いぬやしき最新刊9巻発売日情報!8巻ネタバレと感想も

2017/1/23(月)に8巻が発売された、雑誌『イブニング』で連載中の漫画『いぬやしき』。

2017年10月から『ノイタミナ』枠にてアニメ化、さらに2018年には実写映画が公開されることが発表されており、今後の展開が楽しみな漫画の1つといえます。

今回は、いぬやしき最新刊9巻の発売予想日や、8巻収録話のネタバレ・ネット上の感想についてまとめてみました!

スポンサーリンク

いぬやしき最新刊9巻発売日予想!

いぬやしきの単行本は4~5か月おきに発売しています。

アニメ放送開始に合わせて、9月か10月に単行本が発売される可能性が高いと思われるため、最新刊9巻はそれを見越したタイミングで発売すると思われます。

単行本の発売間隔とアニメの放送開始時期、イブニングのコミックス発売日が毎月23日であることを考慮すると、最新刊9巻の発売は2017/5/23(火)である可能性が高いと思われます。

いぬやしき最新刊9巻発売予想日

2017/5/23(火)

スポンサーリンク

いぬやしき8巻収録話のネタバレ!

いぬやしき8巻収録話のストーリーのネタバレをまとめてみました!

いぬやしき8巻収録話

第62話 激闘

第63話 空中戦

第64話 決着!?

第65話 自動戦闘

第66話 破壊

第67話 救え

第68話 帰って来て

第69話 お父さん

人を助けようとする犬屋敷壱郎と人を殺めようとする獅子神皓。

身体を機械化されてしまったために『自分が生きていることを実感する』という同じ目的で行動しているにもかかわらず、全く正反対の行いをする2人が相見えてついに直接対決となります!

この巻の大半はこの2人の戦いの模様が描かれた話となっています。

2人の戦いは激戦となって両者とも自動操縦モードに突入し、最終的に犬屋敷が獅子神の体のパーツを一部破壊した時点で両者ともに活動停止することで終了しました。

獅子神は活動を停止したまま地面に落下、一方の犬屋敷は川に落下した後に活動を再開し、娘の麻理の救出に向かいます。

麻理は意識を失っていましたが犬屋敷の懸命の治療により何とか息を吹き返します。
そして麻理は自身の父が機械化し、人の命を助けていたという事実を知ることになります。

いぬやしき8巻のネット上の感想!

いぬやしき8巻のネット上の感想をまとめてみました!

主人公・犬屋敷壱郎ともう一人の主人公・獅子神皓が直接対決し、娘の麻理に犬屋敷の正体が明かされるという、『いぬやしき』のストーリー全体で見るとターニングポイントとなる巻と言えるため、非常に熱い展開に感動する意見が多く見られます。

東京上空における戦闘シーンでの都市部の作画を称賛する感想も見られました。

しかし8巻単体の内容を見ると犬屋敷と獅子神の戦闘で話の大半を費やしているため、内容自体は薄い印象があるようです。

従来からセリフが少ないためあっという間に読み終わってしまう、という声が多く見られがちな作品ではありますが、8巻は特に戦闘描写中心ということで、登場人物の心情などを読み取る必要性も薄いため、特にその声が顕著に見られます。

ただ派手なアクションシーンということで、アニメ化や実写化における8巻のシーンの描写への期待は大きいと思われます。

いぬやしき8巻電子書籍版をお得に読む!

[adsense]

いぬやしき最新刊9巻発売予想日や8巻のネタバレ・感想についてまとめ

アニメ化・実写化と大きい動きのあった漫画『いぬやしき』。

漫画の方も8巻は2人の主人公の直接対決があるなど、今後のストーリーに大きな動きがあると思われる巻となっています。

最新刊9巻以降のストーリー展開には要注目ですね。

以上、いぬやしき最新刊9巻発売予想日や8巻のネタバレ・ネット上の感想についてまとめてみました!

スポンサーリンク