ヴィンランド・サガ最新刊19巻発売日情報!18巻ネタバレと感想も

北欧のヴァイキング達を描いた漫画『ヴィンランド・サガ』。

2016/8/23に18巻が発売された後間が空きましたが、19巻の発売も間もなく迎えようとしています。

17巻のヒルドとの戦いではなんとか生き残ったトルフィンですが、18巻からはまた新たな壁が立ちはだかってきます。

この記事ではヴィンランド・サガ19巻の発売日情報や18巻のネタバレ・ネット上の感想についてまとめていきます!

スポンサーリンク

ヴィンランド・サガ19巻発売日情報!

ヴィンランド・サガ19巻は2017/4/21(金)発売予定となっています。

今回も前の巻の18巻から間隔が空いてしまっているので、発売まで18巻を復習がてら読み直しておくのもよいでしょう。

ヴィンランド・サガ19巻発売予定日

2017/4/21(金)

スポンサーリンク

ヴィンランド・サガ18巻のネタバレ!

ヴィンランド・サガ18巻のストーリーのネタバレをまとめてみました!

ヴィンランド・サガ18巻収録話

123. 借り物の命

124. ノルウェー出立

125. バルト海戦役(1)

126. バルト海戦役(2)

127. バルト海戦役(3)

128. バルト海戦役(4)

129. バルト海戦役(5)

ヒルドとは『トルフィンの監視』という名目で和解したものの、彼女に負わされたトルフィンの傷は重く、春までの休養を余儀なくされます。

春になって出立することになり、その際に逗留させてもらった一家に赤ん坊のカルリの里親になってもらおうとしますが、出立間際にカルリに泣かれ、グズリーズがその泣き声を聞いて別れるのが辛くなったため、結局カルリもトルフィン達と共に船旅に出ることになりました。

デンマーク王の拠点・イェリングに到着した一行ですが、そこでフローキとヴァグンによるヨーム戦士団団長の後継争いに巻き込まれます。
フローキはトルフィンの父トールズ暗殺に関して裏で糸を引いていた人物で、かつてトルフィンと決闘を行った戦好きのトルケルと接触しています。

トルケルの配下達がふとしたことでトルフィンの名を聞いてしまったことでトルフィンは彼らに絡まれ、いざこざの末に結局トルフィンはトルケルの元へ向かう羽目になります。

トルケルは『トルケルらしいやり方』でトルフィンが本人であることを確認し、さらにフローキもその場に現れます。

フローキはヴァグンとの後継争いのためにトルケルに協力を求めているようですが、トルケルはその血統上トルフィンこそが後継にふさわしいと突然はやし立てます。

もちろんトルフィンは後継争いなどに興味はなく、そのことを2人に告げてその場を去り、船を出発させます。

フローキは他に後継者候補がいるということが気に入らないようで、トルフィンに対して刺客を送ります。

刺客達の軍船とトルフィン達の貨物船では速度が違い、追いつかれるのは時間の問題なので、トルフィンは自分が囮となることで何とかすることに。

トルフィンは『監視』の名目でついてくるヒルドと2人で行動することになります。

何とか刺客達を撒こうとするトルフィンでしたが、刺客達はトルフィンを逃がさないために周囲にあった漁船を燃やし、漁民を殺害していく非道な行動に出ます。

その行為を阻止するためトルフィンは刺客達の前に姿を現します。

トルフィンを取り囲んだ重装の刺客達は丸腰のトルフィンに対して余裕の様子で、そのうち1人がトルフィンに決闘を挑みますが、トルフィンの実力の前にあっけなく倒されます。

別の刺客が決闘するもこれまたあっけなく退けられてトルフィンの実力をようやく悟った刺客の隊長は全員で挑むように指示しますが、ヒルドの援護も加わって刺客達は次々と撃退されていきます。

刺客達の残りが3人となったところで、実はヴァグン側のスパイであった2人が突如刺客の隊長を殺害、素性をトルフィンに明らかにしてヴァグンへの協力を要請します。

しかし争いのない世界を求めるトルフィンに無論そのような抗争に協力する気はなく、拒否します。

それに対しヴァグン側の2人は『羊の皮を被ったとて、狼が羊の群れの中で暮らすことはできない』と告げ、さらにフローキの刺客によって今後もこのようなことが起こり続けてしまうと反論します。

そしてトルフィンは『羊』たる漁民にとって自身は恐怖の対象でしかないという彼らの言葉通りの事実をも突きつけられます…

ちなみに婚約者のグズリーズに逃げられた屈辱からトルフィン一行を追っていた『シグやん』ことシグルドの動向ですが、彼らはトルフィンの休養中にうっかりトルフィン一行を追い抜いてしまい、さらにその間に海賊に襲われて、奴隷にされてしまっていました。

ヴィンランド・サガ18巻のネット上の感想!

ヴィンランド・サガ18巻もネット上ではおおむね好評のようです。

トルフィンが自身の理想の前に立ちはだかる壁にどう立ち向かっていくのか、今後を楽しみにする読者が多く見られました。

平和な状態に我慢できないトルケルや、うっかり奴隷にされてしまったシグルド(シグやん)といった濃いキャラに関する感想も多く見られました。

18巻の内容自体は文句なしといった感じですが、話の進行が遅い点だけは気になる読者が多いようです。

ヴィンランド・サガ18巻を電子書籍でお得に読む!

[adsense]

ヴィンランド・サガ19巻発売日情報や18巻のネタバレ・ネット上の感想についてのまとめ

トルフィンの前に次々と壁が立ちはだかっている『ヴィンランド・サガ』。

ヨーム戦士団団長の後継争いに巻き込まれたトルフィンが19巻以降どのように巻き込まれていくのか、そしてトルフィンがどのように行動するのかが楽しみですね(トルフィンにとってはいい迷惑なのですが…)。

また、トルケルやシグルドといった濃いキャラ達の動向にも注目ですね。

以上、ヴィンランド・サガ19巻発売日情報や18巻のネタバレ・ネット上の感想についてまとめてみました!

スポンサーリンク