奈良くるみ使用ラケットはこれ!ランキングや獲得賞金、世界の評価も

現在行われているBNPパリバオープンで、元世界ランキング1位の「ヴィーナス・ウィリアムズ」に勝利し、注目を集めている奈良くるみ。

今回は、そんな彼女についての紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

プレースタイルと相性のいいラケットが強さの秘訣!?

彼女が現在しようしているのは、「SRIXON REVO」というラケットなのですが、このラケットを以前から気に入っていた彼女の意見が、最新作の「CVシリーズ」の開発にあたり取り入れられているというのですから、さらなる活躍が期待されます。

奈良くるみには得意とする、トップスピンをかけたムーンボールというショットがあります。

このショットは、スピンをかけることで、通常よりも接地後に大きくバウンドするというショットで、このショットを打つのに適していたのが、SRIXON REVOのラケットだそうです。

SRIXON REVO CVシリーズは3月12日に発売されるようなので、「球威があり、スピンをかけやすいラケット」また、「ボールが持ち上がりやすいラケット」という奈良くるみの意見を取り入れたラケットを試してみてはいかかでしょうか?

スポンサーリンク

奈良くるみのWTAランキングと評価

彼女のWTA自己最高ランキングは32位ですが、現在は80位台に後退しています。

今大会での活躍で、ランキングがあがることは間違いないのですが、トップ10入りや、男子の錦織圭のような活躍を期待される選手になるのは、もう少し先になりそうです。

彼女の身長は158cmと、世界で活躍している女子プロテニスプレーヤーと比べると、圧倒的に低く、その身長差に対抗する武器として放つムーンボールは、彼女にとって欠かせない武器の1つです。(有名なシャラポア選手は188cmもあります)

ジュニア時代に、世界スーパージュニア選手権で優勝したり、ウィンブルドン・ジュニアダブルスで準優勝をするという活躍をみせていたのですが、やはり身長の差というのは大きく、プロ転向後に参加をはたした4大大会では過去最高でも3回戦どまりです。

打つ角度を変えたり、ボールの回転スピードを操りってバウンドの高さと弾む勢いを変化させ世界の強豪と渡り合っているという長所をさらに伸ばして、身長や力を武器に戦うトップ選手たちの中に食い込んでいってほしいですね。

奈良くるみ、これまでの獲得賞金(収入・年収)は!?

昨年までの獲得賞金の総額は、約47万ドルですが、遠征費やサポートをしてくれる人たちへ支払うお金などのほとんどが自腹なので、あまり多いとは言えません。(奈良くるみの場合は、コーチとトレーナーを弟が担っているそうです)

パリバオープンで、奈良くるみが勝利したヴィーナス・ウィリアムズの妹で、現在世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズは、2014年だけで約127万ドルを獲得しています。

同じ年の奈良くるみの獲得賞金は約7万ドルです。

今回、パワーテニスを得意とするヴィーナス・ウィリアムズに、ストレート勝ちを収めた彼女がランキングをあげて、獲得賞金もどんどん上げていってほしいですね。

[adsense]

奈良くるみ使用ラケットはこれ!ランキングや獲得賞金、世界の評価も のまとめ

奈良くるみは、ラケットだけではなくシューズやウェアもダンロップスポーツのSRIXONで統一しているそうです。

錦織圭のユニクロのように、奈良くるみが主にタイヤメーカーとして有名なダンロップを、スポーツ用品でも有名にするような活躍をみせてくれることに、期待がかかります。

スポンサーリンク