だがしかし最新刊7巻発売日情報!6巻ネタバレと感想も

『週刊少年サンデー』で連載中のコトヤマ先生による駄菓子を題材にした漫画『だがしかし』ですが、駄菓子屋の息子で漫画家志望の鹿田ココノツと、都会の駄菓子マニアの美少女、枝垂ほたるが現れて、あの手この手で駄菓子屋を継がせようとするコメディ漫画です。

2016年1月から3月にはアニメ化も果たし、順調にコミックス部数も伸ばしている人気駄菓子漫画で、その魅力はほたるやサヤなどの可愛い女の子もですが、1話完結で題材にされる駄菓子はほぼ実在する名称で紹介されており、ものすっごく美味しそうだし、とても懐かしい気持ちになります。

2017年2月現在、6巻まで発売になっている『だがしかし』の最新刊7巻の情報や、6巻のネタバレや感想などをご紹介します。

スポンサーリンク

だがしかし最新刊7巻発売日はいつ?

6巻は2016年10月18日に発売され、もうすでに公式で7巻の発売日情報が出ています。

『だがしかし』最新刊7巻発売日は2017年3月17日です!

もうすぐ発売になりますので、今からとても楽しみですね!

スポンサーリンク

だがしかし6巻ネタバレ!

6巻は第93かし~第108かしまでの収録になっています。

各話で取り上げられていた駄菓子やテーマはこちらになります。
第93かし・『かんばんシールチョコ』
第94かし・『ふ~せんの実ガム』
第95かし・『ニッキ水』
第96かし・『ブロイラー』
第97かし・『むぎチョコ』
第98かし・『プチプリン』
第99かし・『ミニオッパイキャンデー』
第100かし・『ブタメン』
第101かし・『タトゥーシール』
第102かし・『かき氷』
第103かし・『昆虫採集セット』
第104かし・『餅太郎』
第105かし・『追憶』
第106かし・『ホームランバー』
第107かし・『花火大会』
第108かし・『追伸』

といった感じになります。

季節はずっと続くかと思った夏休みから、一変、季節は巡ります。緩い感じで進むかと思いきや、花火大会を一緒に行ったり、楽しんでいたように思いますが、ホームランバーのあたり棒をココノツに託すとそこから姿を消してしまうほたる。

すっかり季節は秋を飛び越えて、冬に舞台を移すところで6巻はおわります。

なんだかシリアス展開っぽいですよね…どうなっちゃうの?

各話思わず食べたくなるようなリアルな駄菓子のうんちくが詰め込まれた漫画になっていますが、ところどころでにおわせる危ない表記…(昆虫採集セットの注射器のくだりとか、ミニオッパイキャンデーのミニがどこにかかっているのか、とかどんな客層に売れているのかは個人情報だから言えない・・・とか笑)

詳しくは『だがしかし』6巻を読んで、その辺確かめてみてくださいね!

だがしかし6巻の感想は?

気になるところで終わってしまい、ほたるはいつ現れるのか・・・?

ネット上での感想はどんな感じなのか、調べてみました♪

今までのノリにない展開だから、焦ってしまう読者さんも・・・
わかります。

手羽先が駄菓子扱いなんて、驚きました。私も6巻を見て初めて知りましたよ。

東日本にはあまりないのかな?ぜひ一度食べてみたいです。

当たりくじを当てたことのなかったほたるさんがまさかのあたり・・・嫌な予感しかしないと思います・・・急展開に目が離せませんね。

いつものノリを思って読み進めていたらまさかの衝撃展開!!に、驚きを隠せなかったですね。

だがしかし6巻を電子書籍でお得に読む!

[adsense]

まとめ

だがしかし6巻を読んで、私も含めネット上の方々も驚いた、ショッキングだったって意見が多く見られました。

サザエさん方式で続くのかと思われた夏が、一気に終わりをつげられて。

物語が一気に動き出すのかって楽しみもありますが、やはり、ほたるさんの行方が気になるところです…

次巻には新キャラクターも登場するようですし、だがしかしの世界はまだまだ奥深いようです。

もうすぐ発売の『だがしかし』最新刊7巻も、楽しみですね!

スポンサーリンク