プロ野球中継を見る方法2017最新版!スポナビライブがおすすめ?

2017年プロ野球開幕、野球ファンにとっては待ちに待ったシーズンの到来です。

この時期はそれぞれ贔屓のチームの優勝を信じ、今年こそはと気合が入っていますね。

プロ野球の人気を支えているプロ野球中継ですが、現在は様々なスタイルが確立されていることをご存知でしょうか?

ここではプロ野球中継を見る方法2017年の最新版、スポナビライブがベストなのかまとめたいと思います。

スポンサーリンク

プロ野球中継を見る方法2017最新版!テレビ中継は?

小さい頃父親が野球中継を見て自分の好きな番組が見られなかったという方はいるのではないでしょうか?

現在では地上波でのプロ野球中継が減少し、またその他番組の充実も相まって余りこういったことが聞かれなくなっているようです。

確かに昔はプロ野球中継が多く、地方でも巨人戦が数多く放送されたため地元の球団を持たない地方のほとんどが巨人ファンでした。

また、野球中継延長により昔のタイプのビデオでは録画が出来ていなかったという嫌な記憶がある人もいるはずですね。

テレビでの野球中継は家族団らんの一部であり、テレビ中継がプロ野球人気を支えてきました。

様々な視聴方法が増えているとは言え、やはりテレビ中継の視聴者が現在最も多いのも事実です。

現在最も基本的な視聴スタイルはやはり地上波放送です。

対戦カードや時間に制限はあるものの、地方により地元チームに特化したゲームを中継するなどして視聴者を満足させてくれます。

ただ、試合途中での放送終了に腹を立てるということもあり、この辺りは昔からのプロ野球中継と同じと言えます。

次にBS放送、NHKBSや各民放のBS放送は放送時間を延長し試合終了まで満足させてくれます。

また、各民放とのリレー放送を行っている場合もあります。

最後にCS放送、スカパーの「プロ野球セット」ならセパ12球団の公式戦全試合をすべて最初から最後まで見ることが出来ます。

スカパー「プロ野球セット」料金

【毎月かかる料金】
基本料421円(税込) + プロ野球セット月額3980円(税込)

さらに、スカパーを見るための対応テレビの有無やアンテナの取り付け、また加入料など初期費用も必要となります。

野球中継を見るのに満足できる内容であり、生活環境にあわせて考えると良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

プロ野球中継を見るならスポナビライブか?DAZNか?

これまでのプロ野球中継はテレビでの視聴が当たり前でした。しかし、ここ数年その視聴スタイルが大きく変わりつつあります。

スマホの普及やWi-Fi環境の整備などで、ネット配信でのスポーツ観戦が新たなスタイルとして確立されています。

動画配信サービスは様々ありますが、その中でもプロ野球中継はスポナビライブ
DAZNが2017年においては2強となっています。

最近CMなどでもよく耳にするこの両社、それぞれ料金は月額制で様々なスポーツを視聴することが出来ます。

スポナビライブとDAZNについて比較してみたいと思います。

スポナビライブとDAZNプロ野球視聴対象

スポナビライブ 10球団(福岡ソフトバンクホークス、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、埼玉西武ライオンズ、オリックス・バファローズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、東京ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、中日ドラゴンズ、横浜DeNAベイスターズ)が主催するオープン戦、公式戦およびクライマックスシリーズ、西武ライオンズ主催の2軍公式戦(一部除く)。
DAZN 2球団(横浜DeNAベイスターズ、広島東洋カープ)の主催試合。

各社以上のような視聴対象となっています。

ただ、それぞれ細かな規定があるため、HPで必ずチェックしてください。

スポナビライブとDAZN利用料金

スポナビライブ ・docomo 1480円
・au 1480円
・ソフトバンク 980円
・ワイモバイル/Yahoo!プレミアム 980円
DAZN ・docomo 980円
・au 1750円
・ソフトバンク 1750円

各社提携先によって利用料金が違っており、お試し期間などのサービスもあります。

プロ野球中継を見る方法2017最新版!スポナビライブがベスト?

スポナビライブとDAZNを比較してみましたが、結局どちらが良いのでしょうか?

料金や使用端末による比較はさておき、動画配信サービスとしてはそれぞれ特徴を持っています。

ただ今回のプロ野球中継を見る事に限っての結論は、

広島カープと巨人以外の試合をたくさん見たいのならスポナビライブ一択!

広島カープの試合をたくさん見たいのならDAZNという結論なのですが、DAZNの広島カープ中継に関して、広島県内では視聴出来ないようです。

おそらく、端末の位置情報などから判別していると予想されますが、広島県内にいるならテレビで観てねということなのだと思います。(様々な利権が絡んでいる感じがしますね…)

ちなみに巨人戦についてはこちらの記事にまとめました。

どのVOD(ビデオオンデマンド)サービスを利用してプロ野球観戦するかは、どのチームのファンなのかによって変わってくるということですね!

[adsense]

プロ野球中継を見る方法2017最新版!スポナビライブがベスト?のまとめ

今回は2017年のプロ野球動画配信サービスの2強、スポナビライブとDAZNを比較しました。

各社得意分野を持っており、視聴者側の応援しているチームや手持ちの再生端末の状況によってベストな選択肢は変わってきますね。

テレビでの野球中継はすっかり減ってしまいましたが、このように見ようと思えば全試合見られる環境が整っているというのは(お金はかかりますが…苦笑)非常に良い時代ですね!

スポンサーリンク