シンシン赤ちゃんパンダ名前の決め方と時期は?性別も【上野動物園】

2017年6月12日、日本中を駆け巡った赤ちゃんパンダ誕生のニュース、非常に話題となっていますね。

見た目の可愛らしさと希少価値もあり、動物園でも群を抜いて人気があります。

久しぶりのこのニュースですが、気になるのは性別や名前ではないでしょうか?

ここではシンシンの赤ちゃんパンダ、名前の決め方や時期は?また性別についてもまとめたいと思います。

スポンサーリンク

シンシン赤ちゃんパンダ名前の決め方はどうなる?

上野動物園で誕生した赤ちゃんパンダ、5年ぶりの誕生ということで大きな盛り上がりを見せています。

ニュースやワイドショーでも取り上げられ、経済にも好影響を与えているようです。

ただ、シンシンが5年前に産んだ赤ちゃんパンダは残念ながら肺炎で6日後に死んでしまいました。

そのこともあって、「今回は何とか無事に育ってほしい」という声が多く聞かれます。

無事に育つことを願いつつ、やはり気になるのは名前ではないでしょうか?

過去の例では、赤ちゃんパンダの名前は公募により決定されているため、おそらく今回も公募になると予想されます。

実際シンシン出産の件について、小池東京都知事が「これから名前を募集するので、いい名前を皆さんに考えてもらいたい」と語っているので間違いないでしょう。

スポンサーリンク

シンシン赤ちゃんパンダ名前決定の時期は?

次に名前決定の時期はいつ頃になるのでしょうか?

先ずは無事に育ってくれることを願いますが、和歌山アドベンチャーワールドの例をとると、2週間から20日程度で名前を募集しています。

あくまで予想ですが順調にいけば7月の初め頃には名前募集が始まるかもしれません。

さて、どんな名前になるのでしょうか?

もしかしたら自分の考えた名前が採用されるかもしれませんね。

これまで上野動物園にいたパンダはトントンやユウユウなど繰り返される名前ばかりでした。

特別に決まりがあるわけでは無いようですが、今回も慣例に従う形となりそうですね。

シンシン赤ちゃんパンダの性別はいつわかる?

シンシンの赤ちゃんパンダ、まだ産まれたばかりのため詳細は分かっていないようです。

体重はおそらく150グラム程で、性別は不明とのこと。

それではいつ性別が分かるのでしょうか?

実はジャイアントパンダのオスとメスの生殖器は非常に似ており、性別の判定が難しいとされています。

過去にあった例としては、日本で非常に愛されたパンダ、トントンの例があります。

上野動物園で生まれ、生涯上野動物園で過ごしたトントン、当初オスだと思われており、お嫁さん探しをしようとした時になってメスだという事が判明しました。

その時の年齢がなんと4歳、それまではずっと性別を間違えていたようです。

ただ、これはあくまで昔の話、現在では採血して遺伝子検査をすれば正確な性別が判明するようです。

順調に成長すれば性別は意外と早くわかりそうですね。

[adsense]

シンシン赤ちゃんパンダ名前の決め方と時期は?性別も【上野動物園】のまとめ

上野動物園に誕生した赤ちゃんパンダ、今回の一連の報道でパンダに対する人々の関心の高さが分かりました。

過去の熱狂ぶりを考えると今回も大きな騒動に発展しそうですね。

ただ、まずは赤ちゃんパンダが順調に成長してくれることを願いたいと思います。

スポンサーリンク