西行桜の勝持寺2016年の見頃は?開花予想やアクセス・周辺情報も

勝持寺は別名「花の寺」と呼ばれるほど見事な桜が咲き誇る寺です。

西行法師ゆかりの寺で、「西行桜」と呼ばれるしだれ桜が有名です。それ以外にも様々な桜が境内を彩ります。

すぐ近くに高速のICがあり、京都の他の名所から離れていることから、京都の桜の名所の中では珍しく車でのアクセスが便利なスポットとなっています。

今回はそんな勝持寺について紹介します!

スポンサーリンク

勝持寺2016年の開花予想、見頃の時期

最新の日本気象協会の予想(3/9現在)では京都のソメイヨシノの開花予想は例年よりやや早めで、3/25(金)に開花、4/2(土)に満開となっています。

一方、ウェザーマップの開花予想(3/14現在)はそれよりも早い3/21(月)に開花、3/31(木)に満開の予想となっており、観測機関によって開花予想に大きく差が出ています。

3/30(水)~4/3(日)あたりがどの予想でも対応できる日と言えそうです。

西行桜と呼ばれる桜はしだれ桜ですが、ソメイヨシノより若干早く咲きます。

また、勝持寺にはソメイヨシノもあるので、ソメイヨシノが満開直前の段階で行くと、両方の桜を堪能できてよいと思います。

2016年、勝持寺の開花予想

開花予想日 3/25(金)頃

満開予想日 4/2(土)頃

スポンサーリンク

アクセス

バス

  • 市バス 西2系統’(阪急桂駅方面より)「洛西高校前」バス停下車、徒歩30分
  • 阪急バス 63・65系統(阪急東向日駅・JR向日町駅方面より)「南春日町」バス停下車、徒歩20分

電車

阪急桂駅、阪急東向日駅(いずれも阪急梅田駅より約30分強、阪急河原町駅より約10分前後)、JR向日町駅(JR京都駅より約7分、JR大阪駅より約35分)のいずれかより上記バス、もしくはタクシーに乗り換え

  • 京都縦貫道 大原野ICより南、すぐ近く
  • 京都市内より 国道9号から沓掛交差点を左折

駐車場

無料駐車場有り(20台)

アクセス情報

バスは最寄りのバス停からでも結構な距離を歩く必要があります。また、阪急バスは発車本数が少なめなので発車時刻に注意してください。

この季節の京都市内は全体的に車が多いですが、この一帯は市内とはいっても郊外であることや勝持寺以外に有名なスポットが少ないことから、渋滞はそれほど心配しなくていいと思います。

よって車で行くと近くまでアクセス出来て便利です。

ただし勝持寺周辺は混雑する可能性があります。

また駐車場が狭いことから駐車できない可能性もあります。お金はかかりますが、隣接する大原野神社の駐車場(400円)を利用するのもよいと思います。

より便利な方法として、タクシーがあります。少々お金がかかりますが、駐車場についても気にしなくていいので、お金に問題がなければ一番確実な方法です。

周辺情報

トイレは勝持寺内に一か所あります。シーズン中は混雑するかもしれないので注意してください。

大原野神社の駐車場を利用する方はそちらにもトイレがありますので、そちらで済ませておいてもよいでしょう。

コンビニは周辺にはありません。買い物は勝持寺へ来る前に事前に済ませておきましょう。

西行桜の勝持寺2016年の見頃は?開花予想やアクセス・周辺情報も のまとめ

勝持寺は京都の桜の名所の中では珍しく車でのアクセスが便利なスポットとなっています。

「京都市内の名所は車であふれていて嫌!」という方は、この「花の寺」を予定に入れてみてはいかがでしょうか。

以上、西行桜で有名な勝持寺の2016年桜開花情報をご紹介しました!

スポンサーリンク