恋は雨上がりのように最新刊7巻発売日情報!6巻ネタバレと感想も

雑誌『ビッグコミックスピリッツ』で連載中の、元陸上部の高校生『橘あきら』と中年男性『近藤正己』の恋愛模様を描いた漫画『恋は雨上がりのように』。

単行本は6巻まで発売されており、7巻の発売も近づいています。

この記事では『恋は雨上がりのように』7巻の発売日情報や6巻のネタバレ、ネット上の感想についてまとめてみます!

スポンサーリンク

『恋は雨上がりのように』7巻発売日情報!

『恋は雨上がりのように』7巻は2017/3/10(金)に発売予定となっています。

電子書籍版についても紙の単行本と同時に配信される予定となっています。

『恋は雨上がりのように』7巻発売予定日

2017/3/10(金)

スポンサーリンク

『恋は雨上がりのように』6巻のネタバレ!

『恋は雨上がりのように』6巻のストーリーのネタバレを紹介します!

6巻では第41話~第48話の8話が収録されています。(各話ごとのタイトルはありません)

第40話(5巻収録)で登場した『倉田みずき』によって、これまであまり進展のなかったあきらの陸上に関する方面に大きな動きがありました。

倉田みずきは京都から引っ越ししてきた高校1年生(通っているのはあきらとは別の高校)で、新人戦の200m走で新記録を出しています。

彼女は2年前にはあきらと同じアキレス腱断裂を発症したものの、そこから復帰して現在は問題なく競技を続けています。

1年前の中学の頃に他を圧倒するあきらの走りを見て驚愕し、憧れのようなものを抱いていました。

そのため同じ故障で陸上をやめてしまっているあきらに納得がいかないようです。

あきらはそのみずきの登場によって陸上のことが再び気になり始めた様子です。

故障の際の夢を見てしまったり、みずきのことについて友人の喜屋武はるかに聞いたりしています。

表向きはクリスマスに向けてバイト仲間の西田ユイとクリスマス用のマフラーの編み物に挑戦したり、バイトのシフトを多めに入れたりするなどして陸上のことを忘れようというような行動が見られますが、内心はなかなか忘れられない、といった感じです。

近藤はそのあきらの内心の変化に気づいたのか、気にかけるような行動が見られます。

偶然出会った喜屋武はるかにアキレス腱断裂からの復帰の話を聞いたり、バイトのシフトを多く入れたあきらに他にやることはないのか、と尋ねたりするなど、さりげなくあきらの陸上復帰へのサポートをするような感じがします。

サブキャラでは西田ユイと吉澤タカシの物語が1話分(第44話)使って描かれています。

先述のマフラーの編み物について、ユイが吉澤の祖母に編み物を教わるという流れになって、そこから2人の恋模様が描かれています。

その他、近藤の元妻が顔見せしています。あきらと近藤の物語にはまだ絡んできていませんが、今後の動向に注目のキャラと言えます。

『恋は雨上がりのように』6巻のネット上の感想!

『恋は雨上がりのように』6巻のネット上の感想を紹介します!

6巻では倉田みずきの登場によってあきらの陸上に関する話が大きく進み、各キャラの心情に変化がもたらされていて今後の展開が楽しみになったという感想がよく見られました。

陸上の話が大きくクローズアップされた一方、この6巻ではあきらと近藤の恋愛模様の進展は停滞気味となっており、そちらの話の展開を期待していた読者にとってはやや期待外れ、という見方もあるようです。

恋愛模様ではサブキャラである西田ユイの話が進んだため、そちらに関する感想も見られました。

また6巻付属の帯にはゆうきまさみ先生による推薦コメントがありますが、そこには近藤にそっくりと噂されていた後藤隊長(機動警察パトレイバーの登場人物)とあきらがゆうき先生によって描き下ろされていることも話題になりました。

恋は雨上がりのように6巻を電子書籍でお得に読む!

[adsense]

『恋は雨上がりのように』7巻発売日情報と6巻のネタバレ・ネット上の感想についてのまとめ

まもなく7巻が発売する『恋は雨上がりのように』。

6巻ではあきらの陸上に関する話に大きな動きがあったので、7巻ではどのように話が進むのか楽しみになってきました。

あきらの陸上の話や近藤との恋愛がどのように進んでいくのかに注目ですね。

また、3/6(月)発売のビッグコミックスピリッツで『重大発表』があるとのことなので、そちらにも注目です!

以上、『恋は雨上がりのように』7巻発売日情報や6巻のストーリーのネタバレ・ネット上の感想についてまとめてみました!

スポンサーリンク