ワンピース第873話ネタバレと感想!「“八方塞菓子”」掲載順も

ワンピース(尾田栄一郎先生作)第873話「八方塞菓子」(2017年7月24日発売の週刊少年ジャンプ34号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

※ワンピース第872話「とろふわ」のネタバレや感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

ワンピース873話「八方塞菓子」ネタバレ・あらすじ紹介します。

シュトロイゼンの能力で、本物のホールケーキに変化した城が倒壊し、下敷きになった人達を救出するべく動いています。

「なんと!ちょっと待て!!お茶会はそんな事態になっていたのショコラ!?」

「ム…麦わらの一味が!?」

状況を知らずにいたニワトリ男爵に実情が知らされます。

結婚式もウエディングケーキもめちゃくちゃで、ヴィンスモーク家の暗殺も失敗し、ベッジが裏切りビッグマムの暗殺を計画していたことを。

ニワトリ男爵はベッジの実力を買っていたのにと憤慨します。

「んでも、爆発に関しては、一切謎のままだねぇ」

シャーロット家の3女、コンポ―トが口を挟みます。

一緒に屋上にいたのだから、ルフィたちがやったのなら自殺行為なのでその線は薄いと見ます。

ですが、茶会の間通信手段が一切遮断されていたのはベッジ達の仕業だとわかります。

それは、ジンベエ率いるタイヨウの海賊団が、お茶会の間に荷物をまとめて逃げ出してしまったことを伝えたかったが、それがかなわなかったからです。

「そうさあいつら逃げやがったんだガオ!!」

「ぺコムズ!?」

「魚人海賊団全員荷物をまとめて逃げやがったんだ!!いったい何のつもりで…」

その中にまぎれたぺコムズが煽るように憤ります。

・ ・ ・

「え!?ジンベエが…!!脱退して麦わらの一味に!?」

「ああ…おそらくその為だ」

一方のカタクリ達にも、ジンベエの動向は伝わっています。

「ママの怒りの飛び火は明らか。それを伝え仲間を逃がすためにジンベエは一旦脱退を取り下げたんだ」

「ジンベエらしい周到な作戦だねぇ…」

ベッジの元にも、ルフィ太刀之本にも軍隊を向かわせ、ジェルマにも別働隊を追わせた子供達です。

カタクリは泣きわめくブリュレをつれ麦わら達を追おうとします。

が、その時

「皆街から離れよー!!!できるだけ遠くへ-!!」

スムージーが血相を変えてやってきます。

背後からは食い患いを起こしたビックマムの姿が追ってきています。

「まさかこんな時に…!?」

モンドールは驚愕します。

ウエディングケーキを壊され食べ損ねたことで、ビッグマムは食いわずらいの発作で暴れています。

その手に持っていたのはオペラで、寿命を抜かれた状態になっていました。

この状態になったビッグマムは手を付けられないので、誰も近づかずにどうにかその発作を抑えようとします。

唯一何とか出来そうな総料理長のシュトロイゼンは、皆を救った後着地に失敗して大怪我を負ってしまい、料理をできる状態ではありません。

そんな中、苦肉の策で交渉を持ちかけたのはキャンディー大臣(ペロス)でした。

「ママ!ウエディングケーキはあるぞ!ケーキには予備があったんだ!!」

ペロスは口から出任せではありましたが、ケーキには予備があり、それは麦わらの一味が盗んで行ったとママに申告します。

「ウェディングケーキ…!!」

「そうさ、あいつらが持ってる!!」

多少聞く耳を持っていたので、追ってくれれば一石二鳥と内心思いますが、ビッグマムはそんな誘導に納得して動いてくれるのかと動向を見守る皆でしたが…

ものすごい脅しの言葉を残し、くものゼウスを呼ぶと、ビッグマムはきんと雲のように操り、ルフィ達一味を追いかけていきます。

「マズイ事に…」

ビッグマムが去って行った後、釘を刺されたペロスは恐怖にその場にへたり込みます。

もしもビッグマムが麦わらを倒し戻ってきても、ケーキはここにはない。材料もない。

作れるシュトロイゼンが手に入りにくい最高の素材を使い何日もかけてこしらえたウエディングケーキは、当人もあの状態な上、他には作れない…

「さらに厄介なのは、ママはあのケーキを一口も食ってないんだ…ペロリン♪」

「!!?」

「じゃあ、今回の「お題」は!?」

「ママの想像の中で膨らんだ、食べたこともないおいしいケーキ」だ!!そんなもの一体どこの誰が作れる!?」

「マズイ名…少なくともこの島は滅ぶ!!その先は“未知数”だ……!!」

ものすごく高いハードルになってしまったケーキに、子供達は顔を見合わせて固唾を呑むばかりです。

「私が助けてあげようか?」

打つ手ををなくして黙り込んでいた子供達に、そう助け船を出したのは、プリンでした。

ですが、シフォンは敵に回ったベッジの妻、そうことは上手くいくかと危ぶまれたが、いうことを聞かすと、第3の目を開かせた悪プリンは銃を構えます。

彼女曰く、幻の食材の予備は一旦ショコラタウンに集められていたので本当にあると言います。標的を片づけたら、ビッグマムをショコラタウンに誘導するようにプリンはペロスに言います。

「本当か、助かるぞプリン!!」

「サンジに侮辱されたの私…!!あいつらを倒してくれるなら、ママにご褒美くらいあげなくちゃ」

プリンは、サンジがプリンの第3の目を嘘偽りのない表情で「なんて…美しい瞳だ…」と褒めたことを思い出します。

-一方のルフィ達は-

逃走の最中で、キングバームと再会します。

キングバームに乗り込み、逃げ続けますが、ビッグマムの兵隊達に見つかって追いかけられます。

そのかれらの後ろから、ものすごい勢いで上空を通り過ぎていくのは…

「ウェ~~~~…ディ~ング…ケ~~~~~~キ!!!」

剣を構え、あっという間にルフィ達を乗せたキングバームに追いついてしまいます。

ええええ!?と驚くルフィ達に、ケーキをよこせと迫ってきたところで、第873話が終わります。

スポンサーリンク

ワンピース第873話感想

やっぱり起きてしまった食いわずらいの発作に、プリンの真意が気になる873話ですが…

ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね!

なかなか気の毒なペロスですね。子供にも容赦ないのだから恐ろしい人です。ビッグマム。

プリンの言葉をそのままとらえていいのか裏があるのか。確かにその可能性もあるかもですよね。。。

週刊少年ジャンプ2017年34号の掲載順をご紹介

34号はこのような掲載順になっていました。

上から

・僕のヒーローアカデミア(巻頭カラー)
・約束のネバーランド
・ONE PIECE
・鬼滅の刃(センターカラー)
・Dr.STONE
・ROBOT×LASERBEAM
・シューダン!(センターカラー)
・HUNTER×HUNTER
・斉木楠雄のΨ難
・ブラッククローバー(センターカラー)
・食戟のソーマ
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・ぼくたちは勉強ができない
・ハイキュー!!
・火ノ丸相撲
・クロスアカウント
・青春兵器ナンバーワン
・銀魂
・腹ペコのマリー
・磯部磯兵衛物語

作者コメント欄
で、20作品になっています。

『ワンピース』今週は3番目です。

上位3つ以内…いつもと変わらない定位置といった感じですね。

ここ5週の掲載順番は『3番、1番、2番、2番、3番(最新号から)』ですので、先週と変わらず平均して2番位になっています。

35号は休載ですので、楽しみが少々伸びてしまいますね…

まとめ

食いわずらいの発作のお題がものすごくハードルの高い物になってしまいましたね…

子供たちや国民は大変なことになってしまいそうになった所で、命を張ったペロスの機転で何とか一時の危機は逃れ、逆にるふぃたちにはまた危機が訪れてしまいました…

ビッグマム編終盤にさしかかっているのかな?と思っていましたが、まだもう一戦有りそうな予感でしょうか…どのように危機を乗り切るか、色々考えるのも趣深く…

次週は休載ですので、その次の合併号を楽しみに待ちましょう。

スポンサーリンク