『ワタシが私を見つけるまで』ネタバレ!感想と評価も

映画『ワタシが私を見つけるまで』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました!

以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは映画『ワタシが私を見つけるまで』作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

映画『ワタシが私を見つけるまで』作品情報

公開

2016年(アメリカ)

原題

How to Be Single

監督

クリスティアン・ディッター

キャスト

ダコタ・ジョンソン(アリス)、レベル・ウィルソン(ロビン)、デイモン・ウェイアンズ・Jr(ディヴィッド)、アンダーズ・ホーム(トム)、アリソン・ブリー(ルーシー)、ニコラス・ブラウン(ジョッシュ)

スポンサーリンク

映画『ワタシが私を見つけるまで』あらすじとネタバレ

シングル恐怖症?

人生、彼氏が途切れた事がないというアリスは、一度自分を見つめ直してみようと決心。追いすがる恋人ジョッシュを残し、姉のメグが住むニューヨークへ向かいます。

就職した法律事務所の同僚ロビンは、シングルライフを謳歌する女性。パーティ三昧はもちろんのこと、シリアスな恋愛とは無縁の自由すぎる毎日を楽しんでいます。

二人の行きつけのカフェの上に住むルーシーは、結婚願望のかたまり。デートサイトで夫候補を探すのが日課で、その様子をカフェの店主トムがあきれ顔で見ています。

ある夜、アリスはトムの店で酔いつぶれ、気づけばトムの部屋のベッドの上に。遊び人のトムは、男の本質をアリスに講義してやり、二人は友人関係になりました。

ジョッシュが恋しくなるアリスですが、新しい彼女ができたと別れを告げられます。トムの方は、自分に全く興味のないルーシーのことがなぜか気になり始めます。

結婚に興味はないが子どもだけほしいという産婦人科医のメグは、精子バンクに登録。アリスの職場のパーティーで年下のケンと出会い、衝動的に一夜を過ごします。

アリスの方も、出会いを求める交流イベントに参加。そこでデヴィッドと出会い心惹かれますが、娘がいると聞いたアリスは既婚者と判断し、すごすごと退散します。

メグは、ケンに人工授精で妊娠したと告白。ケンは驚きますが父親になりたいと言い、その反応に喜びを隠せないメグですが、所詮うまくいくはずがないと拒絶。

夫探しで撃沈続きのルーシーは、読み聞かせの会でジョージと出会います。一方アリスは、ジョッシュのクリスマスパーティで新しい彼女を紹介されて落ち込みます。

アリスは偶然、街中でデヴィッドと再会。彼は独身でした。彼の所有するビルからロックフェラーセンターの巨大ツリーを眺めたアリスは、たちまち恋に落ちます。

交際3カ月後、デヴィッドの小さな娘と仲良くなったアリス。しかしデヴィッドは、自分の妻が亡くなっていること、そして娘にそれを教えていないことを打ち明けます。まだ気持ちの整理がつかないデヴィッドは、アリスに別れてくれと言います。

またもやどん底のアリスは、トムの部屋でお酒を飲みながら愚痴ります。トムもルーシーに相手にされず落ち込んでおり、二人はまたもや一夜を過ごしてしまいます。

本当のしあわせって?

ロビンは、アリスの誕生日パーティにトム、ジョッシュ、デヴィッドの三人を招待します。驚いて3人から隠れ回るアリス。デヴィッドはアリスに心を残しながら、この前は悪かったとだけ言い残しパーティ会場から去ります。

ルーシーは、ジョージとの結婚が決まったとトムに報告。トムは自分の想いを告白しますが、ルーシーにジョークで切り返され茫然。見事にふられてしまうのでした。

3人を呼んだのがロビンと知り、アリスは激怒。しかしロビンは「あんたが私といるのは、男にふられて励まされたいと思っている時だけ」と言い、離れていきます。

悲しい気持ちのアリスにジョッシュが近づき、二人はキスをします。しかしジョッシュが今の彼女と別れる気はないと知り、アリスは今度こそ想いを断ち切ります。

道端で陣痛が起きたメグは、無事に病院で女の子を出産。駆けつけたケンの優しさに「私は自立した女だけど独りはいや」と言い、ケンの愛を受け入れます。

ロビンに謝罪するため、アリスは初めて彼女の家を訪ねますが、住んでいたのは豪華マンション。驚くアリスにロビンは「私、超リッチなの」とあっさり。「愛してる。親友だから」と二人は仲直りのハグをします。

アリスは一人で、念願だったグランドキャニオンへの旅を叶え、シングルでいることに初めて誇りを感じていました。「自分の足で立つ瞬間、真のシングルになれる」。

『ワタシが私を見つけるまで』の感想と評価

男のいない私はこのまま一生独りだわ!と嘆き悲しむアリス。そんな妹に姉のメグは、「『セックス・アンド・ザ・シティ』や『ブリジット・ジョーンズの日記』なんか見てるからそんなふうに考えるのよ」と苦言を呈します。

そう言うメグでさえ、仕事&子育てに邁進するシングルマザーを目指していたはずが、イクメン志望の従順な年下男にほだされハッピーエンド。

今どき女子のお話かと思って見ていましたが、時代は変わろうが女の幸せはやっぱり一人より二人なのよと、ダメ出しされた気分です。

いろいろ経験したし(といってもほぼ男性関係)、ちょっとオトナになった自分はシングルを今度こそ楽しんでみせる!と思っている(かのように見える)、アリスの笑顔で締めるエンディング。

あくまで「結婚」をゴールに見据え、最新ツールで合理的に結果を出したルーシーの方が、逆にこれからの時代の女性なのかもしれません。

[adsense]

まとめ

『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011)の天然キャラで注目を浴びたレべル・ウィルソンと、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2015)で調教される女子大生を演じたダコタ・ジョンソンが共演。

見どころはやはり、レベル・ウィルソン嬢。彼女が演じるロビンは、「家は着替えとお風呂に入る場所」と言い切るパーティ・ピーポー。ほとんどアリスの生活をかき乱すだけのキャラとはいえ、つねに冷めた表情でお下劣ネタを連投。破壊力大です。

目を見張るのは、季節うつろうニューヨークの美しさです。街並み、夜景、クリスマス・ツリー。そして、女の子らしいアリスの部屋、ゴージャスなのに遊び心いっぱいのロビンの部屋、トムがコーヒーを入れるカフェなど、見ていてわくわくしますよ。

スポンサーリンク