ワンピース最新刊87巻の発売日はいつ?86巻ネタバレと無料試読も

2017年で連載20周年を迎える超人気漫画、ワンピース(ONE PIECE)の86巻が2017年8月4日に発売されます。

こちらの記事では、過去のデータからワンピース最新刊87巻の発売日予想と86巻全話のあらすじネタバレをご紹介していきます。

ワンピース最新話あらすじネタバレはこちら

スポンサーリンク

ワンピース最新刊87巻の発売日は?

これまでのワンピース(ONE PIECE)の単行本発売日は以下のようになっています。

巻数 タイトル 発売日
78巻 悪のカリスマ 2015年7月3日発売
79巻 LUCY!! 2015年10月3日
80巻 開幕宣言 2015年12月28日
81巻 ネコマムシの旦那に会いに行こう 2016年4月4日
82巻 ざわつく世界 2016年7月4日
83巻 海賊「四皇」シャーロット・リンリン 2016年11月4日
84巻 ルフィーVS.サンジ 2017年2月3日
85巻 ウソつき 2017年5月2日
86巻 タイトル未定 2017年8月4日
87巻 タイトル未定 未定

ワンピースの作者である、尾田栄一郎先生は休載をほとんどしないこともあり、ワンピースのコミックスは3ヶ月〜4ヶ月おきに確実に発売されています。

ジャンプコミックスは毎月4日発売が基本なので(4日が土・日・祝日に被る場合は前倒しで発売されます)

ワンピース最新刊87巻の発売日は2017年11月2日(木)になる可能性が高いです!

もし、4ヶ月空いてしまうパターンになっても、2017年12月4日(月)には発売されるので、2017年中にもう1冊ワンピースの単行本が出るのは確実ですね!

当サイトではワンピース各話のあらすじネタバレを毎週更新しているので、最新刊87巻の発売が待てない!というあなたには以下の記事がオススメです。

ワンピース最新話あらすじネタバレはこちら

スポンサーリンク

ワンピース86巻のあらすじネタバレ

ワンピース最新刊87巻発売の前に86巻の内容をおさらいしておきましょう!

なお、完全なネタバレを避けるために、各話のあらすじネタバレは途中までとなっています。

続きが気になる方は各話の文末のリンクをクリックして、詳細記事をご覧ください。

ワンピース864話「ヴィンスモーク家皆殺し計画」

「ジンベエ~~~~!!!」
ジンベエの啖呵に、ビッグマムは大いに怒り出します。

そんな隙に、ルフィのかぶり物をしたブルックが、マザーカラメルの肖像画をたたき割ってしまいます。

狙い通りの行動に、ジンベエとルフィはガッツポーズをします。

『よし…!!『奇声』まで3秒!!』

ジンベエの裏切りに、マザー・カラメルの写真のを割られた怒りにパニック状態寸前になるビッグマム。でしたが、
ヘッジが狙っていた奇声は上がりませんでした。

そして、マザー・カラメルの写真を割った犯人がブルックだと知り、またしてもビッグマムの逆鱗に触れてしまいます。

ビッグマムはくらくらとめまいをおこしながら、混乱気味のその様子に部下や子供達が騒然とします。

「………!! しまった……!!」
そして、何かを感じたカタクリが焦りを口にします。

「とんだ邪魔立てを…!!あいつらサンジを奪い返しにこんな所まで!!!」
騒動に、自ら置かれた立場をまだ知らないジャッジは声を荒げ、席を立ちました。

パニック寸前のビッグマムには、誰の声も耳には届きません。

「大変だ!!」
「あの日の再来だ!!ママの意識が飛ぶぞ!!」

ビッグマムがパニックになる前に、麦わらの一味を消そうと子供達は応戦します。

-その頃のサンジー

「見ろ!!これは私の本性だ!!」
花嫁のプリンに銃を向けられ、撃たれますがサンジは難無くかわしていきます。

「ショックだろ!? 幻滅しただろう!? 安心しろよお前はもう死ぬ!! そうやって私は何人もダマしてきたんだ!!!」

サンジの言葉に絆されたプリンだったが、目に涙を浮かべながらも彼を殺そうと銃を構えました。

サンジの男気に、プリンの銃口はカタカタふるえ、狙いが定まらなくなっていた所で、
ダイフクが助太刀に入ります。

プリンが必ずサンジを殺ると止めますが、「あの一瞬でやれなかったお前には、もう無理だ!!」とプリンに手を上げ乱暴に退かします。

その様子に怒ったサンジはダイフクに蹴りを入れ、ここでも戦いが始まります。

-一方のルフィ達ー

怒りにパニック寸前のビッグマムの元で、戦いが始まります。

状況は良くなく、ベッジは表向きビッグマム側の人間で警備のボスなので、ルフィを捕らえて銃口を向けるふりをします。

「まだか!この数は耐え切れん!!」

ビッグ・マムが『奇声』を起こし、パニックになるのを待ち応戦するジンベエも押され気味です。

そんななかで、「助けてくれェ~~~~!!!」
と、予想外の悲鳴が上がり、ルフィもサンジも焦ります。

ワンピース86巻収録 864話「ヴィンスモーク家皆殺し計画」の続きはこちら

ワンピース865話「“ねぇマザー”」

「シュ~~~ロー――」

ブリュレを背負ったシーザーが、鏡の世界を抜けて、飛び出します。

顔だけはバレたくないと嘆くブリュレを一喝し、シーザーは作戦を忠実に、遂行します。

『中はどうなってる…!? まだ「奇声」は聞こえねぇが…ビッグ・マムは…』

そ~っと、中の戦況をのぞき見するシーザーです。

『!?』

そこには、作戦通りにケーキは壊れ、ルフィ達の群れも暴れだし、マザーカルメルの写真も割れているのに、「奇声」だけが上がっていない事にシーザーは驚きます。

『なぜ、ビッグ・マムは叫んでない!!?』

何に怒ればいいか混乱している状態のママにとどめを刺すように、『割れた写真をもう一度見せるよう』ルフィに提案するブルックです。

「任しとけっ!!」
 
混乱するビッグマムめがけ、割れた写真を手にしたルフィが駆けつけようとします。

「なぜ貴様が邪魔をする!!ベッジ!!」

ルフィやジンベエと共に、カタクリの邪魔をし出したベッジに向かって、カタクリは怒りを爆発させて斬りかかります。

「ペロス兄!!さっさとそいつらも撃ち殺せ!!!」
「わかってる」

ジェルマ66に銃口を向けたままのキャンディー大臣にそう指示を出しながらも、カタクリ。

絶対的有利な状況だと信じて疑わないキャンディー大臣は、悪趣味きわまりない事でジャッジを煽ります。

「ウ…せめてレイドスーツがあれば!!貴様らの好きにはさせなかった!!」

飴でがちがちに固められ、身動きがとれないながらもジャッジはそう抵抗します。

「レイド…何?それは武器か? ペロリン♪おい、息子の結婚式に何をもちこもうってんだ!?」

余裕の表情で、キャンディー大臣はジャッジの神経を逆なでします。

「逃げろレイジュ!!」

『サンジ…』
サンジの方に視線を向け、レイジュは弟を思います。

『あなたの優しさを見くびってた。こんな私達を置いて逃げる事もしないのね……!!!』

『私はヴィンスモークの名を恨み…恥じて生きてきた…!!でも成長したあなたを見て……』

『ありがとう、サンジ』

微笑むレイジュに、必死に叫ぶサンジ。

「くたばれカタクリ!!」
裏切りの決定的な瞬間です。ベッジがカタクリに向かって銃を撃ちはなします。

「何をやってるんだ“ギャング”ベッジ!!!」
「………!!」

周りの客も、カタクリも、ベッジの反逆を悟ります。
モチモチの実の能力者であるカタクリに、銃弾は届かずはじき出されます。

「裏切ったな…ベッジ…」

ドヒュン!!!

ベッジの背後で走るルフィめがけ、カタクリのとりもちのような能力の足が迫ります。

「こんにゃろ!!」
「触れるなルフィ!!!」

カタクリの攻撃を受けようとしたルフィをかばうように、ペドロが飛び出し、その足を斬ります。

「ペドロ」
「ウ!!」
ズバッと切り離されますが、そのもちがまとわりつき、ペドロはカタクリの能力に絡め取られてしまいます。

「“五千枚瓦正拳”!!!!」

「!!!」
正面からカタクリの攻撃を受け止めたジンベエも、そのもちに動きを封じられてしまいました。

ドスゥン!!
「うわ!!」

その後、逃げ切れなかったルフィもカタクリに取り押さえられてしまいますが、まだ自由に動く両腕を伸ばし、ビッグ・マムの目前に割れた写真を見せつけました。

ワンピース865話「“ねぇマザー”」の続きはこちら

ワンピース第866話「NATURAL BORN DESTROYER」

63年前の新世界、ビッグマムの過去編に入ります。

エルバフの戦士達が住む島に、5歳のシャーロット・リンリンは両親とともに連れて来られます

リュックのお菓子を好きなだけ食べて良いから、良い子で待っているようにと両親に言い含められ、両親達をのせた船は遠ざかっていきます。

「へんだなー、おそいなー。おなかすいたなー…ママ~~~パパ~~~…」

雪が降り積もる中、リンリンは海岸に座りながら、自分を捨てていった両親の迎えを待っていました。

―エルバフと言えば―

100年物昔の話、世界が恐れた巨人の戦士達「巨兵海賊団」が、突然2人の船長を失い、伝説となった。

そのおり、トップを失い油断した残党が数名、海軍に捕まりあわや処刑という所に…

「天が!?何を言ってる。こいつらが今までに世界に与えてきた恐怖は……!!」

「ならばこそよ、なぜわからないの!!?」

カルメルは声高にいいかえしたところで、その時、暗雲が空を覆いました。

「その者達を殺せば!!エルバフの戦士達は再び軍隊を成し!人間達に復讐を誓うでしょう!!!」

カルメルはやがて『聖母(マザー)』と呼ばれ、身分種族を問わず行くあてを失った子供達を受け入れる『羊の家』という施設を開きました。

巨人達の住むこのエルバフの地に。巨人俗と人間達の交友のかけ橋となりながら…

それから、37年が経ち、リンリンが置いて行かれた時代に交わります…

「うん、ありがとう!!おなかすいちゃった!!」

「でけェなお前!!巨人族か!?」

「—じゃあごはんにしましょう!」

無邪気なリンリンに、温かく迎えてくれるカラメルや子供達です。

ここには様々な事情を抱え、親の手にも負えなくなった問題児達が立場・血筋に囚われる事無く巨人の村で暮らしていました。

何よりもいつでも誰よりも大きかったリンリンにとって、はじめて見る自分サイズの光景に巨人の村は居心地が良かったのです。

ある日、リンリンは熊とオオカミが森でケンカしていたので、仲良くなるように同じおりの中に入れた所、クマがオオカミを食べてしまったのでお仕置きで一発叩いたら死んでしまいました。

「おかしいな~」
と純粋に涙するリンリンのその豪腕に、カルメルはゾッとしますが、彼女を笑顔で受け入れました。

その後も巨人族のエイリ君に『蚊が止まっていたから叩いてあげた』という善意で、何本も骨を折ってしまったり、

「手長族の関節が多いからとってあげようとした」り、「ひれがついているからちぎってあげようとした」り、リンリンには善意でも、相手にとっては致命傷になりかねない行動の数々も、カルメルは一つ一つ止め、諭し、教えていきました。

「皆…!!許すのです!!リンリンは優しい子なのよ!!!」

そう言って、カルメルはリンリンの全てを許しました。

その10ヵ月後の事です。
新世界ウォーランド「エルバフ」の強者達も寛大に、リンリンを受け入れていました。

「おう!リンリンおメェらんとこは準備は済んだのかァ!?」

カーシーが気さくに声をかけてくれますが、その意味がわからないでいたら、一緒に遊んでいた女の子、ゲルズが教えてくれました。

「エルバフでは「冬至祭」まで12日間断食するのよ!」

ワンピース第866話「NATURAL BORN DESTROYERの続きはこちら

ワンピース867話「HAPPY BIRTHDAY」

ガキィン!!

ヨルルの振りかざした剣は食いわずらいの発作を起こしたリンリンの前には棒にも等しく、振り上げた腕に刀身は折れてしまいます。

そして、我を忘れたリンリンは、そのままヨルルの髭を引っ張り上げ、後頭部から打ち付けてしまいます。

ただの子供の癇癪で、ヨルルは致命傷を負わされてしまいました。

「セ~~~ム~~~ラ~~~!!」

それでもリンリンの暴走は止まりません。

「セムラを用意できる!?」
村の人々に冬至祭用に用意してあったセムラを用意するようにカルメルは頼みます。

リンリンを取り押さえ、村の火を消そうと動く人々の中でカルメルは燃えさかる火種に近づきます。

「ゲブーア、ツターク」

カルメルの力で、火に顔が浮かびます。

「お前の名は、『パンドラ』」

「鎮まれ!!」

カルメルがその火に名前を付けると、カッと光り輝きます。

その一方でリンリンにセムラを食べさせる村人達。リンリンは夢中になって口に入れていきます。

すると、その火はかわいらしい太陽に姿を変えました。

マザーが起こした奇跡と口々にいいますが、カルメルは『太陽の神が…全てを治めたのよ』とだけ、述べます。

「裁け、アレを子供と思うな…!!」

瀕死のヨルルが、満足して眠るリンリンにとどめを刺すように訴えます。

山ひげは、無防備に眠るリンリンめがけて剣を突き立てようとします。

「どうかお慈悲を!!」

リンリンをかばうようにカルメルがその切っ先に身を投げ出します。

『ヨルルは300年、共に戦った戦友、長生きではない。死に様なのだ、戦士とは』そう、戦友の惨い最期を思い涙をしながら、山ひげはリンリンに許される道はないと引きません。

「わかっています…!でも許されなくても、リンリンは他の子同様全てに見離され『羊の家』に行き着いた憐れな子。私が見捨てるわけにいかないのです!!」
「!!!」

カルメルも、山ひげ同様に引きません。

リンリンを殺せとの声も多く上がっていましたが、カルメルに免じて山ひげは見逃すことに。

巨人族の英雄ヨルルは死んだ―――「リンリンという悪神」「カルメルの奇跡」

この日に起きた出来事は、世界にわずかに点在する巨人族の国々にもつぶさに知れ渡るのでした。

そうして、マザーと離れることを拒む『羊の家』の子達と、巨人族の目の敵になってしまったリンリンを連れて、カルメルはエルバフを後にします。

新しい地に流れ着き、そこでまた羊の家を再建し、新たな生活が始まります。

数日を迎えるころには子供たちも環境に慣れ、笑い声が響くようになっていました。

そんな『羊の家』の世間の評判は、いかなる問題児も「聖母(マザー)」の奇跡の力で更生し、よき里親にめぐり会う…というものでした。

あくまで、表向きは。

海軍の船が停泊しています。
そこでカラメルと密談をする男たち姿がありました。

「-まさかエルバフを出るとは」

「そうしてでもあのコを手放したくなかったのさ」

「海兵なら将来の「大将」「元帥」クラス。cp(サイファーポール)なら天竜人達の最強の盾となるだろう」

「ガキ売り家業50年、ウチにしたって歴代最高の商品だ!!」

確かにマザーカルメルは、取引相手の海軍の男達にそう話しています。

37年前に海軍と一芝居を打ってエルバフに潜り込み、巨人族の信頼を得てカルメルは商売をしていました。

2年に一度、生きの良い孤児をダマして海軍に売る…そしてその子は諜報部員として買われていきます。

海軍にとってもいい買い物です。みなし児は足が付かないから。メリットのある取引でした。

867話「HAPPY BIRTHDAY」の続きはこちら

ワンピース868話「KXランチャー」

ビッグマム本人さえ知らないその事件の一部始終を見ていた者が、2人いたのです。

一人は羊の家を気にかけていたエルバフの戦士で、

もう一人はその島に住んでいた海賊崩れの料理人、シュトロイゼンでした。

前者は青ざめその島を離れ、巨人族はシャーロット・リンリンの名は口にするのもはばかられるくらいの嫌悪の象徴とされ、

後者のシュトロイゼンは、この光景を面白がりました。

ククククの実の能力者であるシュトロイゼンは、食うのには困らせないと、泣くリンリンをなだめ、共に行動することになります。

この時出会った2人が、現在のビッグマム海賊団を築き上げるのでした。

再び時は現在に…

「リンリン!!!正気を取り戻せ!!!撃たれるぞォーーーー!!!」

泣きわめくビッグマムに向い、シュトロイゼンは叫びます。

『ママは衰弱し、会場の誰も動けない5秒以上の時間!!』

ヘッジ達はKXランチャーを構え、引き金に指をかけて・・・

『ビッグマムは、死ぬ!!』

思惑通りにことは進み、撃ち放たれたKXランチャー

その光景を、ビッグマム海賊団の人間も、ルフィサイドの人間も注目します。

『マザー…みんなが邪魔するんだ』

泣きながら、ビッグマムの意識は遠い過去の記憶をたぐります。

マザ-・カルメルの言っていた言葉。皆が平等に暮らせる夢の国。種族間の差別もなにもない、皆同じ目線で暮らせる国。

幼いリンリンはそう解釈します。

皆がいなくなり、話し相手になってくれたシュトロイゼンに、自分の夢は『平和』だと告げます。

「マザーが喜んでくれる国をおれが作るんだ!!」

そう無邪気に語るリンリンは、ある日カルメルのつかっていた奇跡の力を使えることに気付きます。

悪魔の実の能力がリンリンに授かったことを知ると、シュトロイゼンは夢の国を作ろうじゃないか、とリンリンに協力することに。

そうしてリンリンは子供ながらに懸賞金が5千万ベリーをかけられたり、CP(サイファーポール)から危険人物と報告されたり、各所から危険人物と認定されていくのでした。

「『平和』と!!!『夢の国』を!!! おれの言う事をきけばみんな幸せに決まってる!!!きかないやつはわがままだから、殺さなくちゃ!!!」

リンリンはその危うい思想を胸に、ドンドン力を付けて、勢力も拡大していくのでした。

『マザー!!いつかみんなを巨大にするから!! でも、まだおれの言う事きかねぇ奴がいる!!悲しくて涙が止まらねェ!!!』

カルメルの事を思い、割れた写真を思いだし、その憎悪を強くしていきます。

『麦わらの一味を、許さねェ~~~~~!!!』

その思いの強さに、ビッグマムの泣き声もいっそう大きくなり、彼女のKXランチャーが届く前に爆発してしまいました。

その様には、ベッジ達も愉快な面持ちで唖然とするしかありませんでした。

『作戦失敗だァ!!!!』

ワンピース868話「KXランチャー」の続きはこちら

ワンピース最新刊を無料で読む方法は?

違法アップロードされたものではなく、安全にワンピースの最新刊を無料で読む裏ワザをご紹介しちゃいます!

それは動画配信サービスの最大手U-NEXTを使うという方法です。

U-NEXTは電子書籍の配信も行っており、そのラインナップにワンピースもしっかり入っています。

通常はもちろん有料なのですが、U-NEXTは31日間無料期間を設けており、無料の新規会員登録をすると有料会員同様のサービスを受けられるはもちろんのこと、さらに特典として600ポイントのクーポンがプレゼントされます。

このクーポンを利用すると

ワンピース最新刊が無料で読めちゃうんです!

もちろん、31日間の無料期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

登録自体は1分もあれば終わるので、以下のリンクからチェックしてみてはいかがでしょうか?

ワンピース最新刊を無料で読む

もし、U-NEXTの登録がめんどくさい…怪しい…という場合、数ページでよければeBookJapanで立ち読みも可能です!

なお、当記事で紹介している情報は2017年7月時点のものです。電子書籍の配信が終了している場合や紙のコミックスと同時配信されない場合などもありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

ワンピースコミックス最新刊87巻の発売日予想と86巻のあらすじネタバレをご紹介しました。

改めておさらいです!

ワンピース最新刊87巻は…

2017年11月2日(木)の可能性が最も高く、遅くても2017年12月4日(月)には発売されるでしょう!

そして、86巻のラストはビッグマム暗殺計画が失敗するという、ものすごく気になるところで終わりましたね…!

ワンピースはストーリーが複雑化していますが、現在進行中のビッグマム編は四皇と麦わらの一味が激突ということで、今後のストーリーにも大きな影響を与える展開かつ、非常におもしろい時期になっています!

当サイトでは864話(86巻収録)以降は毎週あらすじネタバレをアップしていますので、是非他の記事もご覧ください!

ワンピース最新話あらすじネタバレはこちら

スポンサーリンク