考にどうぞ!

巻数 単行本発売日
キングダム 1巻 2006年5月19日発売
キングダム 2巻 2006年8月18日発売
キングダム 3巻 2006年11月17日発売
キングダム 4巻 2007年2月19日発売
キングダム 5巻 2007年5月18日発売
キングダム 6巻 2007年7月19日発売
キングダム 7巻 2007年10月19日発売
キングダム 8巻 2007年12月19日発売
キングダム 9巻 2008年3月19日発売
キングダム 10巻 2008年6月19日発売
キングダム 11巻 2008年9月19日発売
キングダム 12巻 2008年12月19日発売
キングダム 13巻 2009年3月19日発売
キングダム 14巻 2009年6月19日発売
キングダム 15巻 2009年9月18日発売
キングダム 16巻 2009年12月18日発売
キングダム 17巻 2010年3月19日発売
キングダム 18巻 2010年6月18日発売
キングダム 19巻 2010年8月19日発売
キングダム 20巻 2010年11月19日発売
キングダム 21巻 2011年2月18日発売
キングダム 22巻 2011年5月19日発売
キングダム 23巻 2011年8月19日発売
キングダム 24巻 2011年11月19日発売
キングダム 25巻 2012年2月17日発売
キングダム 26巻 2012年5月18日発売
キングダム 27巻 2012年8月17日発売
キングダム 28巻 2012年11月19日発売
キングダム 29巻 2013年2月19日発売
キングダム 30巻 2013年4月4日発売
キングダム 31巻 2013年7月19日発売
キングダム 32巻 2013年10月18日発売
キングダム 33巻 2014年1月17日発売
キングダム 34巻 2014年4月18日発売
キングダム 35巻 2014年7月18日発売
キングダム 36巻 2014年10月17日発売
キングダム 37巻 2015年1月19日発売
キングダム 38巻 2015年4月17日発売
キングダム 39巻 2015年7月17日発売
キングダム 40巻 2015年10月19日発売
キングダム 41巻 2016年1月19日発売
キングダム 42巻 2016年4月19日発売
キングダム 43巻 2016年7月19日発売
キングダム 44巻 2016年10月19日発売
キングダム 45巻 2017年1月19日発売
キングダム 46巻 2017年4月19日発売
キングダム 47巻 2017年7月19日発売

まとめ

王道のヤングジャンプの看板漫画キングダム!

巻数を発売すればするほど面白くなって行きますね!

こちらの記事ではキングダム最新刊発売日情報を随時更新していきますので、引き続きチェックのほど、よろしくお願いします!

スポンサーリンク