映画『青空エール』土屋太鳳以外のキャストは?原作ネタバレや予想も

人気のコミックであった、純愛系マンガ『青空エール』が2016年8月に実写映画化されます。

主演は、『連続テレビ小説 まれ』のヒロイン・希を演じたことで人気急上昇している土屋太鳳さんです。

今回は、キャスト、原作、あらすじについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

『青空エール』のキャストは?

小野つばさ役・土屋太鳳

土屋太鳳さんは、『連続テレビ小説 まれ』や『下町ロケット』、『orange』などに出演しました。

先日の日本アカデミー賞では、新人俳優賞を受賞した現在人気急上昇中の女優です。

今回は、ずっと憧れていた吹奏楽部に入部し、トランペット奏者として“吹奏楽の甲子園”といわれる普門館を目指す女子高校生を演じます。

しかし、つばさ役には土屋太鳳さんではないという意見が、かなり多くありました。

原作が人気なコミックだけあって、原作ファンの方からはかなりイメージの違いがあるようですね。

私的に清純そうな女子高生役は土屋太鳳さんには合っていると思うのですが、原作を読んだことがないのでなんとも言えないです。

しかし、土屋太鳳さんは、かなり演技力が高いことで有名です。

まだ21歳と若いですが、女優としての活動歴は長いので、完璧に演じてくれると思います。

山田大介役・竹内涼真

竹内涼真さんは、『仮面ライダードライブ』や『下町ロケット』、また現在放送中の『スミカスミレ 45歳若返った女』にも出演しました。

今回は、野球部のキャッチャーとして甲子園出場を目指す男子高校生を演じます。

竹内涼真さんが大介役を演じるのは、好評のようです。

まだあまり有名な方ではないですが、今回この青空エールで人気になるような予感がしますね。

水島亜希役・葉山奨之

。葉山奨之さんは、『Nのために』や『連続テレビ小説 まれ』などに出演しました。
『連続テレビ小説 まれ』では、土屋太鳳さんと姉弟として共演しました。

今回は、吹奏楽で推薦入学してきたトランペットの実力を備えている男子高校生を演じます。

少しイメージと違うという意見がありました。

亜希は、音楽以外には無頓着な性格です。

イメージと合わないという意見もありましたが、葉山奨之さんは今までヤンキーの役や真面目な役など様々な役をこなしてきたので、亜希役もうまく演じられると思います。

竹内涼真さんも葉山奨之さんも土屋太鳳さんと共演したことがあるので、息の合った演技が見れると思います。

スポンサーリンク

『青空エール』の原作は?監督は三木孝浩!

原作は、河原和音さんが描いたマンガ『青空エール』です。

このマンガは、別冊マーガレットで2008年9月号から2015年11月号まで連載されました。

単行本としては19巻まで発売され、すでに完結しています。

河原和音さんは、『俺物語!!』や『高校デビュー』などのマンガを描かれてきた人気のマンガ作家です。

『青空エール』も累計発行部数300万部を突破した人気マンガです。

原作ファンの方が多くいらっしゃるので、実写映画化はネット上で様々な意見が飛び交っています。

やはりマンガの実写化ということであまり良くおもっていない方は、結構いるようです。

確かに実写化することによって、世界観が崩されてしまうこともあると思います。

今までのマンガから実写映画化されたものも好評だったものがあったり、酷評だったものもあったりと、どちらかに割れてしまっています。

『青空エール』は、どちらになってしまうのか気になりますね。

監督・三木孝浩

三木孝浩さんは、『僕等がいた』や『ホットロード』、『アオハライド』などの映画監督として担当されてきました。

最近では、福士蒼汰さんと小松奈々さんが出演される『ぼく明日』の監督も担当されました。

多くの作品を手掛けているので、どのような世界観を持った映画になるのか楽しみです。

『青空エール』のあらすじは?ネタバレも

小野つばさ(土屋太鳳さん)は、テレビで見た甲子園で応援する吹奏楽部を見て、いつか自分もなりたいと思い、高校生の時に吹奏楽・野球部ともに名高い北海道札幌市立白翔高校に入学しました。

そして吹奏楽部に入部し、トランペットを担当することになりました。

トランペット初心者のつばさは、くじけることも多くありましたが、同級生で野球部のキャッチャー、山田大介(竹内涼真さん)に励まされ、ともに甲子園を目指します。

甘酸っぱい青春時代を舞台にした高校生の物語です。

かなり泣けることでも有名なようです。

3年間をつづった物語なので映画では、どこを切り取られ、端折られてしまうのかわかりませんが、マンガの最終回のあらすじを調べていきます。

以下、ネタバレ含みます。
[adsense]

2人は、部活を引退し、学校が終わると一緒に帰っていました。
帰り道吹奏楽部の音が聞こえると気になってしまうつばさ。

その帰り道には、進路の話になり、大介は部活推薦でA大に行けそうなんだと話します。
つばさは喜び、大学で野球する大介くんが見たいと言います。

大介はそれを聞いて、見たいじゃなくて応援してくんね?と言います。
そして2人は同じ大学を目指します。

マンガの最終回では、このような話の内容になっています。

映画ではどのような結末になるのでしょうか。

気になりますね!

映画『青空エール』土屋太鳳以外のキャストは?原作ネタバレも のまとめ

『青空エール』は、実写映画公開前から、かなり話題になっている映画です。

原作がかなりよかったため、かなりハードルが高いものになっていますが、
実力派若手俳優、女優がキャストを担当するということで期待はできる映画になると思います。

まだ詳しい公開日程は決まっていませんが、公開次第、見に行きたいと思います!

スポンサーリンク