『TOO YOUNG TO DIE! 』ネタバレ!感想と評価も

映画『TOO YOUNG TO DIE!』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました!

以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは映画『TOO YOUNG TO DIE!』作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』作品情報

公開

2016年(日本)

監督

宮藤官九郎

キャスト

長瀬智也(キラーK)、神木隆之介(関大助)、尾野真千子(亀井なおみ)森川葵(手塚ひろ美)、桐谷健太(COZY)、清野菜名(邪子)、古田新太(えんま校長)

スポンサーリンク

映画『トゥーヤングトゥーダイ! 若くして死ぬ』あらすじとネタバレ

目覚めれば地獄

高校生の大助は、修学旅行のバスで憧れの女子・ひろ美の隣の席をゲットし大喜びします。しかしその幸せも束の間、バスが崖下へ転落。大助は意識を失いました。

意識が戻った大助は驚きます。目の前に広がる、おどろおどろしい阿鼻叫喚の世界。バスの事故で命を失った大助は、どうやら地獄に来てしまったようです。

「地獄へようこそ!」と大助を迎えたのは、地獄専属ロックバンド・ヘルズ(地獄図)の赤鬼・キラーK。大助は、キラーKに見覚えがありました。彼は、大助がバンド練習に通っていた「スタジオパンダ」の物静かなアルバイト青年、近藤だったのです。

チューすらしたことないのに地獄かよと嘆く大助。でも彼にはチャンスがありました。地獄のえんま校長に認められれば、転生が許されるのです。転生できるのは7回まで。さらにエリートになれば、地獄から天国に昇格できるのです。

キラーKによると、バス事故の生存者はたった一人とのこと。それがひろ美に違いないと思った大助は、現世に戻るため、自作の歌でえんま校長に猛アピール。あまりの下手さにあきれ返ったえんま校長は、速攻で大助を畜生道へと墜とします。

大助はインコに転生しました。飛んで帰った自宅で自分の携帯を見つけ、なんとかひろ美に「大好きです」とメールしますが、母親に見つかり鳥かごに拉致されます。

ピーちゃんと呼ばれ家族と7年間幸せに暮らした大助。寿命が尽きて地獄へ戻ると、現世の10年は地獄で1週間とのこと。キラーKは、優勝者だけが天国へ行けるという地獄のバンド対決に、ドラムのCOZYやベースの邪子と共に出演すると言います。

大助は次の転生を目指し、地獄の労働に汗を流して頑張るものの、今度はザリガニに転生。覗いたスタジオパンダで、近藤の恋人・なおみを目撃します。その後、道路を渡っていた大助は、前から来たおばあちゃんに踏まれて成仏。地獄へ逆戻りします。

大助になおみのことを聞いたキラーKは、身の上話を始めます。昔、近藤だったキラーKは、なおみと一緒に暮らしていました。しかし働かない近藤になおみは別れを告げ、その後、近藤は踏切の電車事故によって命を落としていたのです。なおみが近藤の子どもを身ごもっていたことを、彼はまだ知りませんでした。

地獄の猛特訓

次に大助が転生したのはアシカでした。水族館のショ―に出演していると、そこに偶然、三十代になったひろ美がやって来ます。興奮のあまりプールからジャンプ、ひろ美めがけて突っ込んだ大助は客席に激突。そのまま地獄へ直行しました。

地獄へ戻ると、同じバスに乗っていた松浦がいました。中年になって地獄へ来た彼は、事故の生存者が自分を含む6人で、ひろ美もその一人だと話します。ひろ美のことがあきらめ切れない大助は、地獄にいる間にギターを猛練習しようと決心します。

ヘルズのバンド対決の相手は、大助が地獄で再会したもう一人の同級生・じゅんこのいる、聖ハードコア女学院の実力派ガールズバンド「デビルハラスメント」でした。

次の転生で犬になった大助は、かつてひろ美がフルートの練習をしていたベンチに、ひろ美とその娘の姿を見つけます。ひろ美は、昔、好きだった男の子がバス事故で亡くなったこと、その直後にその子からメールがきたことを娘に語っているのでした。

大助はその場を走り去り、今は焼肉屋になったスタジオパンダを訪れてみると、店が大火事です。なおみと息子を助けるために火の中に飛び込んだ大助ですが、彼らを救助することができないまま気を失ってしまい、目覚めるとやはりそこは地獄でした。

なおみと息子が天国に行ったことを知ったキラーKは、7回の転生を終了した自分の代わりに、大助、COZY、邪子を天国に送るため、バンドを特訓します。その間も転生でかまきりになった大助は、同じくかまきりになったじゅんこに追い回されます。

地獄へ戻った大助は、“地獄のギターコードH”を猛特訓。バンド対決では、じゅんこ率いるガールズロッカー達と激しすぎる超絶技巧バトルを展開します。しかし実力は互角。面倒になったえんま校長は、大助以外を動物の姿に変えてしまいました。

天国のうた

天国行きを許された大助は、キラーKがなおみに聞かせることができなかった自作の歌を、自分が代わりに彼らに届けると約束します。天道を抜けると、そこは真っ白な広い広い空間。人々が眠るベッドが並び、大助の同級生たちの顔もありました。

大助は、なおみと息子の姿を見つけます。白い静寂の中、大助の歌声だけが響きます。なおみは何も言わずに聞き続け、微笑んで拍手を返します。無事にやり遂げた大助は、自分のベッドについている地獄行きボタンを満足気に押しました。

なんで戻ってきたんだと驚くキラーK達。天国は、大助にとって退屈すぎる場所でした。えんま校長は、最後にもう一度だけチャンスをやろうと言い、再び大助をインコの姿で現世に送ります。思い出のベンチまで飛んでいくと、そこには腰をかけてフルートを奏でる一人の老婦人。それはひろ美でした。

ひろ美の肩にとまる大助。いつの間にか、ひろ美も大助も高校生の姿で並んで座っています。「私も好きだったよ」とひろ美が言い、二人はキスをします。大助はインコの姿に戻り、空へと高く飛び立ちました。

『トゥーヤングトゥーダイ! 若くして死ぬ』の感想と評価

地獄といえばヘビメタという、イメージまんまで突っ走った挙句にハイパー化を遂げた奈落の底。そこに生きるのは「カッコよすぎて地獄に堕ちた」と歌う、ツノを生やしたロックの鬼達。めくるめく2時間越えのクドカンワールドに浸りました。

主人公・大助の、転生に対する恐ろしいまでの執念。その理由たるや、とにかく片思いの女子とキスしたいだけというリビドー全開です。それが神木隆之介だと、十代のギラつき感もマイルド化され、必死さもひたむきさに変換されるから不思議です。

恋にまっしぐらの大助も、キラーKの人生を知ることで、彼のために自分の転生を使いたいという気持ちになっていきます。大助にそう思わせたキラーKもしくは近藤。クドカンと名コンビの長瀬智也が演じる、彼のキャラクターが非常に魅力的です。

不器用ゆえの弱さと甘えが災いして恋人が去っていき、優しさとドンくささのせいで「なんじゃそりゃ?」的に命を落としてしまう。誰でも生きていれば避けて通れない、恥ずかしさや情けなさを胸いっぱいに抱えている男。切ないです。

女性陣もインパクト大でした。背筋がすっと伸びるような、涼やかで昭和的な佇まいの宮沢りえ。一見、不気味にも見えるオタク系女子ながら、愛する男性を全身で受け止めようとしていた強い女性の尾野真千子など、個性派の演技が活き活きしています。

[adsense]

まとめ

『少年メリケンサック』(2009)や 『中学生円山』(2013)などに続く、宮藤官九郎の映画監督作4本目の作品です。

ロック好きなら、次々と飛んでくる小ネタの数々を見逃すことはないでしょう。ドラム担当がCOZY、という時点ですでに涙が出ましたが、オジー・オズボーンとジーン・シモンズが地獄のエリートとか、カート・コバーンやランディ・ローズの腕を売る「鬼野楽器」とか、ジミヘンは左ききのオチとか、ツノがはえて鬼化した大助がAC/DC風とか、いちいち純度の高いロックギャグが満載。Char と野村義男のギター対決も贅沢な面白さです。

現世ではあっという間に過ぎる10年が、地獄にいればたったの1週間。人間、年をとればとるほど時間が過ぎるのは早いと言いますし、そういう意味では「地獄でロック」もまた、正しい青春のあり方ではないでしょうか。こんな地獄なら行って正解!かもです。

スポンサーリンク