キングダム46巻発売日はいつ?最新刊45巻ネタバレと表紙も

【2017.04/20追記】
キングダム最新刊47巻の情報は以下の記事にまとめました。

是非ご覧ください!

キングダム最新刊47巻の発売日情報!46巻ネタバレと感想も

週刊ヤングジャンプによる連載が2016/12/28発売号でついに連載500話に到達した『キングダム』ですが、2017/1/19(木)には単行本の45巻が発売されます!

連載の方も順調に続いているので、先の46巻発売も非常に楽しみです。

今回はキングダム46巻の発売日予想や、最新刊45巻に収録予想話のネタバレ、その45巻の表紙に登場するキャラの予想についてまとめてみました!

スポンサーリンク

キングダム46巻発売日予想!

キングダム45巻もこれまでと同様に前の巻発売から3か月後に発売されましたので、46巻も45巻発売から3か月後の2017/4/19(水)発売が濃厚と思われます。

キングダム46巻発売予想日

2017/4/19(水)

キングダム 電子書籍版をお得に購入!

スポンサーリンク

キングダム45巻表紙決定!

キングダム45巻の表紙が決定しました!

※以下、表紙発表前に書いた予想となります。

キングダム45巻の表紙に登場するキャラを予想してみます!

キングダムの単行本の表紙は、その巻で活躍する人物が描かれていることがほとんどです。
45巻は前半が黒羊の丘の戦い編、後半が外交編となり、活躍するキャラが分かれていますが、黒羊の丘の戦い編に登場する人物は既に41巻~44巻の表紙でおおむね登場しているので、外交編の人物が中心に描かれる可能性が高いと思われます。

そうすると外交編の中心である政が表紙のメインになると思われます。
政以外では大王会談のもう一角となる斉王・王建王も表紙に登場する可能性が高いです。
その他、斉王との会談を取りまとめた末に息を引き取った蔡沢、その会談に乗じて秦国に乗り込んできた李牧、といった辺りが表紙キャラの候補になると思われます。

キングダム45巻収録話予想とそのネタバレ!

キングダム45巻に収録されると予想される話の一覧と、その話のネタバレをまとめました!

キングダム45巻収録予想話

第482話 離眼と趙国

第483話 勝敗の夜ふけ

第484話 それぞれの出発

第485話 蒙恬の報せ

第486話 文官達の戦い

第487話 東西大王会談

第488話 秦王の絵図

第489話 蔡沢の矜持

第490話 宿命の舌戦

第491話 秦の障壁

第492話 成長への募兵

45巻の前半では41巻から始まった黒羊の丘の戦いの結末が描かれています。

桓騎軍が離眼城へ進軍している報を受けた趙国軍総大将・紀彗は、苦悩の末、黒羊の丘を放棄して自身の軍を率いて桓騎軍の追撃に向かう選択をします。
それによって黒羊の丘の趙国の戦力は半減、その状態で秦国の総攻撃を受けることとなり、撤退を余儀なくされます。
桓騎軍は紀彗軍を十分引き付けた後、まともに戦わず散開、そのまま占領が完了した黒羊の丘へ戻り、労せずして登頂することができました。
全ては桓騎の読み通りに。

この結果、黒羊の丘での戦いにおいて秦国は趙国が途中まで築き上げていた黒羊の丘の砦の横取りに成功した上、戦死者も最低限で済むという圧勝に終わりました。
一般人の虐殺という、信にとっては『最低のやり方』であるものの、秦国にとっては『最低限の労力で最上の勝利を得た』という結果を見せつけられます。
信は大将軍となり桓騎に並び立つことでこの戦い方を否定できるよう、次の戦いに向けて新たな決意を固めます。

一方で大敗を喫した趙国側も収穫を得ており、この戦いで偵察に徹していた趙国宰相・李牧が『桓騎の弱点』を見つけたと語ります…

45巻の後半では国家間の外交が描かれています。

突如として東の斉国の王・王建王と李牧の2人が秦国の首都・咸陽へ来訪してきました。
これには秦国の老文官・蔡沢が王建王と秦王・政の会談の開催を独断で手引きしたことによって起こったものです。
その際、斉国と秦国の間にある趙国を通行する必要があるため交渉、趙国側はそれを認める代わりに李牧にも政への謁見を許可することを要求、蔡沢がその要求を了承したことでこの2人の来訪が成立しました。

こうして秦国で始まった2つの外交会談。
まずは蔡沢の目的であった王建王と政の会談です。
斉国は函谷関の合従軍には参加しなかったものの、それは合従軍が勝利してもその後の世が酷いものになると予想したためであり、政の唱える『六国制覇』に『理』がなければ今度こそ合従軍に参加し秦国を滅ぼさざるを得ない、とします。
政はその『理』として、『人』による支配ではなく『法』によって支配する国家、『法治国家』の建国こそが六国制覇の目的と語ります。
王建王はその構想に感服し、斉国と秦国の間で事実上の同盟が結ばれました。
蔡沢は文官としての最後の大仕事を終えたことに満足し、眠るように息を引き取りました。

つづいて謁見した趙国の李牧は政の六国制覇を真っ向から否定、『七国同盟』による平和の構想を打ち立てます。
政も六国制覇の構想を引く気はなくその構想を否定、この謁見は事実上秦国と趙国の開戦という形となりました。
両国とも新たな戦に向けた準備が始まろうとしています…

[adsense]

キングダム46巻発売予想日や45巻のネタバレ・表紙登場キャラの予想についてのまとめ

45巻で長く続いた黒羊の丘の戦いも終わり、話の舞台は外交の方へと移りました。

戦いが舞台となる間は中々活躍の機会がない政ですが、この巻では王建王を感服させ、李牧に一歩も引かない舌戦を繰り広げて活躍しており、表紙になる可能性も高いことから政ファンの方にとっては待望の1巻となりそうです。

一方信はこの巻では見せ場があまりなく一息といったところですが、46巻からは新たな戦いが始まると思われるので、単行本の発売が待ち遠しくなりますね。

以上、キングダム46巻発売予想日や45巻のネタバレ、表紙のキャラ予想についてまとめてみました!

キングダム 電子書籍版をお得に購入!

スポンサーリンク