食戟のソーマ第217話「1stBOUTを経て」ネタバレと感想!掲載順も

食戟のソーマ(附田祐斗・佐伯俊先生作)第217話「1stBOUTを経て」(2017年6月5日発売の週刊少年ジャンプ27号掲載)のネタバレや考察・感想をご紹介していきます!

なお、こちらの記事では食戟のソーマ最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

※食戟のソーマ第216話「極星寮を背負って」のネタバレや感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

食戟のソーマ第217話「1stBOUTを経て」ネタバレ紹介

『超攻撃的和食』を得意とする一色先輩の、極星寮の皆と勝ちに行った第2カードでした。

後輩達は勝手に食材を使い、負けてたらどうしたんだと文句を言いますが、一色の『君たちの仕事を信頼してる』の一言にみな、照れたように怒りつつも、許してしまいます。

アンは、試作中の涼子のお酒を飲んでみたいとお願いします。

声にもならない声を上げる涼子でしたが、アンはくいっとそのおちょこを煽ります。

「………あなた方がこの食戟で守りたいものが…だんだんわかってきたように思います」

心強い言葉に、創真達の士気はいっそう高まります。

ジュリオの負けに、セントラルサイドも少々思う所があるようです。

一色の強みが炸裂した対決だった。後輩達のために戦う。

自分の流儀を貫こうとする強い覚悟を感じた。そう思い知らされて、面白くない紀ノ國・叡山の同級生組です。

1stBOUTものこり後1戦、これに勝てればだいぶ違うと喜ぶ田所と創真でしたが、麗が凶悪顔で水を差してきます。

a>

連帯食戟は、一つ二つの勝ちを拾っても最終的な勝利とは関係が無い、と外野も一緒になって反逆者達にブーイングを浴びせます。

「いいかぁ!?第一カードで戦っているもう一人の十傑は!!われらが鏑木祥子先輩なんだよぉ!!」

と、息巻いて説明してくれたのですが、呑気な顔した久我も黙っていません。

「その人が相手してるの、十傑第三席の座に居た人だかんね?」

まさに瞬殺でした。鏑木は女木島の料理によって昇天してしまったようです。

「………おう、幸平ぁ。約束は果たす……文句ねぇだろ」

女木島と創真が意味深な会話をかわし、不敵に笑います。

そうして、1stBOUTは反逆者連合の全勝となりました。

1stBOUTが終了した所で、薊が1時間の休憩を言い渡します。
両陣営は控室に入り、協議をしてもらうと。

控室で2ndBOUTについての話し合いが始まっています。

1stで全勝をとられたセントラルサイドで、第一席の司や、第二席の竜胆が出てきてもおかしくないのではないかと分析をしています。

そんな中でも創真は俺が出る!と言い張るので、無鉄砲だ。戦況を読めとタクミやえりなに説教されてふて腐れてトイレに立っていました。

「あれ?久我先輩もいない……?」
「……………」

久我の不在に気付く田所に、思う所がありそうな一色です。

「何にせよ、薙切えりな……お前が大将だ。最終的にはお前が決断しろ」

厳つくも頼りがいのある女木島の言葉と、美作のやる気が充ち満ちています。

一方、ふて腐れながらトイレから出てきた創真は、司と久我が話している場面にかち合ってしまいました。

「司っさんさぁ、出るつもりなんでしょ?」

「………そうだって言ったら?」

「んもう、聞き返すなんて意地悪意地悪っ!照紀くんはこの瞬間を今か今かとまってたのにさ」

静かな司のテンションに、いつもの陽気でおちゃらけた久我のオネエ言葉でした。

「……確かにそうだったな」

「だからさー司っさん」

ふざけた感じでお願いする久我でしたが、そのポケットに突っ込んだ手は震えていたのを、創真は見逃しませんでした。

久我が司に本気の宣戦布告を叩き付けた所で、第217話が終わります。

食戟のソーマ最新第218話はこちら

スポンサーリンク

食戟のソーマ第217話感想

女木島先輩の真の力は見られず残念なのと、久我先輩が次の戦いでは日の目を見そう?な217話でしたが、ネット上の皆さんの感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介します。

はい。シンプルで非常に良かったと思います!!!元三席の実力は伊達ではありませんね!

細かい所まで読み込んでいる感想が一つ…

やはり、そういう感じなのでしょうか…一度も勝てた事のない第一席に、ここで勝てるとはやっぱりなかなか思いにくいですよね…個人的には久我先輩、頑張って貰いたいですけどね~。

週刊少年ジャンプ2017年27号の掲載順をご紹介

27号はこのような掲載順になっていました。

上から

・ブラッククローバー(巻頭カラー)
・ONE PIECE
・約束のネバーランド
・Dr.STONE(センターカラー)
・鬼滅の刃
・ハイキュー!!
・BORUTO(センターカラー)
・僕のヒーローアカデミア
・ぼくたちは勉強ができない(センターカラー)
・食戟のソーマ
・斉木楠雄のΨ難
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・火ノ丸相撲
・左門くんはサモナー(最終回)
・ROBOT×LASERBEAM
・銀魂
・腹ペコのマリー
・青春兵器ナンバーワン
・ポロの留学記
・U19
・磯部磯兵衛物語

作者コメント欄
で、21作品になっています。

『食戟のソーマ』の今週の掲載順番は10番目、堅実な中堅位置に鎮座しています。

ここ5週の掲載順番は『10番、9番、12番、9番、12番(最新号から)』ですので、平均変わらず9番位になっています。

まとめ

あっさり終わってちょっと拍子抜け過ぎで、鏑木先輩が少々気の毒な食戟でしたね…
あれだけ煽ったら負けるフラグがびんびん立っていて、ある意味王道で面白い…?

やはり三下相手では女木島先輩の真の力はまだお披露目にはならないので、それはそれでものすごいのだと想像力がかき立てられていいですね。

久我先輩の腕が震えるほどの司の実力…気になります。
と、いうか…司が負けるとは思いにくいのですが…そもそも、対決がぶつかるかもまだわからないですよね…

2ndBOUTは全勝は難しいかもしれませんが、どのようにえりなが切り出すのか次週もワクワクものです!!

スポンサーリンク