たまむすび後任は誰?赤江珠緒の卒業・高齢出産に応援の声も!

TBSラジオお昼の人気番組『たまむすび』2017年2月16日(木)放送の回で赤江珠緒さんの妊娠と番組卒業が発表されました。

『たまむすび』は2012年4月2日にスタートし、2017年4月で6年目に突入するところでした。

番組放送開始時は、月〜木曜日を赤江珠緒さんがメインパーソナリティを務め、金曜日のみTBSアナウンサーの小林悠(ナタリー)さんが担当されていましたが、小林悠さんは2016年3月いっぱいで卒業されました。

今回の赤江珠緒さん妊娠・卒業で番組スタート時のメインパーソナリティがいなくなってしまうTBSラジオ『たまむすび』の後任についてまとめていきます。

スポンサーリンク

『たまむすび』赤江珠緒の後任は?

『たまむすび』は2017年3月現在、月〜木曜日のメインパーソナリティ赤江珠緒さんに加え、各曜日パートナーが毎日1人ずつ入れ替わる形で放送されています。(月曜日:カンニング竹山 / 火曜日:山里亮太 / 水曜日:博多大吉 / 木曜日:ピエール瀧)

ちなみに金曜日は2016年4月からTBSアナウンサー安東弘樹さんと玉袋筋太郎さんというタッグで放送しています。

赤江珠緒さんのテレビでは見せないポンコツ(失礼!)っぷりを、曜日パートナーを務める人気芸人さんがツッコミ・フォローする様子が昼下がりにぴったりで、番組開始当初は苦戦したものの、年を重ねる毎にファンを増やしている人気番組です。

今回の赤江珠緒さん妊娠を受けて、Twitter上で#tama954や赤江珠緒がトレンドワードに入るなど、大きな反響を呼んでいます。

Twitter上では赤江珠緒さんの妊娠を祝福する声や高齢出産を心配する声が中心の中、たまむすびの後任についてもつぶやいている方がたくさんいらっしゃいます。

TBSのアナウンサーは入社時からテレビもラジオも担当することもあり、お昼のワイド番組のメインパーソナリティを務められる実力者がたくさんいるので、人によって意見がバラバラですね。

私は爆笑問題の日曜サンデーに出ている、江藤愛さんと外山惠理さんがラジオ上手な印象があるので、このお2人も候補に入れておきたいですね。(外山惠理さんはないかなぁ…)

赤江珠緒さんは卒業で番組は続くということで、やはり名前に「たま」が付く人を探したくなりますよね…

私が考えて出てきたのは緒川たまきさん!

年齢も赤江珠緒さんの3つ上ということでちょうど良い!

ですが、ラジオ番組はほとんどやられていないようなので、可能性はほぼゼロでしょう…

篠原ともえさんは複数の方が名前を挙げていますね。

30代以上の方は「あの、シノラー?」と思われたと思いますが、あの、シノラーです。(笑)

篠原ともえさんは現在TBSラジオで夕方17:50〜22:00に放送されている『TOKYO JUKEBOX』という番組の水曜日を担当されていて、声のトーンやトークの軽快さなど、すごくラジオ向きなんです!

可能性は低いかもしれませんが、ゼロではないですし、赤江珠緒さんが抜けた喪失感を補えるポテンシャルは持っていると思います!

スポンサーリンク

赤江珠緒 高齢出産は大丈夫?

赤江珠緒さんは1975年1月9日生まれで現在42歳。

40歳超えでの高齢出産ということもあり、ネット上では応援の声が溢れています。

ラジオというメディアはリスナーとパーソナリティの距離が近いですし、赤江珠緒さんのキャラクターもあり、『たまむすび』リスナーはみんな赤江珠緒さん大好きですね!

[adsense]

まとめ

『たまむすび』を聞いている方は共感していただけると思いますが、赤江珠緒さんと妊娠のイメージって結びつきづらいので、今回のニュースは非常に驚きました!

赤江珠緒さんの『たまむすび』卒業は寂しいですが、妊娠というおめでたい理由なので毎日聞いているリスナーの方も祝福ムード一色ですね。

4月からの『たまむすび』や後任が気になるところではありますが、赤江珠緒さんの母子ともに健康な出産を祝うのみです!

赤江珠緒さん、おめでとうございます!

スポンサーリンク