ドラマ『下剋上受験』原作は嘘?結末ネタバレとその後も

TBS系列にて2017年1月より金曜22:00の枠で『下剋上受験』というドラマが放送されます!

中卒の父親と偏差値41の娘が、塾にも通わず最難関中学の受験に挑むという実話を元にしたドラマということでも話題を呼んでいます。

この記事では、ドラマ『下剋上受験』原作は嘘?結末ネタバレとその後もまとめてみました!

スポンサーリンク

『下剋上受験』原作は嘘?

偏差値41の女の子が最難関中学を受験するまでの物語を描いた『下剋上受験』は、過去にも似たような実話を元にした小説がヒットし、映画化までされるほど話題を呼んでいたこともあり、注目を集めています。

ではまず、簡単なあらすじを紹介します!

あらすじ

阿部サダオさん演じる桜井信一は、勉強もせず中卒で働き出し、今では中卒の妻・深田恭子さん演じる香夏子と、1人娘の佳織と貧乏ながらも家族3人で幸せな生活を送っていました。

ある日、佳織が受けた全国テストの最悪な結果を見て、「娘まで中卒か?」という不安が襲い、信一は娘に苦労させないためにも中学受験をさせることを決意します。

塾にも通わず、中卒である信一が勉強を教えるという無謀とも思える、500日間の親子の挑戦を描いた物語です。

原作は嘘?

『下剋上受験』の原作は産経新聞出版から刊行されていて、かなりの反響を呼んでいますが、親子の深い絆を描いた物語が本当の話なのかというところが疑問になってきますよね。

『下剋上受験』の話が嘘ではないか?といった話もちらほら出てはいますが、どうやら真実のようです。

出版元に資料を提出し事実確認を取っているそうで、『下剋上受験』の話は実話ということになりますね。

また、原作を読んだ方の感想を見ていると、子供がつまずいてしまうポイントや、受験当日の心理描写などがとてもリアルだという意見が多かったです。

リアルな描写は実際経験しないとできないことだと思うので、原作が真実であることを物語っていると言えそうですね。

かなり細かく本にまとめられているようなので、嘘だとそこまでは書けないのではないのかなといった印象も受けました。

中卒の父が最難関中学を受ける娘に勉強を教えるという無謀とも思える話なので、嘘なのでは?と疑う方もおられるようです。

同じく受験を控えている親子にとっても励みとなる内容となっているので、ドラマで放送される日が楽しみですね!

ただただ感動ものというだけでなく、改めて勉強の大切さというものを分からせてくれるドラマとなりそうですね!

スポンサーリンク

『下剋上受験』結末ネタバレは?

最難関中学を目指し奮闘する物語ということで、受験の結果がどうなったのか気がかりとなってきます。

ということで、結末ネタバレをまとめてみました!

結末ネタバレ

信一が軽いうつ病にかかってしまったり、水道・電気が止められてしまうほど金欠となってしまったり、様々な困難を乗り越えて桜陰中学校の受験日となります。

信一は自らの判断ミスに気付き塾に行かせなかったことを後悔しますが、娘・佳織は「結構楽しかった」と言います。

受験結果は不合格となってしまいますが、桜陰中学校に次ぐ難関私立中学校には合格したのです。

佳織は、「お金持ちになれなくてもいいから桜陰に行きたかった。桜陰じゃなきゃこんなにがんばれなかった」と話します。

信一は「変に期待させた父さんは間違ってたのかな」と謝罪しますが、佳織は「大丈夫、相手との距離感をつかんだ以上、これは間違いなく辿り着くよ」と答えます。

結末ネタバレは以上となります。

桜陰中学校には合格できなかったようですが、難関中学には無事合格し、また次の目標に向かって進んでいくようですね。

子供の受験のために頑張っている親御さんは多いと思いますが、自分も娘と同じように受験勉強をし、娘と共に困難を乗り越えたことは素晴らしいなと思います。

様々な苦労を乗り越えたからこそ、ここまでこられたのだなと思うと本当に凄いなと感じました!

体調が崩れてしまうほど娘の受験にとことん向き合ったというのは本当に凄いことですよね!

『下剋上受験』のその後は?

桜陰中学校には合格できなかったものの、別の難関中学校に合格できたということで、その後がどうなったか気になる所です。

では、『下剋上受験』のその後を紹介します!

その後は?

偏差値70前後の有名私立中学校に合格した佳織は、友達と一緒に高校受験に向けて勉強に励んでいました。

受験に反対していた信一の両親や妻も、佳織が難関中学に合格したことがとても嬉しい様子です。

信一が交流を絶っていた友達にはとても驚かれたようで、友達の知人から家庭教師を依頼されたようです。

高校受験に向けてテキストで1人勉強していましたが、信一は自らの失敗を反省し、中学3年生になったら佳織を塾に通わせようと考えます。

ここまでが、『下剋上受験』のその後の話となります。

佳織は新しい環境で、今度は高校受験に向かって奮闘しているようですね。

500日間と言う長い期間、全てを受験に費やしてきたことを糧に、高校受験では夢を叶えて欲しいなと思います。

[adsense]

ドラマ『下剋上受験』原作は嘘?結末ネタバレとその後ものまとめ

2017年1月からスタートする『下剋上受験』というドラマは、親子の奇跡の実話が元となっているようですね。

偏差値41の女の子が中卒の父親に勉強を教えてもらいながら、最難関中学を受験するという話だけに、嘘ではないか?といった疑問もあるようですが、『下剋上受験』は真実のようです。

原作と違う所も出て来るとは思いますが、ドラマではどのようになっているのか今からとても楽しみですね!

スポンサーリンク