大谷翔平アメリカスカウトの評価や知名度は?WBC辞退の反応も

WBC2017、準決勝でアメリカに敗れ侍ジャパンの王座奪還の夢は潰えました。

非常に厳しい試合展開、菅野、千賀両投手の好投は報われず、一体侍ジャパンには何が足りなかったのかを考えさせられる試合でした。

キャンプで好調を維持している大谷翔平投手、彼さえいれば・・・

ここでは大谷翔平投手について、アメリカスカウトの評価や知名度、WBC辞退の反応もなどまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

大谷翔平アメリカスカウトの知名度は?

野球ファンならずとも「大谷翔平」を知らない日本人はいないでしょう。

圧倒的な投手としての実力、また当初野球解説者から否定され続けた二刀流も2016年シーズンの成績を見るともはや否定することはできません。

野球選手としての能力以外にも彼のマスコミ対応、その他高い好感度によるCM出演など、彼の持つ才能は二刀流どころではないと感じますね。

日本における彼の知名度は、年末の紅白歌合戦の審査員を務めたことからも伺い知ることができます。

それではアメリカにおける大谷投手の知名度はどうなっているのでしょうか?

アメリカのスポーツ専門サイトや野球専門サイトでは数年前からすでに大谷選手について取り上げられています。

日本のプロ野球で通用した二刀流、当初は彼の実力よりももの珍しさからアメリカでも話題になりました。

「日本のベーブルース」として紹介され、メジャーリーグでは到底考えられない起用法に批判的な意見もあったようです。

ただ、その後大谷選手の投手としての能力にメジャースカウトが目を付けたことに始まり一気に知名度が上昇します。

当初は「二刀流」という物珍しさから始まった知名度も、現在は投手としての本物の能力も相まって非常に高くなっているようです。

スポンサーリンク

大谷翔平アメリカスカウトの評価は?

既に既定路線となっている大谷翔平投手のメジャー進出、近い将来メジャーの大谷翔平を見ることが出来そうです。

ネット裏にはメジャーのスカウトが待機し、常に大谷投手をマークしています。

実際に大谷選手を生でチェックしたスカウトが契約すべきと判断したことで、メジャーでも大谷投手の二刀流が見られると思っている方も多いのではないでしょうか?

ですが、それは少し違うようです。

確かに大谷翔平投手はメジャーから非常に高く評価されており、実際アメリカ国内において「地球上最強のMLB無所属選手であり、22歳の二刀流、大谷翔平」と報道されています。

ただ、二刀流は物珍しさであり、あくまで評価は投手としてです。

2016年シーズンの打撃を考えると、「あれだけ打てるんだったらメジャーでも打てるでしょ」とファンなら当然考えますね。

ですがメジャーの評価は、「投手としては唯一無二だが、打者としてあのクラスならいくらでもいる」とのこと。

確かにパワーのある選手はたくさんいるだろうけど、それだけでホームランは打てないのでは?と反論したくもなりますが・・・

まとめると、大谷翔平選手は投手としては非常に高く評価されているけれど、二刀流は遠慮願いたいということのようです。

大谷翔平WBC辞退の反応は?

既に終了したWBC2017ですが、過去の3大会に比べアメリカ国内での注目度、またアメリカ代表の本気度は高かったと報じられています。

確かにアメリカ代表のメンバーを見れば、過去に比べやっと本気になったとみて取れます。

またアメリカが初優勝したことはWBCに対するアメリカ国内での地位の向上に一役買ったのではないでしょうか?

そんなWBCですが、大会前に大谷投手が怪我のため招集辞退を発表したことは、日本のみならずアメリカでも衝撃をもって伝えられました。

大谷翔平WBC2017辞退による反応

米スポーツ専門局「CBSスポーツ」
 「残念ながら、WBCでオオタニをじっくり見られると思っていたアメリカのファンには、また悲報となった」

米メディア「スポーツ・オン・アース」
 「オオタニへの期待は高まるばかり」
 「この欠場は、彼への恋しさを一層募らせる」
 

これまでたくさんの選手がWBCで活躍した後メジャー進出を果たしており、WBCはまさしく見本市となっています。

怪我がなければアメリカの野球ファンや記者たちはアメリカ国内で噂の大谷翔平が見られたとあって、今回の件を非常に残念がっていたようです。

[adsense]

大谷翔平アメリカスカウトの評価や知名度は?WBC辞退の反応ものまとめ

規格外の二刀流を続ける大谷翔平投手の評価はアメリカ国内でも非常に高いことが分かりました。

それでは、将来メジャーへ進出した際はどうなるのでしょうか?

勿論ファンにとってはアメリカでも二刀流の実現を期待したいところなんですが・・・

ただ、現在足首の状態が良くないのも事実、まずは2017年シーズンを無事に過ごせることを願いたいですね。

スポンサーリンク