村上春樹最新作『騎士団長殺し』文庫版の発売日はいつ?

『ノルウェイの森』や『IQ84』など数々のベストセラーを生み出されている作家・村上春樹さんの新作『騎士団長殺し』が発売されます!

海外でも知られているほど人気のある村上春樹さんだけに、新作の発売日がいつになるのか気になる所です。

こちらの記事では、村上春樹最新作『騎士団長殺し』文庫版の発売日はいつか、内容についての予想も紹介します!

スポンサーリンク

村上春樹最新作『騎士団長殺し』文庫版の発売日は?

村上春樹さんの7年ぶりとなる本格長編ということで、発売日を楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

『騎士団長殺し』のハードカバー版の発売日は、2017/2/24(金)となっています。

2部に分かれていて、第1部は『顕れるイデア』編で、第2部は『遷ろうメタファー』編となっています。

文庫版に関しては、まだ詳細が発表されていないので詳しいことが分かっていません。

文庫版の発売日の予想に移る前に、過去の村上春樹さんの代表作の文庫版となったタイミングについて紹介します。

村上春樹さんの代表作の文庫版発売のタイミング

『ノルウェイの森』

1987年9月(ハードカバー版発売)
↓3年7ヶ月
1991年4月(文庫版発売)

『ねじまき鳥クロニクル』

1994年4月(ハードカバー版発売)
※3部のみ1995年8月発売
↓3年5ヶ月
1997年9月

『海辺のカフカ』

2002年9月(ハードカバー版発売)
↓2年5ヶ月
2005年2月(文庫版発売)

過去の傾向を見ていると、大体2年半~3年半くらいの間隔で文庫版化されています。

一般的に文庫版となるタイミングが2年~3年と言われているようなので、ほぼ当てはまっているように思います。

これらの傾向から『騎士団長殺し』の文庫版となるタイミングは2020年2月頃となるのではないかと予想されます。

あくまで予想なのでこの通りとはならないこともありますが、ファンの方は両方手に入れたいと思う方も多いと思うので、文庫版が早く発売されて欲しいですね!

スポンサーリンク

『騎士団長殺し』の内容はどういった感じ?

村上春樹さんの作品はかなり人気があるということで、新作の内容がどんなものなのか気になっている方も多いと思います。

ですが村上春樹さんの作品は、発売前に作品に対する情報がほとんどでないということで、あらすじやどんな内容なのかも発表されていません。

ですので、推測や村上春樹さん本人が発した言葉から内容について考察していきます。

村上春樹さんが以前デンマークで講演された際、1人称に戻ることと名前がなくなるとおっしゃられていたようです。

他にも、『海辺のカフカ』よりも長く『IQ84』より短くなるともおっしゃられています。

タイトルにある騎士団という言葉が気になったので調べてみると、騎士修道会や、王や貴族が作った騎士の団体を表す言葉のようで、キリスト教と深く関連があるようです。

単に騎士団の団長のことを指すのか、キリスト教の騎士団のことを指すのかは定かではありませんが、後者の可能性の方が高いのかな?といったように思います。

タイトルからして、ミステリー要素が強い作品なのかな?といったことも感じ取れます。

どんな内容となっているのか気になりますね!

『騎士団長殺し』に対する村上春樹ファンの声

村上春樹さんの本格長編ということで、楽しみにされている方が大勢おられるようです。

では、『騎士団長殺し』に対する村上春樹さんのファンの方の声を紹介します!

村上春樹さんの作品は様々な知識が盛り込まれているので、今作はどうなるのか気になりますね!

タイトルなどから暴力的な感じとなるのではないかと予想されている方もおられるようですね。

タイトルが予想外だと思っておられる方がかなり多いようです。

確かにかなりインパクトのあるタイトルですよね。

インパクトのあるタイトルということもあり内容を予想しづらいですが、シリアスなストーリーとなっている可能性が高そうです。

村上春樹最新作『騎士団長殺し』文庫版の発売日はいつ?のまとめ

文庫版に関してはまだ情報がでていないため確かなことは分かりませんが、2年~3年くらいの間隔で文庫版が出るのではないかと思われます。

内容もまだほとんど分かっていませんが、タイトルからしてミステリー要素が強い作品となることが予想されます。

『騎士団長殺し』の発売日が待ち遠しくなってきますね!

スポンサーリンク