食戟のソーマ第229話「3rd BOUT」ネタバレと感想!掲載順も

食戟のソーマ(附田祐斗・佐伯俊先生作)第229話「3rd BOUT」(2017年9月4日発売の週刊少年ジャンプ40号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では食戟のソーマ最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

※食戟のソーマ第228話「希望の連帯」のネタバレや感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

※第225話~第227話は追って更新致しますので、もう少々お待ちくださいね!!

スポンサーリンク

食戟のソーマ第229話「3rd BOUT」ネタバレ紹介

3rdBOUTの朝、宿泊先の遠月リゾート系列の礼文島のホテルに、創真達反逆者チームも滞在しています。

3rdboutに出る創真、恵、タクミはそれぞれの方法で会場への迎えを待つ時間を過ごしています。

集中力を高めているタクミに、緊張をほぐすため「人」の字の書道をする恵。創真は相変わらず緩い感じでアリス達とトランプを楽しんでいました。

「お、そろそろ車が来る時間だな。そーいや十傑メンツの姿、まだ見てねーけど・・・」

創真が気にしたその時、エレベーターから、ももが降りてきます。

「あれ、一人っすか?他の二人は・・・」

「・・・もう会場に行ったよ。二人とも戦闘開始が待ちきれないとか言ってた」

創真が尋ねると、ももは意外にもしっかり会話を交わしてくれます。

竜胆や司が2ndBOUTの疲れが抜けず、部屋で休んでいる事も。

斉藤だけは連戦で3rdBOUTにも出場するようです。

人見知りかと思ったももは、時間が経てば意外とおしゃべり好きな人だと一色は言います。

そして、創真達1年生のことを「たくみゃん、いさみゃん」などと、本人曰くかわいいあだ名を付けて呼び始めます。

「ももはね、かわいいものが好き。全ての食べ物の中でいちばん可愛いのはスイーツだから。だからパティシエになったんだ。おんなじように・・・誰かの名前を呼ぶときも可愛く呼びたいの」

一見フレンドリーに見える行動でしたが、一色は共にいた時間から気がついていました。

「・・・・・・・・・・・・・・・」
何も言わずに静観していますが、心の中で一色は思います。

もも先輩が可愛いと愛でる・・・それは相手を下に見ているということだと。

彼女があの呼び方を使うのは、自分より格下だと思っている人間だけなのだと。

「そうそう・・・めぐみゃんも。よろしくね」

恵を『あの呼び方』で呼び、もの凄く迫力のある睨みを利かされながら、形ばかりの挨拶を交わされます。

恵の相手はかなりの格上の、ももなのでした。

-3RDBOUT、会場入りー

相手は叡山と斉藤、そしてもも。

「昨夜はよく休めたか、叡山よ。敵は下級生とて強力だ・・・・・・意気軒昂にて臨もうぞ」

「えぇえぇ、意気なら軒昂、気力なら充実しまくってますよ。イライラと殺意のせいでね・・・・・・!」

みなぎる殺気で叡山のやる気も満ちています。

「おっしゃー、いくかね」

「あぁ、臆せずぶつかろう」

創真達1年生も気合いは競り負けてはいません。

「・・・・・・田所さん大丈夫か?」

「うん・・・・・!自分で言い出した事だもん。なんとか・・・ううん!ぜったい!やりきってみせるよ・・・・・・!」

恵を気遣うタクミに、お守りを握りしめながらも前を向き堂々と言い切った事に、創真も頼もしそうに微笑みます。

「ぜったい・・・いやえっとたぶん・・・」
と、結局はあがってしまっている部分もあり、締まりきらない部分もありましたが・・・。

「田所さん。アルディーニくん。それと・・・幸平くんも」

恵がテンパり気味になっている所で、凜とした激励の声がかかります。

「がんばってね」

えりなの言葉に、3人の士気は高まります。

3rdBOUTが始まります。司会の麗が対戦相手の紹介をして、会場を盛り上げていきました。

第一カードは幸平創真VS斉藤綜明。

第二カードはタクミ・アルディーニVS叡山枝津也。

そして、第三カードは田所恵VS茜ヶ久保ももになります。

いちばん格上の相手に、選抜ベスト8に残ったとは言え、万年落ちこぼれだった恵を対戦させるなんて、このカードは捨てたつもりなのかと会場中がどよめいています。

ですが、恵の表情は勝負を捨てている人のものではありません。

『落ち着いて・・・慌てないでいけば大丈夫。礼文島に来るまでの間、つきかげの中であんなに特訓をしてもらったんだ』

堂島や、城一郎達の一流のシェフから学んできました。

『それに・・・』

ー数週間前のつきかげ食堂車ー

『明日は田所くん一人で厨房に来てくれ』

そう堂島に言われ、やってきていた恵はぽつん、と待たされています。

『今日から別メニューを始めるって言ってたから、それについての話かなぁ・・・?』

待っている間にそう考える恵の元に、思いがけない人物が現れました。

「よう、鈍間。何とか遠月から振り落とされずに済んでるらしいな」

「し・・・四宮シェフ!!?」

その声に驚き振り向いた先には、かつて恵を退学寸前まで追い込んだ、四宮シェフが現れた所で、第229話は終わります。

食戟のソーマ最新第229話はこちら

スポンサーリンク

食戟のソーマ第229話感想

最後の最後で現れた四宮さんに個人的に嬉しくなった229話でしたが、ネット上の皆さんの感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介します。

とても熱烈なタクミ愛を感じます。叡山相手なら勝てる・・・?でもまだ本気を出していない腐っても十傑のお方ですからね・・・楽しみな一戦ですね。

相当、凄まじい一戦だったのでしょう・・・。ちゃんとした方が疲れはとれそうなものですよねw

まさかの四宮先輩出現に、喜びの声がかなりみられました。

週刊少年ジャンプ2017年40号の掲載順をご紹介

40号はこのような掲載順になっていました。

上から

・Dr.STONE(巻頭カラー)
・ROBOT×LASERBEAM
・ONE PIECE
・火ノ丸相撲
・斉木楠雄のΨ難
・約束のネバーランド(センターカラー)
・鬼滅の刃
・ぼくたちは勉強ができない
・ジキルの使い魔(金未来杯センターカラー)
・ブラッククローバー
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・ハイキュー!!
・食戟のソーマ
・HUNTER×HUNTER
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・磯部磯兵衛物語(センターカラー)
・シューダン!
・青春兵器ナンバーワン
・クロスアカウント
・腹ペコのマリー

作者コメント欄
で、21作品になっています。

『食戟のソーマ』の今週の掲載順番は13番目で、中盤ですね。
ここ5週の掲載順番は『13番、1番、10番、5番、12番(最新号から)』ですので、平均は8番になっています。

まとめ

意外、でした。が、必然だったのでしょうか。この対戦の組み合わせ。

誰が勝つかが予想しにくく面白いですね。きっと主人公は勝つ!でしょうが・・・

ストレート勝ちも負けもなさそうですが、誰が勝っても面白苦なりそうですね、この先の展開は。

予想にもしなかった大人気四宮さんが再登場で、恵圧倒的不利に感じられますが、実力の底上げに期待!!

次週は四宮さんがたくさん出るのかと思えば嬉しいファンも多そうです。

スポンサーリンク