曜変天目茶碗の値段と価値は?どこで見られる?鑑定価格結果も

曜変天目茶碗という国宝の茶碗をご存知ですか?

世界に3つしか無いと言われてきた、国宝にも指定されている茶碗が2016年12月20日放送のテレビ東京系テレビ番組『開運!なんでも鑑定団』で4つ目の曜変天目茶碗が登場します!

こちらの記事では曜変天目茶碗の値段(価格)や価値を調べていきます!

スポンサーリンク

曜変天目茶碗とは?

曜変天目茶碗は中国から日本に伝わったとされる焼き物(雑記)で、伝来は室町時代と言われています。

今回、なんでも鑑定団で紹介される世界4つ目となる『曜変天目茶碗』ですが、本来は『天目茶碗』と呼ばれる茶碗です。

頭についている『曜変』とは、天目茶碗内側の黒い釉薬が窯で焼かれる際に偶然化学変化を起こし、宇宙のような模様を産み出したものを指しています。

どんなに腕のある作家でも作り出すことの出来ない偶然の産物、またその圧倒的な美しさから、時の権力者が所蔵したとも言い伝えられており、織田信長も所蔵したとか…!(本能寺の変で消失したとされているそうです。)

ちなみに世界で3点と言われている(今回の発見で4点目)曜変天目茶碗は全て日本にあります。

偶然が産み出す芸術品ゆえ、曜変天目茶碗の作者は不明とされていますが、「器の中に宇宙が見える」とも評されるその圧倒的な美しさは時代を問わず、神々しいまでの魅力放ち、一度見たら忘れられない「国宝」にふさわしい茶碗です。

曜変天目茶碗の画像の転載は控えますが、こちら(Google画像検索)からご覧いただけます。

スポンサーリンク

曜変天目茶碗の値段(価格)と価値は?

今回『開運!なんでも鑑定団』で紹介される世界4点目となる曜変天目茶碗の値段(価格)や価値が気になるところ…!

詳しい値段については番組放送終了後に更新しますが、一部ネットニュースでは、番組プロデューサーがマリリン・モンロー着用のイエローダイヤモンド1億5千万円よりも「今回はさらにすごい!」と話しているとの速報記事も上がっていることから、世界4点目の曜変天目茶碗の値段はそれ以上になるのは確実でしょう。

ネット上では「値段が付けられないのでは?」という意見も多いですが、番組なので、一応金額は付けると私は予想しています。

「いい仕事してますねぇ」でおなじみの鑑定士・中島誠之助さんは番組22年の歴史の中でも最大の発見と話しているようですが、番組ホームページによると2005年9月27日の放送で紹介された「柿右衛門様式の壺」が5億円という値段を付け、歴代最高額となっています。

中島誠之助さんのコメントからすると、これ以上の金額でもおかしくないと思うのですが、そうしたら番宣も兼ねているネットニュースでは「番組歴代最高鑑定価格を更新!」などと煽る気もするんですよね。

となると、今回紹介される曜変天目茶碗は5億円以下なのではないかと予想しています!

【追記】曜変天目茶碗の価格判明!

『開運!なんでも鑑定団』に登場した、曜変天目茶碗の価格は2,500万円でした。

放送を見ていて、正直「えっ?こんな安いの?」と思ってしまいました。

私は2,500万円の茶碗なんて買えませんが、コレクターの方だったらすぐにでも欲しい金額なのではないでしょうか?

実際にオークションなどに出ればこの価格では落札出来ないのでしょうが、前フリの割には安かったなぁと金銭感覚の鈍った感想を持ってしまいました。

みなさんはどう思いましたか?

番組に登場した世界4つ目の曜変天目茶碗のその後は?

これまでに発見されていた3点の曜変天目茶碗は全て日本にあると冒頭でお伝えしましたが、所蔵している機関は以下のとおりです。

静嘉堂文庫(東京都世田谷区岡本)
藤田美術館(大阪市都島区網島町)
大徳寺龍光院(京都府京都市北区紫野)

[adsense]

話題になっている曜変天目茶碗を是非生で見てみたいと思った方も多いのではないでしょうか?

調べて見たところ、大徳寺龍光院は一般公開は原則一切無しなので、大規模な国宝展などに大徳寺龍光院所蔵の曜変天目茶碗が出展されな限りは見ることが出来ませんが、静嘉堂文庫と藤田美術館に関してはタイミングさえ合えば曜変天目茶碗を見ることが出来ます!

4つめとなる曜変天目茶碗の発見で大きな話題となっていますし、年末年始の特別展示などがあれば、曜変天目茶碗を生で見るチャンスはありそうです!

『開運!なんでも鑑定団』で紹介された世界4点目となる曜変天目茶碗のその後については番組内では紹介されませんでしたが、依頼人の方は当初100万円と予想しており、その価値にびっくりしていましたので、美術館などに寄贈されそう(番組スタッフや鑑定人の方々が勧めていそう)な雰囲気を感じました。

スポンサーリンク