巨人の野球賭博問題まとめ。各選手の処分と今後、大物OB関与の噂も

2016年のプロ野球を間近に控えたタイミングで改めて世間を騒がせている、プロ野球賭博問題ですが昨年の騒動を知らない人は「何が何だかわからないよ!?」という感じではないでしょうか?

プロ野球ファン以外は正直、何が起こっていて誰が処分されてるのかとかチンプンカンプンでしょう。

ここで一連の野球賭博問題と処分選手の情報をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

野球賭博問題が発覚した経緯

2015年9月30日に読売ジャイアンツ二軍球場への訪問者から全ては始まります。

不動産会社の元社員が福田聡志選手へ借金の取立てに来てそれを球団関係者が対応すると百数十万円の取立てだったということが発覚します。

10月5日には巨人球団より福田選手が野球賭博に関与していたと発表されます。

その後、球団の調査で福田選手だけでなく同じく巨人の笠原将生選手、松本竜也選手も野球賭博に関与していたと発表されます。

賭博の内容はプロ野球だけでなく高校野球の試合やメジャーリーグの試合も含まれていました。

調査の結果を受け11月9日に巨人球団は緊急会見を開き福田選手、松本選手、笠原選手との契約を解除する方針を発表します。

翌11月10日にNPB熊崎コミッショナーは3選手を無期失格処分とし巨人球団に1000万円の制裁金を課すことを発表。

その後巨人球団は当該3選手の契約解除を発表しました。

ここで野球賭博問題は幕引きと思われたのですが、約4ヶ月後の2016年3月8日に高木京介選手の関与が新たに発覚することになります。

時系列で簡単にまとめると…

2015年

9月30日
不動産会社元社員が読売ジャイアンツ球場の福田選手へ取り立て

10月5日
巨人球団より福田選手、松本選手、笠原選手が野球賭博に関与していたことが発表される

11月9日
巨人球団が福田選手、松本選手、笠原選手の契約を解除する方針と発表

11月10日
NPBより巨人球団に制裁金1000万、当該3選手を無期失格処分との裁定が下される

11月10日
巨人球団は当該3選手と契約解除、原沢敦専務取締役兼球団第条が引責辞任と発表

11月10日
巨人球団は桃井恒和会長、久保博社長の取締役報酬50%返上、と発表

11月10日
巨人球団は渡邉恒雄最高顧問、白石興二郎オーナーの2ヶ月間取締役報酬全額返上と発表

2016年

3月8日
巨人球団より高木京介選手が野球賭博に関与と発表

3月8日
巨人球団が渡邉恒雄最高顧問、白石興二郎オーナー、桃井恒和会長が引責辞任と発表

3月9日
高木京介選手が会見

となっております。

高木京介選手に関してはまだどうなるかわかりませんが、NPBの裁定が下るまでは謹慎処分となっております。

スポンサーリンク

当該選手たちの現在と今後は?

野球賭博に関わり最初に発覚した3選手の処分はすでに終わっており、高木京介選手のみ保留です。

契約解除された3選手は日本球界の他チームに移籍することは当然できず、NPBが協定を結んでいるメジャーリーグ、韓国リーグ、台湾プロ野球、中国野球リーグではプレーできません。

今は何をやっているかというと

福田選手・・・都内でパチンコ
松本選手・・・地元の香川県で土木作業のアルバイト
笠原選手・・・草野球チームに復帰、twitterで人生相談?

なかなか普通の仕事は難しそうです。

野球に関する世界は子供〜大人まで礼節を重んじる傾向、クリーンでなければならないという意識が特に強いので、今後野球に関わることも難しいでしょう。

プロ野球に入れるということは、本当にとてつもない才能を持った限られた人間なのに、もったいない話です。

大物OBなどが関与しているとの情報も!?

高木京介選手以外にも野球賭博に関わっているプロ野球関係者はまだいるのでは?と言われています。

高木選手の会見でもあったとおり”すごく怖い人”がいるのは確定的に明らかです。

しかも、OBが数名絡んでいるとも言われています。

もちろん噂の段階なのでこれからどうなるかわかりませんが引退しているO投手や巨人ではないT選手などが関わっているとの情報がネットなどで出回っています。

T選手は清原覚醒剤問題の時も名前が挙がっていましたね。本当に何もなければいい迷惑でしょう。

しかし、火のないところに煙は立たないともいいます。

果たして真相はどうなのでしょうか。続報を待ちましょう。

[adsense]

巨人の野球賭博問題まとめ。各選手の処分と今後、大物OB関与の噂も のまとめ

野球ファンとしてはこれ以上、野球賭博問題に関わっていた選手が出てこないことを願うのみですが、週刊文春がまだスクープを持っているのでは?との噂もあり、引き続き注目が集まりそうです。

ちなみに高木京介選手は一人で会見をするなど誠意は見せてくれました。

他の3選手と違い、昨年も結果を残しており、2016年も期待されている選手だったので、会見を開いて今後もプロ野球選手として球界に残れるように巨人が手を回しているのでは?と感じました。

しかし、重大な協約違反をしたことに変わりはありません。

NPBがどういう判断をするのか注目です。

スポンサーリンク