高橋一生の弟のバンドはネバーヤングビーチ!名字が違う理由は?

現在大ブレイク中の俳優、高橋一生さんの弟が人気急上昇中のバンドのボーカルと2017.1/20放送のテレビ番組『A-Studio』内で公表したことが大きな話題となっています!

こちらの記事では高橋一生さんの弟である、安部勇磨さんがボーカルを務めるバンド「never young beach(ネバーヤングビーチ)」のプロフィールや名字が違う理由をまとめました!

スポンサーリンク

高橋一生の弟・安部勇磨がボーカルを務める「never young beach」はどんなバンド?

今回テレビ番組『A-Studio』内で高橋一生さんが弟であると公表した安部勇磨さんがボーカルを務めるバンド「never young beach(ネバーヤングビーチ)」ですが、番組を見た方でご存知だった人の方が少なかったのではないでしょうか?

私はそれなりに音楽に興味を持っていますが、2016年途中まで知りませんでした…(最近あまり音楽を聴いていないということもあるのですが)

2016年途中に20代中盤のカルチャーに詳しい有人に「最近人気あるバンドって誰なの?」と聞いたところ出てきたバンドの名前がこのnever young beach(通称:ネバヤン)でした。

あとはYogee New WavesやD.A.Nといった名前も挙げていましたが、Apple Musicでnever young beach(通称:ネバヤン)をチェックすると関連アーティストにしっかりこの2バンドも出てきました。

そんなネバーヤングビーチのMVはこちらになります。


はっぴいえんどやシブヤ系などの系譜を辿ったシティポップの2017年最新形態といった雰囲気ですね!

ゆるく乗れる感じが10代後半〜30代のナチュラル系女子に受けそうですね。

2014年あたりからceroを筆頭にシティポップのバンドがジワジワと人気を集めはじめましたが、2016年に本格化、2017年はネバヤンを筆頭にブレイクしそうですね!

音楽ファンからしたら「ネバヤン、高橋一生の弟とか関係なく人気あったし」という感じだとは思いますが、大きくブレイクするにはテレビの影響はまだまだ必要なので、今回の『A-Studio』での高橋一生さんの弟が安部勇磨さんという公表はすごく大きな意味があると私は感じています。

スポンサーリンク

高橋一生と安部勇磨、兄弟なのになぜ名字が違う?

今回のネバーヤングビーチボーカル・安部勇磨さんが高橋一生さんの弟というニュースを見た時に最初に思ったのは「なんで苗字違うんだろう?」でした。

ということで、下世話ながらその理由を調べてみました。

まず高橋一生さんとネバヤン安部勇磨さんの年齢差ですが、高橋一生さんは1980年12月生まれ、安部勇磨さんは1990年9月生まれとその差は約10歳。

結構な年の差ですね…!

今回の一連の報道で高橋一生さんが5人兄弟であることが判明しましたが(安部勇磨さんは以前から公表)、長男が高橋一生さんで三男がネバーヤングビーチボーカルの安部勇磨さんのようです。

さらに以下のツイートの画像(安部勇磨さんのインタビュー記事)を見るとその関係性が明確になってきます。

ちなみにこちらの記事は2016年2月に発売されたクイック・ジャパンに掲載されています。

インタビューのごく一部を読むだけで壮絶な雰囲気を感じますが、高橋一生さんと安部勇磨さんは異父兄弟ということのようですね。

ネット上では顔が似てないと話題になっていますが、その理由もこれでハッキリしましたね!

調べたところ、高橋一生さん・安部勇磨さんともに本名のようなので、2人の名字違う理由は高橋一生さんのお父さんが「高橋」姓、安部勇磨さんのお父さんが「安部」姓だったということでしょう。

高橋一生さんと安部勇磨さんがご兄弟という情報を知った上でnever young beach(通称:ネバヤン)の曲を聴くと確かに声の低い部分のなんとも言えない色っぽさは共通するものがあるなぁと感じたのですが、それはお母さんの遺伝子によるものかもしれませんね。

[adsense]

まとめ

2016年2月発売のクイック・ジャパンでの安部勇磨さんインタビュー記事によれば、5人兄弟の四男と五男はまだ学生とのことなので、今後芸能活動を行う可能性もあるかもしれませんが今のところ情報はありませんでした。

もし何かしらの芸能活動を行うとしても、高橋一生さんとも安部勇磨さんとも違うお父さんの子で「高橋」でも「安部」でもない苗字だと思われるので、特定は困難でしょうね。

ただ、お2人とも声の低音部分の響きが特徴的かつ素敵なので、低音ボイスが魅力的な俳優やミュージシャンが出てきたら、ひょっとしたら…

スポンサーリンク