新宿御苑2017桜ライトアップはある?お花見時期の開演時間や見頃も

東京の新宿にある庭園『新宿御苑(しんじゅくぎょえん)』。

内閣総理大臣主催による『桜を見る会』が行われる、日本を代表する桜の名所です。

様々な種類の桜が植えられているため長期間に渡って桜の観賞を楽しめることや、新宿というアクセスの良さも手伝って、花見に気軽に出かけやすい庭園であるとも言えるでしょう。

この記事ではその新宿御苑について、2017年の開園時間や桜の見頃、ライトアップ情報についてまとめていきます!

スポンサーリンク

新宿御苑2017年桜シーズンの開園時間情報!

新宿御苑は基本月曜日(月曜が休日の場合は翌平日)が休園ですが、毎年3/25~4/24の間は休園なしで毎日開園します。

2017年も2017/3/25(土)~2017/4/24(月)の間は毎日開園となります。

開園時間は朝9:00から夕方16:30までとなっています。

ただし、2017/4/15(土)は『桜を見る会』が開催されますので、それに伴う開園時間の遅れが予想されます(2016年の『桜を見る会』開催時は10:30開園に繰り下げ)。

新宿御苑2017年3月~4月の開園期間

2017/3/25(土)~2017/4/24(月)は休園なし

それ以外の期間は月曜(月曜が休日の場合は翌平日)休園

 

新宿御苑の開園時間

9:00~16:30(最終入園16:00)

※2017/4/15(土)は『桜を見る会』開催のため、開園が遅れると思われます。

スポンサーリンク

新宿御苑2017年の桜のライトアップは?

新宿御苑のライトアップについてですが、新宿御苑を管理する環境省のホームページに以下のような文言があります。

環境省ホームページより引用

(問23)

夜桜やライトアップした新宿御苑を楽しめるようにならないでしょうか。

(答23)

新宿御苑の園内には照明設備がなく、夜間に庭園を観賞していただくことができません。夜桜は他の公園等で楽しむことができますし、新宿御苑を管理している環境省としては、地球温暖化の原因となるCO2削減の立場から新たな照明設備を整備していくことは差し控えたいと考えています。しかし、照明を要しない範囲で桜を夕刻まで楽しみたいという要望も多いことから、開園時間の延長について、現在検討しているところです。

よって、新宿御苑における桜のライトアップは2017年もありません。

今後も新宿御苑でのライトアップの実現は難しいようです…

文言にもある通り、桜のライトアップは他の場所で楽しみましょう。

昼は新宿御苑で花見をして、夕方以降はライトアップの行われる場所へ移動して花見、というのも手です。

新宿御苑の桜の見頃は?

新宿御苑には約65種類もの様々な桜があり、おおよそ3月上旬から4月下旬までの長期間に渡って桜の観賞を楽しむことができます。

寒桜のような早咲きの桜の一部は既に見頃のピークを過ぎているものもあります。

今後は4月上旬頃にソメイヨシノなどが見頃のピークを迎え、4月中旬から下旬にかけては八重桜などの遅咲きの桜が楽しめます。

多種多様な新宿御苑の桜ですが、その中で新宿御苑を代表する品種とされているのはソメイヨシノではなくサトザクラの一種である『一葉(イチヨウ)』であり、『桜を見る会』が行われる4月中旬に見頃のピークを迎えます。

新宿御苑2017年桜シーズン開園情報・桜の見頃などについてのまとめ

既に早咲きの桜が次々と見頃を迎えている新宿御苑。

残念ながらライトアップは行われませんが、ソメイヨシノ以外にも様々な桜が植えられているので、ソメイヨシノが満開の時期は予定があるから花見ができない…と思っている方でも花見を楽しむことができるスポットとしておすすめできます。

日本を代表する桜の名所に訪れてみてはいかがでしょうか。

以上、新宿御苑2017年桜シーズンの開園情報やライトアップ情報、見頃などについてまとめてみました!

スポンサーリンク