嵐山2016年の桜開花予想!見頃とライトアップやイベント情報も

嵐山といえば渡月橋を中心とした、京都でも一二を争う観光名所です。

嵐山というと秋の紅葉が有名ですが、桜も各所に存在します。嵐山は秋だけではないのです。

ということで今回は嵐山の桜情報をお届けします。

スポンサーリンク

今年の桜開花予想、見頃の時期

日本気象協会によると京都のソメイヨシノ開花予想は例年よりやや早めで、3/25(金)に開花、4/2(土)に満開と予想されています。

一方、ウェザーマップでは3/21(月)開花、3/30(水)には満開という、日本気象協会の予想よりかなり早めの予想になっています。

今後の気温や天候次第で予報が大きく変わってくる可能性があるので、今後も開花状況は要チェックと言えそうです。

ちなみに嵐山には早咲きの品種や遅咲きの品種の桜もあるので、桜の品種にこだわりがなければ3月中旬から4月中旬くらいまでは桜を楽しむことができます。

2016年嵐山の開花予想

開花予想日 3/21(月)〜3/25(金)頃

満開予想日 3/30(水)〜4/2(土)頃から1週間程度

スポンサーリンク

嵐山の主な桜の見どころ

嵐山と一言にいってもかなり広範囲に上ります。

南部

渡月橋を中心として賑わう箇所です。

  • 中之島公園
  • 亀山公園
  • 天龍寺

辺りが有名どころとなります。ただ、いずれも混雑は必至です。

また、嵐山からは少々東になりますが、多種の桜が一堂に会した車折神社があります。時期を外して来る方はこちらを訪れてみてもいいかと思います。

北部

一方、南部の賑わいから一転、嵐山北部は少々静かな雰囲気が佇みます

  • 二尊院
  • 清凉寺(嵯峨釈迦堂)
  • 大覚寺

辺りが有名どころです。

いずれもJR嵯峨嵐山駅からでも徒歩15~25分程度かかる場所ですが、南部より人が少なめなのがポイントです。

それでも満開のシーズンとなると結構な人出があります。

ゆっくり桜を堪能したい!という方のための穴場として、化野念仏寺があります。

徒歩だと30分以上かかる遠い場所ですが、満開の時期でも人はまばらです。

ライトアップ・イベント情報

ライトアップ情報

ライトアップは中之島公園で3月中旬~4月中旬に、日没~22時頃までの時間で行われる予定になっています。

また、渡月橋自体も桜の季節に合わせてライトアップが予定されています。

イベント情報

嵯峨野トロッコ列車が3月から運行を開始しています。線路沿いに咲いている桜を楽しむことができます。

ただ、満開予想の時期は既に予約が満席なので、当日券頼りになります。当日券は早い者勝ちで混雑が予想されます。

やや遠いですが、トロッコ嵐山駅まで足を延ばすと多少購入しやすいようです。

また、後述の川下りとセットで行く客が多いので、トロッコ亀岡駅(JR馬堀駅から徒歩10分弱)からトロッコ嵯峨方面への列車も比較的当日券で乗りやすいようです。

保津川下りも3月から通常運行を開始しています。

川下り中に山沿いに咲く桜を眺めることができます。団体以外では予約できないので、当日券のみとなります。

よほど混雑しなければ乗ることができるようです。

嵐山へのアクセス・周辺情報

鉄道

  • JR嵯峨嵐山駅・・・JR京都駅より約15分、駅は嵐山中部のやや東寄り。
  • 京福電車(嵐電)嵐山駅・・・京福四条大宮駅より約22分、駅は渡月橋の北側。
  • 阪急嵐山駅・・・阪急桂駅から約8分、駅は渡月橋の南側。阪急桂駅へは阪急河原町駅から約7分、阪急梅田駅から約34分。

バス

  • 市バス11系統、京都バス63系統(四条河原町方面より)
  • 市バス28系統、京都バス73系統(京都駅方面より)
  • 市バス93系統(岡崎方面より)

いずれも「嵐山」バス停下車。

  • 京都縦貫道 沓掛ICまたは大原野ICより国道9号から千代原口交差点を北上
  • 名神高速道路 京都南ICより北上、三条通りもしくは丸太町通りで左折

嵐山の周辺状況

桜の季節は京都全域で車が多くなるうえ、嵐山までは狭い道が多いので、車の混雑は必至です。駐車場も観光バスやタクシー優先で止められない可能性が高いので、車で来た方はパークアンドライドを利用するといいと思います。

バスも、混雑に巻き込まれやすいうえ、基本的に鉄道の方が早くて便利なのでそれほど利用価値は高くないです。

ただし、銀閣寺などの京都の北東部から直接嵐山に行きたい場合に限っては乗り換えなしで行ける93系統を使うと便利かもしれません。

また、嵐山北部一帯を回る際にバスを使うのはありだと思います。

鉄道は京都駅からJRが、四条通り沿いに阪急と嵐電が出ており、京都の中心部からでも利用しやすい上に時間もかからないため、嵐山への移動手段として一番のおすすめです。パークアンドライドを利用する場合も、バスより鉄道への乗り換えに便利な場所を利用しましょう。

[adsense]

嵐山は上記の通りかなりの広範囲にわたって桜の名所があるので、駅前でレンタサイクルを使うのもいいと思います。

ただ嵐山周辺のレンタサイクルはやや高く(1日800円~)、またどのレンタサイクルも17時~18時までには閉まってしまうので、渡月橋や中之島公園のライトアップの桜を見たい方や、遅めのトロッコに乗る予定、という方は注意が必要です。

体力に自信のある方は阪急桂駅からレンタサイクルをつかって嵐山まで移動する、という手もあります。

1日300円(電動でも1日400円)と安くて23時まで利用可能なので、嵐山内を自転車移動をしつつ、遅めのトロッコやライトアップの桜を堪能してから帰ることも十分可能です。嵐山へは桂川まで出てサイクリングロードを使うと迷わずに到着できます。

嵐山周辺のトイレ・コンビニ

トイレは渡月橋周辺に多数あります。
特に中之島公園周辺には固まってあるので、ライトアップの時間以外は比較的入りやすいと思います。

一方、JR嵯峨嵐山駅より北になると一気にトイレが少なくなります。

拝観料不要のトイレとなると大覚寺・清凉寺・落柿舎(清凉寺の近く)くらいにしかないので、注意が必要です。また、嵐電嵐山駅の北側一帯がトイレのない空白地域になっているのでこちらも注意が必要です。

コンビニはJR・嵐電・阪急の各駅の近くにありますが、駅前以外の場所にはないので、買い物は駅前で済ませておきましょう。

まとめ

嵐山といってもこれまでに記述した通り非常に広いので、桜巡りをする場合にはある程度計画を立てていく必要があると思います。

嵐山までのアクセスは鉄道を使えば非常に簡単なので、関西圏なら日帰りでも十分桜を堪能できるのが魅力です。

秋だけでなく、春の嵐山にもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

以上、嵐山の桜について紹介しました!

スポンサーリンク