ワールドトリガー最新刊19巻発売日情報!18巻ネタバレと感想も

葦原大介先生による2作目となる週刊少年ジャンプ連載作品、ワールドトリガーの18巻が発売されました。

ジャンプで人気のSFバトル漫画、ワールドトリガーですが、2016年からは葦原先生の体調不良が理由で休載が多くなっていましたね。

その中での新刊発売になりましたが、待ちに待った方も多かったのではないでしょうか。
そして新刊が発売されると、ついつい連載も再開されるのではないかという期待を持ってしまいますね!

こちらの記事では、ワールドトリガーの最新刊19巻の発売日情報や、18巻のネタバレや感想も紹介していきますので、どうぞ最後までご覧になってくださいね!

スポンサーリンク

ワールドトリガー最新刊19巻発売日はいつ?

『ワールドトリガー』は、異世界からやってくる侵略者であるネイバー(近界民)と防衛組織のボーダー(界境防衛機関)との戦いを描いているSFアクションマンガです。

全国ネットでアニメも2014年10月5日から2016年4月3日まで放送されていました。

それでは、『ワールドトリガー』の過去のコミックス発売日をご紹介していきますね!

『ワールドトリガー』コミックス発売日

15巻は2016年06月03日 発売
↓ 約3カ月

16巻は2016年09月02日 発売
↓ 約3カ月

17巻は2016年12月02日 発売
↓ 約3カ月

18巻は2017年03月03日 発売

過去のコミックス発売日を見てみると、約3カ月ごとに新刊が発売されていますね。

なので順調にいくと新刊の19巻は2017年06月頃の発売が予想されます!

が、残念ながら今は連載再開の時期が未定となってる為、19巻が発売されるのはもっともっと先だと予想します。

体調不良が原因との事ですから、再開時期が未定になってしまうのは仕方ないですね。

葦原先生の体調が早く良くなる事を祈ります。そして元気な姿で連載をスタートさせてほしいですね!

スポンサーリンク

ワールドトリガー18巻ネタバレ!

『ワールドトリガー』18巻には、152話~160話までが収録されています。

それでは、『ワールドトリガー』18巻のネタバレを紹介していきます!

第152話 『玉狛第2⑰』

B級ランク戦ROUND6、全部隊転送完了の所からスタート。

B級 3位の生駒隊、4位の玉狛第2、5位の王子隊の3チームが一斉に動き出します。

隠岐はグラスホッパーを使って、狙撃ポイントの建物の上に到着します。隣のビルには樫尾の姿が。

いきなり見つかるも狙撃すると避けられてしまいます。樫尾は隠れて王子に通信を入れて隠岐の位置情報を教えます。

そして王子隊は確実に修の居場所を絞っていきます。ここで遊真が動き、ビルの上で千佳はライフルを構えます。

色んな駆け引きがある中で遊真は王子に罠を気づかれてしまいます。

王子は樫尾に、バッグワームを着て南東に向かってくれとと指示します。一方一人で焦る修は、いつの間にか樫尾と南沢に囲まれてしまいます。

遊真はバレた事を修に伝え、千佳と一緒に修の方へと向かいます。しかしそこには同じく移動してきた樫尾と南沢が鉢合わせをします。

それをビルの隙間から見ている修。

第153話 『生駒達人』

ワイヤー地帯で鉢合わせになった樫尾と南沢。

隠れている修はどう動くかを考えますが、王子は修の考えを読んでいます。

樫尾と南沢のバトルが始まっています。

そこに生駒が到着。合流するように伝えますが、他の二人が来る前に終わらせると言います。

しかし、樫尾にやられてベイルアウトしてしまいます。

一人落とした王子隊は樫尾隊員と合流して三雲隊長を追っていきます。

そして移動しようとるす王子隊の前にグラスホッパーで先回りをする遊真。

そこで王子と遊真が何かに気づきます。視線の先には狐付きを構える生駒の姿が。

強烈な斬撃でスコーピオンが2本とも折れ、脇腹も斬られてしまいます。

第154話 『生駒達人2』

生駒の斬撃が2部隊を襲います。

その中で、王子と蔵内が先に遊真を狙おうとします。

王子隊が全員で追尾弾を起動し、遊真へと放ちます。

遊真はシールドで防ぎつつ、民家へ逃げます。

生駒は王子隊をせめていき王子隊の足元を狙います。

シールドで防ぎますが、蔵内が左肩を削られてしまいます。

そんな蔵内を王子と樫尾が守ろうとしますが、遊真が民家から飛び出し蔵内を攻撃。

蔵内隊員は落ちてしまいました。

ここで王子隊は一旦生駒隊の射程から出ます。

そして生駒隊と遊真が激突します!

一方、千佳と隠岐が同時に王子隊に気づきます。

第155話 『王子隊』

千佳が動きますが、樫尾に見つかり、王子も隠岐を発見します。

千佳が狙わている事を遊真から聞いた修は千佳のところに向かい、遊真には北に向かうように指示。

隠岐も雨取も味方の合流に向かいます。

樫尾に気づいた千佳は走り続け、そこで千佳の頭上に追尾鉛弾が発動し、樫尾へと襲い掛かります。

ここで樫尾の回想シーンに入り、王子から、追尾弾を防ぐんじゃなくて打たせないようにするという発想を思い出します。

そして樫尾は絶え間なく攻撃して、千佳にシールドを使わせるようにします。

千佳は逃げますが、フェイクでジャンプをし、ワイヤーを匂わせ樫尾を戸惑わせます。

ハウンドを起動しますが、修が突然現れシールドで防ぎます。

この後、修がスラスターを決めて樫尾をベイルアウトします。

場面が変わり、遊真と生駒隊の戦いに移ります。隠岐の攻撃が命中し、右腕を失ってしまう遊真。

また場面が変わり、修と千佳は遊真と合流に向かおうとしますが、王子が現れアステロイドを放ちます。

修はギリギリでガードします。

第156話 『王子一彰』

修はアステロイドを放ち、王子はシールドでガードします。

千佳は修の前を走ります。

修は戦い方を考えますが、王子に見透かされ、きみはそこまで強くないという言葉とともに、右腕を切り落とされます。

王子の前に回り込み、アステロイドを放ちますが、シールドで防がれ、煙で視界も悪くなり、煙の中から修の首を刃で貫かれます。

ここで修はベイルアウト。

残された千佳はシールドで防御しながら逃げますが、ハウンドを放ち続ける王子に追いかけられます。

しかし千佳がハウンドを放ち、大きな爆発が王子の行く手を遮ります。

千佳はワイヤー地帯に到着。遊真も到着。

そこにいた隠岐に千佳は狙い撃ちされますがシールドで防御。

現在の得点は生駒隊が0、玉狛第二が2点、王子隊が2点。

そして残り6人。勝負の行方は?!

第157話 『玉狛第2⑱』

接近戦で戦う、遊真と生駒。

遊真がスピードを上げていき、生駒が苦戦します。

一旦後ろに下がり、生駒が旋空、水上がバイパーで遊真を攻撃します。

遊真はブロックの破片をグラスホッパーで水上に飛ばし顎に命中させます。

水上が大勢を崩したところに、千佳が鉛弾を体に命中。

そして王子が横取りして水上の背後から首を切り落とします。

ここで水上がベイルアウト。

その時に生駒が旋空を放ち、王子は何とか避けますが、左足の膝下を切られます。

千佳は王子と生駒のいるところに砲撃し、鉛弾を撃っていきます。

王子はそれを避け、生駒は狐付きで鉛弾を受け止めます。

そこに、隠岐が千佳を捕捉し、千佳の両脇を弾が炸裂します。

そして、王子と遊真が対峙し、狙撃がなくなったため、生駒が建物ごとワイヤーを斬っていきます。

王子は遊真に向かっていきますが、遊真はグラスホッパーでワイヤー付きの瓦礫を飛ばし、王子の片足に引っ掛け、王子は態勢を崩します。

そしてスコーピオンで王子の胸を貫通させます。

第158話 『玉狛第2⑲』

遊真のスコーピオンに貫かれた王子。

王子はここでベイルアウトします。

直後、遊真は王子が仕込んでいたハウンドが現れ、左足にあたります。

致命傷にはならなかったが、深手を負った遊真。

そして次は生駒と対峙します。

千佳は作戦室の修の指示で隠岐を狙います。

隠岐も自分を狙っている事に気づきお互いに発射し隠岐は左肩に鉛弾をつけられ、千佳は左足を吹き飛ばされます。

同時に遊真と生駒も動き始めますが、遊真は隠岐を攻撃し、ここで隠岐がベイルアウト。

すぐに追ってくる生駒に備える遊真でしたが、旋空が直撃し、胴体が真っ二つに。

ここで遊真がベイルアウト。それを見た千佳もベイルアウトを選択します。

得点結果は、玉狛第二が4点、生駒隊が3点、王子隊が3点。

よって玉狛の勝利となりました!

第159話 『ヒュース③』

玉狛第二加入の為に昇格を目指すヒュースの姿。

話は入試試験になります。

ヒュースはあっという間に新入隊員を蹴散らし、あっという間にB級昇格が決定します。

他のB級隊員がヒュースに勝負を挑みますが、みんな完敗してしまいます。

そして辻先輩とも勝負する事に。

ヒュースはさっきまでの相手より手強いと感じますが、それでも勝ちました。

そこに生駒が登場します。

第160話 『ヒュース④』

生駒はヒュースの試合の記録を見て感心します。

そして自分も戦いたいと。

ここで生駒とヒュースが5本先取勝負で戦います!

1本目はヒュースの腰を真っ二つに。生駒が勝利。

ヒュースは冷静に分析をします。

そして2本目と3本目はヒュースが勝利します。

試合は進み、お互いに4本獲得。

最後は生駒が攻撃し、ヒュースを旋空狐月で真っ二つにします。

が、反則負けでヒュースが勝利します。

そこに太刀川が登場し、ヒュースと勝負しますが、5本と1本で太刀川が勝利しました。

場面は変わって玉狛支部。

ヒュースはB級に上がった事をみんなに報告します。

宇佐美はヒュースに隊服が仕上がった事を伝え、早速きてもらいます。

遊真も修も千佳も隊服を着て4人揃います。

ワールドトリガーを電子書籍でお得に読みたい方はこちら

ワールドトリガー18巻の感想は?

B級ランク戦が始まってスピード感のある熱い戦いが読んでいて面白かったですね!

159話からはイケメンのヒュースも登場し、160話ではやっとヒュースが玉狛メンバーに加わり、今後も目が離せないですね。

まとめ

18巻のB級ランク戦は、玉狛が無事勝利できてよかったです。

すごい頭脳戦でしたが、それを考えている葦原先生はすごいなと感じます。

新刊が出たばかりですが、もう次の19巻が待ち遠しいです。

今は休載中ですが、今年中に葦原先生が復帰されたらうれしいですね!

スポンサーリンク