ブラッククローバー第110話「セントエルモの火」ネタバレと感想!掲載順も

『ブラッククローバー』(田畠裕基先生作)第110話「セントエルモの火」(2017年5月22日発売の週刊少年ジャンプ25号掲載)のネタバレや感想・ジャンプ本誌での掲載順などをご紹介していきます!

なお、こちらの記事ではブラッククローバー最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。

※ブラッククローバー第109話「ユルティム火山登山道」のネタバレや感想はこちらの記事にまとめていますので、まだチェックしていない方はチェックしてから当記事をご覧になることをオススメします!

スポンサーリンク

ブラッククローバーページ110「セントエルモの火」ネタバレをご紹介!

「登ってみると意気込んでみたものの、どうしたらいいかわからんーーーー!!」

e-12987″ />

「でも、どーすればなれるかわからん―――!!!」

頼みの綱ではありましたが、あの姿になるのは自分の意志ではできないので、いろいろ試してみますがいい案は浮かびません。

「せいぜい足搔いてみるんだな」

メレオレオナはそう言い残し、また山頂へと向かうため踵を返します。

『あの時は死にかけてから無意識で発動したんだっけ…』

そう考え、アスタはマグマに飛び込んでみようかとも一瞬思いますが、何とか思いとどまり、メレオレオナに言われた言葉の意味に気が付きます。

『わかってないって…もしかしたらオレ、自分が持っている力をまだ理解しきれていないんじゃ…………!!』

アスタの『持っているもの』を頭の中で整理します。

1・魔力をもたないからこそ持てる『反魔法の剣』→どんな魔法も斬れるが、この環境においてはどうにもできない。

2・それを扱う為に鍛えた筋力と体力→普通の登山には通用するがここでは限界。

3・今や日常的になっているヤミ団長の直伝の『氣』の感知力。

「…氣…!!」

ここで、アスタは気が付きます。

『—–やっぱり!!身体の中に自分の氣と…剣から流れてくる別の黒っぽい何かを感じる…!!』

『コイツを…もっとこう力が巡っていく感じに…!巡る…川…いや、輪っかか…?それを体現できるイメージは』

たどり着いた答えに、剣の氣が腕を通して流れ込んできます。

「うおおおおおおおおきたぁぁああぁぁ!!!」

そして、その勢いのままものすごい勢いで山頂に向けてノーコンで飛ばされていきます。

少し先を行っていたノエルやレオは魔法生命体に対峙し足止めを喰らっていましたが、アスタは止まらない勢いでそれを一撃で突き破っていきます。

「アスタ!?その姿は……!!」

「さすが我がライバル!!新しい必殺技を身に着けたか!!
その黒き風貌…ブラックアスタと名付けよう!!」

「…って、もう行くのか~~~~~~~~!?」

ノエルやレオが口々に言いますが、制御不能なアスタはそのまま彼らも通り抜けて進みます。

「ヤバイヤバイ止め方わかんね~~~~~~~~!!都合よく頂上に行ってるけど何に向かって…!」

ひたすら飛ばされていくアスタの前方には、順調に先を行っていたユノの姿がありました。

「アスタ…!!」
「ぶわあああああ!! マグマに突っ込むぅぅぅーーーー!!」

滞りなく山頂にたどり着いたユノと同時にアスタも山頂につきましたが、止まるすべを知らないのでマグマに突っ込みそうになるところで、メレオレオナが立ちはだかります。

メレオレオナが放った力に引き寄せられるアスタ。

「どおおおおおお!に…逃げてくださいぃーーーーー!!!」

「逃げろ・・・?莫迦者。獅子において狩りをするのは雌だぞ!!」

メレオレオナ目がけて剣を突き刺そうといわんばかりに突っ込みそうになるアスタの動線から高速で移動し、背後に回り込みます。

そして。こぶしを握り締め…

「相変わらずメチャクチャだな。あのバイオレンスライオン。空中でなんつー動きしやがんだよ」

「メレオレオナ様、流石だ……!!」

先に到着していたヤミとシャーロットは、その光景を眺めながらその強さに感心します。

「す…すげぇーーーーーーー!!」

力技で動きを止めてもらったアスタも、メレオレオナの圧倒的な力に『さすがフエゴレオン団長のお姉さん!!』顔面をへこませながらも感動します。

「よし!!それでは温泉に入ることを許すーーーーーーー!!
服を脱げぇぇぇぇぇ!!!」

「え~~~~~~~!!」

メレオレオナの脱衣命令にどこに温泉がある!?と思いながら恥ずかしがるアスタで、110話が終わります。

ブラッククローバー111話はこちら

スポンサーリンク

ブラッククローバー110話の感想

どこまでも男前な女獅子、メレオレオナに逆セクハラ発言(?)をされたところで終わった最新話、ネット上の感想はどうだったのでしょうか。一部ご紹介します。

確かに。と思ってみたりします。

ギャグで始まり、ギャグ顔で終わった印象でしたが、途中修行編かっこよかったですねー!メレオレオナさんのキャラが立ってて最高です。

バイオレンスライオンやら、アネゴレオンやら、ヤミ団長はあだ名付けのセンスが光ります。

週刊少年ジャンプ2017年25号の掲載順をご紹介

25号はこのような掲載順になっていました。

上から

・斉木楠雄のΨ難(巻頭カラー)
・僕のヒーローアカデミア
・約束のネバーランド
・ブラッククローバー
・Dr.STONE
・ハイキュー!!(センターカラー)
・鬼滅の刃
・青春兵器ナンバーワン
・ゆらぎ荘の幽奈さん(センターカラー)
・火ノ丸相撲
・左門くんはサモナー
・わたしの超理想☆ボーイフレンド(読み切りセンターカラー)
・ROBOT×LASERBEAM
・食戟のソーマ
・ぼくたちは勉強ができない
・腹ペコのマリー
・銀魂
・U19
・ポロの留学記
・磯部磯兵衛物語

作者コメント欄
で、20作品になっています。

『ブラッククローバー』の今週の掲載順番は4番目、前回よりずいぶんと順位を上げています。

ここ5週の掲載順番は『4番、9番、6番、11番、6番、(最新号から)』ですので、今週は少し変わり平均して7番位になっています。

まとめ

メレオレオナは見限ったのではなく、ヒントを与えていました。

アスタもそれに気が付いて、何とかピンチを乗り越えられた110話でした。
今回大ゴマが多く、絵で見せる回でしたので、こちらを読んで興味がわいたらぜひ110話を読んでみてくださいね!

もっとアツい展開が楽しめますよ!

来週は温泉回でしょうか…?色気あるものにはならなさそうなのは、確かかも…?

スポンサーリンク