炎炎ノ消防隊最新刊9巻発売日情報!8巻ネタバレと感想も

『週間少年マガジン』で連載中の『炎炎ノ消防隊』

ある日、突然始まった人体自然発火により、人が自我を失い暴れ回る炎の化け物になってしまう。

自我を失い化け物化してしまった「焔ヒト」は倒す事でしか止める術がなく、そんな元人間「焔ヒト」相手に立ち向かのが、特殊消防隊である。

そこに所属する主人公のシンラは足元から炎を出す事ができる特殊な体だった。

そんなシンラが、自身にかかった濡れ衣を晴らす為、焔ヒトの秘密を探る為、敵対組織へと向かっていく姿が描かれているSF漫画です。

こちらの記事では、炎炎ノ消防隊の最新刊9巻の発売日や8巻のネタバレをご紹介します!

スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊 最新刊9巻の発売日はいつ?

SFのほかにサイエンスやバトルアクション要素も盛り込まれた炎炎ノ消防隊。

その最新刊9巻の発売日を過去のコミックス発売日から予想してみました!

『炎炎ノ消防隊』コミックス発売日

4巻 2016年8月17日発売
↓ 2か月後

5巻 2016年10月17日発売
↓ 2か月後

6巻 2016年12月16日発売
↓ 2か月後

7巻 2017年2月17日発売
↓ 2か月後

8巻 2017年4月17日

2か月おきと定期的に発売されているようですね。

また『週間少年マガジン』コミックスは毎月17日が発売日。

その発売日が土・日・祝日とかぶる場合は、前倒しで発売されているようです。

炎炎ノ消防隊は、1巻から2か月置きというペースを崩すことなく発売されていますので、最新刊9巻の発売日は2017年6月16日(金)に発売される可能性が有力です!

スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊 8巻ネタバレ!

助けを待つ仲間の元へかけつけたシンラ。

そこで伝導者の配下であり騎士団・団長のショウと出会う。

そしてショウの顔を見たとき、シンラは自身の弟だと気づく!

再開の喜びに溢れるシンラ。

しかしショウは…シンラの存在に気持ち悪さを感じ、シンラにケガを負わす。

仲間たちが一斉に攻撃されていくが、ショウの太刀筋が早すぎるあまりシンラには見えない。

そしてシンラが連れていかれそうになった時、リヒトが現れシンラを救出するも、瞬時に追いつくショウ。

そこへ現れたのが、まさかのJOKER。

2人が戦っている間に逃げ切ったシンラたち。

シンラ達が逃げ切ったのを見届けたJOKERはその場から去る。

目的物である天照のキーを入れたショウたちは、伝導者のもとへ戻る。

病院でシンラは今までの経緯を説明し、ヴァルカンと話した後、第8で匿う事に。

第8消防隊教会で食事を摂るシンラたち。

その光景を見ながら想像と違っていたと話すヴァルカンに、桜備隊長が再びヴァルカンを勧誘する。

ヴァルカンは工房に戻ると、亡き父親たちに一族の約束を破る事を謝り、入隊する事に決めた。

ヴァルカンが入隊してから消防隊教会の中が次々とアレンジされていく。

このアレンジにシンラが突っ込むのですが、それがまた面白いんですよね(笑)

そんな中、桜備隊長の元へ、他の隊のものが情報交換目的で訪れる。

情報交換の結果、伝導者の居所をつきとめ攻める事に決まる。

その頃リヒトは、アンカーの穴の前でJOKERと話していた。

居場所が分かった所で、今の第8では叶わない伝導者たちに対抗できるとするならシンラのパワーアップが必要だとJOKERはいう。

その頃桜備たちは、シンラを含む新人たちの能力は高いものの実戦経験が少ない為、短期間で戦力にする方法を考えていた。

実戦しかしていないという第7で面倒を見てもらう事になったシンラたち。

弟を取り戻す為にも修行をする事に決めたシンラたちは新門大隊長のところへ向かう事に。

その頃ヴァルカンは磁気式消火ボールを開発し桜備に見せる。

あっという間に消化できる事から無能力者には便利な道具だと関心する。

新門と稽古開始後直ぐに、シンラたちの攻撃に意外性がないと稽古を終了し、必殺技を習得するようにいう。

そこへ突如現れたリヒト。

シンラの爆発的な火力とスピードを活かしたパワーアップ方法を提案。

その方法は、多方向に拡散しているシンラの炎を一転にまとめるだけといったものだった。

シンラはその練習に励む中、新門が原国の古武術の手の型について説明する。

その中の「虎ひしぎ」のやり方を教え、それがきっかけとなり必殺技を編み出す事に成功したシンラ。

その頃ヴァルカンはマキ用の新装備・鉄梟を造りマキに渡していた。

新門との稽古で格段と成長したシンラたち。

リヒトの捜査結果から伝導者たちは地下にいる事が判明し、翌日その場へ向かう事に。

地下の扉の前に立った一行。

それぞれビビりまくりながらもシスターが祝詞を捧げる。

すると伝導者たちが誘っているようにドアが開く。

マキの出した明かりを頼りに中へ進むんでいく一行。

しかし、その前に「来ちゃダメだ…」といないはずの火華の姿が。

「助けて」と叫びながら闇の中に消えていく火華。

その姿に戸惑う消防隊たち。

本物と敵の両方の可能性を考え慎重に進む事にきめた矢先、突然霧が。

その霧により、それぞれ離れ離れになってしまい、それぞれの目の前に敵が。

マキに襲いかかるフレイル。

しかしマキは新武器を開放し返り討ちにする。

その頃、火縄中隊長の前には灯城。

タマキたちの前にはアサルト。

ヴァルカンたちの前には、リサとジョヴァンニが現れていた。

そしてシンラはリヒトを探していた。

炎炎ノ消防隊 8巻の感想は?

今回の表紙はプリンセス・火華ですね!

ショウを取り戻すべく地下へ入ったシンラ達ですが…他の方の感想も見てみましょう!

今回の巻でショウガ登場し、物語が急展開を見せましたよね!
シンラの必殺技も出来るなど、夢中になってしまう巻でしたね。

ヴァルカン入隊によって、やっと「らしく」なってきた第8消防隊!
そのヴァルカンが開発した武器が早速活躍してました。

まとめ

大きく動き出した8巻。

死んだと思われていたショウとの再会。

しかし、ショウはシンラとは敵対する組織の団長だった…。

亡き母との約束の為にもショウを連れ戻す事を決めるシンラ。

その為に、新門の元で修業し、必殺技を習得。

敵陣へ乗り込んだシンラたちでしたが、敵により離れ離れにされてしまう。

そんな中、それぞれの前に敵が姿を現し、ヴァルカンの前にはリサ。

そしてジョヴァンニが…といったところで終わってしまう8巻。

因縁の関係でもある為、この続きが早く読みたいですね!

スポンサーリンク