大谷翔平2017シーズン後のメジャー移籍の可能性は?二刀流は継続?

間もなく開幕するプロ野球2017シーズン。

例年に比べるとWBC2017の影響もあり、人々の目は野球に向けられているようです。

侍ジャパンのメンバーは自チームでどのようなパフォーマンスを見せるのか?そしてもう一つのトピックスは大谷翔平投手ですね。

ここでは大谷翔平投手、2017シーズン後のメジャー移籍の可能性について、また二刀流は継続するのかなどまとめます。

スポンサーリンク

大谷翔平の年棒が低かった理由は?

日本のみならずアメリカでもその活躍が伝えられる大谷翔平投手。

彼の一挙一動をマスコミは伝え、WBCの出場を辞退した際は世界の野球ファンに衝撃を与えました。

順調に成長曲線を描いている大谷選手、2016年シーズンは二刀流として活躍し、日本ハムを日本一へ導きました。

特に打撃面では非常に大きな成長を見せ、打者としても一流であると証明しました。

最高のシーズンを過ごした大谷翔平投手、期待された年棒は・・・2億7000万。

余りの少なさに世間を驚かせました。

通常の感覚でならかなり貰っていると言えそうですが、投手、野手両面で活躍した彼に対し、果たして適正な金額なのか?非常に議論を呼ぶ結果となりました。

球団の懐具合、チーム内でのバランス、ダルビッシュ投手との比較など様々な憶測を呼びましたが、一つ共通して報道されていることがあります。

それは、メジャーへのポスティング移籍の確約を取ったというものです。

チームの了承無しにはできないポスティング、この確約を取ったことで日本ハムとの良好な関係を保ったままメジャーへ移籍することができます。

そのため、年棒は抑えられたという報道は真実味をもって伝えられました。

選手として旬な時期に移籍を望むのは当たり前で、比較的早い時期にメジャーで大谷投手の活躍を見られるかもしれませんね。

スポンサーリンク

大谷翔平2017シーズン後のメジャー移籍の可能性は?

もともと高校卒業後日本球界を経由しないでメジャーを目指していた大谷翔平投手、そんな彼に対し日本ハムは強行指名をしました。

その後交渉を重ね日本ハムに入団することになるのですが、この時点でメジャー移籍への何らかの契約があったとされています。

それが2016年シーズン、投手として野手としての記録やチームの優勝など様々な条件を満たした結果、ポスティングの確約を掴んだと思われます。

このような経緯を鑑みると2017年オフでのポスティングが濃厚です。

このタイミングでの移籍は球団にとっても渡りに船、高騰が続いていた年棒も抑えられます。

ですが・・・一つに気なることがあります。それは右足首の怪我です。

報道されている通りキャンプでは好調を維持し快音を連発しています。

ただこれは打者としての話、投手としての調整は完全に遅れており、いつ初登板を迎えるかもわかりません。

このような状況をメジャーはどのように判断するのでしょうか?

昨年ドジャースに移籍した前田健太投手がメディカルチェックの結果で買い叩かれたことがありました。

この辺りは非常にシビアなメジャー、契約したとしてどのような内容になるのか心配されますね。

大谷翔平メジャー移籍後も二刀流は継続?

メジャーリーグへの移籍は既に既定路線となっている大谷翔平投手、更なる注目は果たして二刀流を継続するのか?という点ですね。

この論争は注目を集め、様々な意見が出ています。

ファンとしては日本での活躍のように、投手として打者として大活躍をしてほしいと勿論望みますね。

ただ、現実は非常に厳しいようです。

投手としての才能を非常に高く評価しているメジャー、たとえ打者として活躍しても怪我のリスクが増えるそのような起用法を望みません。

もしメジャーでホームランを20本打っても打者として起用されることは厳しいと言わざるを得ません。

ただ個人的な意見としては矛盾しますが、大谷翔平投手はメジャーでも二刀流を挑戦すると思います。

理由は簡単、大谷投手がそれを望むと考えるからです。

今回の契約更改でもわかるように、余りお金に執着するとも思えず、メジャー移籍のため、二刀流実現のためその旨を契約に盛り込んで金額を下げるということになるのではないでしょうか?

また本人も自分の価値をわかっているはずで、二刀流ありきでの移籍交渉になると考えます。

[adsense]

大谷翔平2017シーズン後のメジャー移籍の可能性は?二刀流は継続?のまとめ

大谷投手の二刀流に関しては日本球界でも反対があったように、メジャーでも必ず反対は起こります。

その時に日本でのように結果で反対意見を黙らせることが出来るでしょうか?

彼が「日本のベーブルース」と呼ばれる日を待ちましょう!

スポンサーリンク